どんぶり勘定の50代主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

物を減らしていきたい

最近、世の風潮が「モノを減らす」ですよね。
大賛成です。
あまり書くと身バレしちゃうかもしれないので、簡単に話すと、田舎の親の残したものに苦労してるとだけ
そして悟ったこと

残して喜ばれるのは
ジャジャーーン!!

お金  お金を生む不動産   貴金属 

これだけ

人によっては株券ずらか?

本当に苦労しそうなので(今後)、自分の家の婚礼家具セットを見てもどよーんとしちゃってね。
今の自分なら圧縮段ボールで出来たものとかでいい。 大げさな時代だもんね、親の経済力とか見栄とかありました。

子供が帰って来るので年末から捨て作業してますが、捨てる作業の大変なこと! 大型ごみは予約もしなきゃだし
夫も私も年を取ってきたしね。
モノとの別れ、廃棄にかかる手間とお金 そして、それらをかつて買ったお金も捨てることになるのですから
もちろん、その時モノはお役目があったのですけど、もう終わったのですね。

穴倉のような部屋に、一人暮らしの道具を納めるのは無理だと判断して、当初はトランクルームを考えてたのだけど
勿体ない!
ということで、断捨離
スチールのハイベッド(下が机になってる)→解体 
ハイベッドがあるため、開かなかったクローゼットから子供時代の物をバンバン捨てました。
居間にも着手
パソコン大型デスク→使いません 炬燵でネットしてるし~
折り畳み文机→なんでこんなのが 

便利そうだと買ったものが廃棄となったことで、もうそういう誘惑には負けない・・・・・自信が・・・・・・あり・・ます
子供たちに上記の「喜ばれるもの」は残してやれないと思うので、せめて親のものを捨てる作業だけは最小限にさせてやりたく、今後も暮らしを縮小して行きたいです。

こんな本がどんどん出てますね。




この年代はジレンマを感じるねー 介護に、親の家に、自分の家 
倒れてくれと言わんばかり



私はこんまりさんも、安東英子さんも好きだ
皆のいいところをマネしたいね。

スポンサーサイト

PageTop

掃除してる

年末大掃除はしていない。
一月も半ばを過ぎてやっとライト傘を拭いたり、サッシを拭いたり、電気温水器の入ってる小部屋を開けて、床に積もったホコリを吸ったり、台所の水切り周辺の油汚れとり ダイニングのエアコンのフィルターは油煙で固まってて吸いだせなく、洗剤バケツに漬け置き洗い

また、長年放置していた手作り梅酒をの中身を捨てたりと、数時間
ガラス容器はどうしよう 今後漬けることがあるのかな? やっぱりとっておこう、とか

今のところまだまだ物が多いし、数十年の生活の垢は取れはしないけど
たまに人様のブログ(断捨離系)に触発されて、掃除、片づけをする
今日がその日だったみたい。

しかしちょっとだけ綺麗になっただけで気分がいいもんだなー。

実家のゴミ含め、まるごと残存していることなどいつも頭の片隅にあるけど、今は自分の家を先に考えたい。

理想はミニマリストほど究極ではないけれど、子供が処分しやすいように身軽になって行きたい。
そして、物理的に清潔でもあること、ですね。

そうそう、お世辞にも綺麗好きとは言えない家に育ったので、人様の綺麗好きには衝撃を受けたものだ。
今まで家に入って、まるで神社に居るみたいにすがすがしい気分になったのは3軒
どれもマンションだったけど、家の空気がまるで違うのね。
綺麗に片付いた家は何軒も知ってても、神社系のは、三軒ってこと
どの方も同じ年頃だったのだけど、子供が小さいのに、いったいいつ掃除してんだよーっと
食器もピカピカしてた。

拭き清められた、掃除し尽された、空気

その後、どうにかして真似したくて、必死に掃除したこともあって、台所の排水溝までごしごし
でも、とうていたどり着けなかった。
何が違うんだろう。もっと教わっとくんだった。あちらが引っ越す前に

20年以上前の話だけど、その一人が、服をくれたのね、クイーンズコートのTシャツとか ほぼ新品
ほかにもくれたけど、そのTシャツは今でも十分着れてる。
今で言う断捨離が当時から出来てたのね、彼女
運が強そうだったのは、そういうところかしら
遠くに行ったのでニ、三年は年賀状を交換したけど、すぐあちらから来なくなったし
人間関係の断捨離も上手かったわ。

今どういう人生を歩んでいるか気になるわ。

そうね、だから今後は神社系の清々しさを目指して頑張るわ
家の中が有機系の動物臭がするもんだから、なおさら欲してるのかも

PageTop

観葉植物

物を減らしているのに、空いた場所に今度は観葉植物が入ってきた。

ちょっと買い物に出かけると、こうだ。
一つ一つは200円とかで、高くても380円くらいなんだけど、土も買って、家にある100均で買ったブリキのバケツやら
吊るす黒のワイヤーがしまってあるから、あれを出して・・・・・とついつい

今日買ったのはコンシンネとあと一つと、ウンベラータ

そう、お洒落な部屋に最近よくあるウンベラータ   
ちょっと前なら、さつま芋科?サトイモ科のほれ、何て言う名前だか、あれが人気だったけど
最近じゃウンベラータですよね?やっと覚えた名前を連呼
とても高くて手が出せなかった代物が、なんと小さな鉢に入ってその他大勢とともに打ち捨てられたように・・・・・
やはり良く見ると葉がうっすら茶色になりつつあって、元気がないの すぐ枯れる?
これが380円  高いってー!とレジで葉の様子を訴えて、なんとか値引きしてもらえないかと一応努力したけれど
上の者が今日は居ないので、とあっけなく

