どんぶり勘定の50代主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

腰が痛いから買ったマッサージ器を使った

初めて使った。

でも、今だに足が痛い。
腰じゃないのか、いや、右足がしびれたようになっている。

今日はロッカーで、この前病欠した人と会った。
代わりに自分が経験もないのに入ったところね

本当に体調が最悪だったそうで
やむなく休んだことと、入ってくれてありがとうとお礼を言われ
いえいえ、足でまといになったと思いますなどと答えていたら

大変だったでしょ、しんどい仕事でしょ

と顔を覗き込まれ

体力的には10分の一位だった体感だったものだから
(素人だから、何をしたらいいのか分からないから
動けなかったのもあるのかもしれないけど)

いーえ、
どこどこの方ががずっときついし、重労働よ

と言ったら、不本意な顔をされた。


こういう時は、本当のことを言わず、
相手のに同調してみせるべきだったか


と、こんな会話をしたあと
仕事に向かうと、今日は大忙しだったことが
入っただけで分かった。

仕事がたくさん残っていて
その処理だけで今日の仕事は終わったのだが
しょっぱなから重いものをグイっと持つ作業があって
やばいなと一瞬思ったら、案の定 右足がピリピリしてきたってわけ


うーん、椎間板ヘルニアだけは避けたいね

スポンサーサイト

PageTop

7/15 ごはん(インスタントのガパオライス)

ガパオライス(鶏肉、ピーマン、パプリカ)、カモ鍋つゆで小鍋(白菜エノキ豆腐など)
昨日の残りのマロニーのマリネ
お昼の残りの天ぷら(ナス、シメジ、ジャガイモ インゲン)とそうめん
人参スープ(久々にミキサーを出した)
ビール


CIMG2342.jpg



ゆったりと急がないで作るご飯っていいわ


使った素は、S&Bのこれ

CIMG2341.jpg


なかなかピリッとしてておいしかったです

PageTop

とうとうこの市販の薬に手を出した


何度も繰り返す膀胱炎

最後にもらったお守り代わりの抗生剤も飲んでしまった。


なんとなく不快で、さあ、病院に再び行くべきか

いや、まだ大丈夫か?


そんな時、何度も繰り返されているCMが、目に飛び込んできた。


いつも見ているのに、急に意識した。


買いました。

CIMG2340.jpg


漢方なんだね

漢方の裏の注意書きには、たいてい間質性肺炎に注意とか

ドキドキすることが書いてあるけどね

とりあえずそれはレアケースだと信じて一回目を飲んだ。


うーん、痛いんじゃないんだよね、症状は

じくじくとした感じ?

さあ、これもお守り代わりになるのか




PageTop

7/13 7/14 ごはん

7/13
鉄板焼き 
昨日の大根と葱とハムの中華風酢の物の残り、冷凍オクラと塩昆布の和え物
ビール、ごはん


CIMG2336.jpg


3人で適当に
夫は今度再び同僚となる人と飲み会(お礼としておごってあげたそうだ)




7/14
冷凍めかぶ、パプリカとピーマンとマロニーとかまぼこのマリネ
豚しゃぶしゃぶ用と白菜の酒蒸し(ポン酢で)
刺身こんにゃく(青のり)、イカゲソ唐揚げ、春巻き、ポテト
大根と油揚げ、ネギの味噌汁、チンする焼き鳥
ビール、ごはん


CIMG2339.jpg


久々にゆったりと作れた。
お昼もミートソースをコトコト炊いたし

PageTop

途中、見に来た上の人

わけもわからず放り込まれた仕事

右も左も分からず、メニューも分からず、システムも分からず
出来るかよ

でも、頑張って終えたのだけど
仕事の途中で、電話してきた上の人が
やってきて、ベテランの人に、
私を指して、○○さんは役に立つでしょ?
と言った。

そのベテランさんは、返事をしなかった。
苦笑してたのが背中で分かった。

つらいってば

三日くれたら私だって役に立つだろう。

三日?
やはり三日か

PageTop

パートは休みだったのに休みで無くなった

お昼を用意して、週に一回の耳鼻科に行こうとしてたら
ケータイが鳴った。

なんと、午後二時から入ってくれと上の人が

あのー ○○さん(鉄人)の具合でも?

場所が違うという。(何か所も形を変えながら
某企業内で飲食店を展開している)


ファストフードのようなカウンターのあるところだという。

ロッカーで毎回会ってる人のところか

一人病欠

いや、待て、素人を放り込んでどうするんだ
足手まといだろ

の予想通り、何がなんだか分からないうちに、4時間は終わった。
人が居ないより、マシ、程度の働きしかできなかった。


でも、終わって気づいた。
楽しかった。
綺麗な仕事とはこのこと
汗もびっしょりかいてない。
冷房も効いたお洒落なところで、重いものなど持たない、明るい雰囲気の場所で
気持ちいいし、これだけ若い社員がいたのというくらい、見てしまった。

いつものところは、これでもかと重いものを持つし、湿気が多く、
ダクトがむき出しの天井の低い場所で、ひたすら働く
苦手なヘドロ掃除もあるし
たまに表の喫茶に出るが、そこは冷房がよく効いている

これで同じ時給だとしたら、暴れてもいいんじゃないの
と一瞬思ったけど、どこの場所にもそれぞれの業務の癖があるだろう
だから、羨ましいところだけを見てもね・・・・・・

いや、やっぱりあっちで働きたいと思った。
身体が楽だった
これなら一週間働けるのに



PageTop

仕事を紹介してくれた人におごらなきゃ

ってことで、やっとあちらのスケジュールが空いたので
夫は飲み会に繰り出した。

お金を握りしめて

以前いた会社が手配してくれた人材派遣会社が
お義理で紹介してくれたものより
コネではあっという間に決まることを
目の当たりにして、こういうのは男女間にも言えることなんだろうな
トントン拍子っていうものなーって

何を言ってるんだか

この前、娘と出かけて、もみ機を買いに行くと夫に言って出てきたが
それは隠れ蓑で、実は時計も買いに行ったのだった。

還暦のお祝いは何にしよう、現金かな
いや金券だよ、いやいや再就職ってことで、腕時計はどうだろうと
意見が一致して、お金は半々出すことに

と言ってもそう高いものが買えるわけじゃない
おまけに時計はないわけじゃないし、

ただ、気分転換して欲しかった。新しい気持ちで取り組むには
人間、新しいものも必要だ。

で、散々迷って、売れ筋の無難なものにして
家に隠しておき、当日を待ったのだったが

夫となぜか腕時計の話になってしまい

もう使わないよな、腕時計なんて
時間はケータイで見るし、
本当に要らないものになったよな

のようなことを言われ

そ、そ、そーだよねーーー
と冷や汗
の状態だった。


でもまあ買っちゃったものだから仕方ない。
プレゼントとして渡したら、意外に素直に喜んだかどうかは分からないが
受け取っていた。


喜ぶなら大いに喜んでみせるのもマナーだけど

ま、いいか


これで息子が支援団体の研修を受けられるかどうか、国への申請が通ったら
来月から二人とも出かけることになるのか

やっと動きが出てくるのか



PageTop

仕事先の方の話を聞いた

深入りはしないけれど
新しく人と出会うと、人間関係が発生するのは仕方ない。


お子さんが受験生の方が、実は下には男の子がいるという

アラーお嬢さんだけかと思ってた

というと、

○○さんは、息子さんはいるんですか
今何をされてるんですか

ぎょ

あのねー5年大学行って、結局中退して、引きこもってるのよ
お恥ずかしい

のようなことを言うと

えーーー大変ですねー
言わなかった

普通はえーーー本当ですかとか、驚くとかするだろうに

落ち着いた声で、
どこの家にも色々ありますよね


なんか変

あとで〆に来てくれた時、分かった。どうしてだか

地方出身で、田舎には男兄弟が二人
一人は人様に尊敬される職業で、頭が凄く良いのね、ははーっとひれ伏したくなるのだけど
一人は大学を卒業して、大手企業に就職したが、途中おかしくなって帰郷し
引きこもりに
おまけに両親に暴力をふるっていたそうだ。

今は母親がいて、去年まで働いていたそうで、その兄は年の頃が50過ぎ?
当然無職

聞くとその暴力兄が出た大学が、息子と同じ  あ、息子は中退でした。

ええ~ってことで、そこのキャンパスの話も少しして
あの大学に行ったらおかしくなるのか、いやならないだろう、とか
言って少し笑ったり

息子さんは暴力は

それはないの
ないけど、無気力という暴力を受けてるのかな

二人ため息


その暴力お兄さんもそのままお勤めしていたら、
結婚も出来ただろうし、彼女にとっては自慢の兄たちだったろうに
(ま、男きょうだい間での能力の差は大きいけれど)

聞いてみないとわからないものだ。

これはどこにでもある話なのだろうか

我が家が特殊ではないのか

我が家はフツーなのか?

それはないけどね

PageTop

部品を探しまくった

あるものを最後に分解して洗い、また元通りにする作業があって

それを一人でする

のだけど、昨日は、部品が一つなかった。

周辺を探しても、神隠しにあったかのように姿が見えない。

分解するときに気づくなんて、使ってるときに気づけよ、だけど

使用中は見えない場所

床に這いつくばって見渡したり、探せるところは探したけれど、大き目のものなので

姿を消すこと自体が難しい。

本当なら18時には上がれるのに、結局19時近くまで奮闘し、あとはあきらめて

メモを置いて、午前の人に分かるようにしておいた。



私が失くしたのかも、弁償かな
気になりながら、仕事に行き、昨日は……と入るなり声をかけると
古狸が、私が落としたの
隙間に

ああ、あったのですか
良かった。へなへな
(つか、言えよ、言ってから帰ってくれよ)


結局その部品は取れないところにあるというのだけど
それじゃ困るだろと
台によじ登り、身体を乗せ、うつぶせで思い切り腕を伸ばして
その隙間とやらに手を突っ込んだら、あった。
ほかにもいろんなものが落ちていたので
それも拾いながら、やっと元に戻したときはほっとした。

お腹がびしょびしょになってた

ホウレンソウ(報告、連絡、相談だったっけ)は大事だよね

私のメモを見て、懐中電灯で探してくれた人たちもいたわけで
古狸が来て、初めて落としたことを知ったわけだから


毎日何があるか分からない

と書いたところで
エアコンを切って来たかなと心配になって来た。

明日からは鉄人おばさんの二日間

ここ数日、お守り代わりにもらっていた抗生剤を飲んでいた私

どうしても膀胱炎の初期の様子がずっと続いているような感じ

鉄人には程遠いわ

PageTop

化粧水を買ったのか

最近、化粧水を貸してくれと言ってた息子

買いなさいよ、とは声をかけていたが、いつ実現するやら
と思っていたら
昨日私がパートに行ってる間に買いにいったらしい。

え~?選んでやったのに~香りとか考えて~
と残念がった私

お金を渡したから、もう買ってきてる、と夫

見ると、ギャツビーを買ってた。

どういう基準で選んだの?

店の人に売れ筋を聞いた


ああ、そういう手があったか

しかし開封もしてないけど、洗面所で


昨日は職安の認定日だったそうで、行かねばならない日

カレンダーにもメモしてあったが、本人が気づくかどうか試していると

夫は言ったけど、それに気づいたかどうかは、時間切れで見届けられなかった。


それは聞いてない。

でも行ったということは、親に言われてはっとしたのかもしれないね。

自分で自分の人生を管理出来ないということだ。




PageTop