そうかい?仕方ないわ
買いましたよ。
小さいのを買って大きく育ててやるわ。


後で探すと適度なお値段の物がありました。 ネットで買えるのね。
一万弱くらいのものしかないと思ってたから、こぶりで可愛いです。
うーん、これを買っても良かったかも



あーでもお高いのはゴージャス



しばらく片付け祭が続きそうだけど、良いことよね。

しかしまだまだ
いつもいかなる時も意識していないと、物は減らないだろう
減らして減らして
そうして南部鉄瓶とかをいずれ買って、重さに耐えながらお湯を沸かしたりしたい。

値段が張るから実現するかどうかわからないけど


値ごろ感のあるものを探してみた


お高いのは3万円台とかでしょ?シルエットも違うし、南部鉄瓶と言っても色々あるみたいです。
私が欲しいのは、大仏様の頭のつぶつぶのような模様のやつね。

理想はこれだけど

あー夢があるっていいわ

はて、断捨離してるんだった

PageTop

文化は一代では無理

最近、断捨離系のブログを探してみたりと、刺激を貰ってました。
北欧系のきっぱりしながらも温かみのある感じも好きで、
ちょっとだけ数人のブログを見てみると
美的センスの凄さに感嘆し、またそういう方たちはプロ並みの料理の腕前にも脱帽中

ある、インテリアが好みのブロガーさんにぶち当たった。
は~でもさすがに親は汚屋敷でしょー?っていう予想を裏切って、ご実家のインテリアも素敵!
ド田舎だとご本人は言ってるけど、センスはどこに住んでようと関係ないですね。
文化は一代にしてならず、文化は女から女へ継承される、の典型を見た。
もっと驚いたのが、そのブロガーさんの妹さんまでが美的センスばっちり

なんなの?どーして? → こちら

一人くらいダサい人が出てもいいじゃないの。何よ~一家揃って
とまで私につぶやかせる

ああ、センスのかけらも無かった、今はゴミ屋敷の無人の実家(故人の男やもめが20年近く溜めこんだもの多し)を思うにつけ、どうしてここまで人間は違うのだ、と
ため息が漏れる。

となると、この凄い方たちが目にすると、テキトーにその辺で買った食器に盛られた
エサもどきの食事など、(この前も違うブロガーさんをみてこう言ったけど)信じられないだろうねー
こういう人っているんだーって

人間の持って生まれた才能ってのは、人それぞれあるんだろうけど
私が羨ましいなーと思うのは(もちろん良い頭脳は当然なので置いといて)こういう美的センス
あとプロ並みの歌のうまさ(これがあれば楽しいだろうね)

PageTop

断捨離はあまり進まず

最近は、デニムのように見える素材で、実は木綿のウエストゴムのズボン(パンツ)をパジャマ代わりに着てる。
それを数本持ってるから、いつ宅配便が来ても、パジャマ姿を披露することもない。
だからユニクロで買ってたフリーズのパジャマは捨てた。あと、着にくいものも捨てた。

一軍の服やモノだけで暮らしたい
と誰かが書いてたのに触発されて、それが理想だわーーーーでもしかし、な日常

我が家は私の製品が多い。
つまり料理関係の切り抜きや記事
婦人雑誌の、昔お菓子や料理の別冊付録など

それを全部処分してもたぶん・・・・・・困らない。
どんな料理でもネットで検索すれば一発だ。
それに人間は一生にそれほどの種類の料理を作らない。

だけど・・・・・一つとして同じ料理がないのね。同じメニューでも配合が違う。
そして、当時のお気に入りの常連の主婦の人だっていたし、途中に入ってる広告で微笑んでる女優さんたちが
若い、幼い、綺麗~と手が止まる。
何やってんだ。
あー小林カツ代さんだ、ケンタロウだ、森瑤子だ、左幸子だ、
懐かしさにまた手が止まる。
これはLEE のかな? MINEのかな?クロワッサンの?
いけないいけない。

前回の捨て、の時は大原照子のJJの料理教室シリーズだったっけ
30年持ってて仕舞いこんで、何~にも作らないままだったわ
この収集癖がネックだわ、自分って

今日のは再び同じファイルに戻してしまったものが多数だけど、確かに捨てたものもある
見直したことに意義がある。もう賞味期限の切れた記事を捨てたから
また見なおそう。
そうして最後はゼロに、
そうしよう。

息子が居ない間に、出来ることが少しだけ増えてきた。

PageTop

カラーボックス二段

千円以下

これを買ったのは思いつき
ネットスーパー注文時、家庭用品も見てみたら、ひらめいた。
送料も無料にするために、カラーボックスを追加した。
前から欲しかったからね


元々、洗面所兼脱衣所は、スチール棚の上に、プラの引き出しを二段
その上に籠などを置いてて、ごちゃごちゃしてたのね
後ろの壁面が空いてるのも勿体なかったし
ぼろマンションの古い作りで、お世辞にも使いやすい洗面所とは言えない場所

しかし届いてネジ回しとかで組み立てる作業が既につらい。
たった二段なのに

出来ました。
プラケースの上に置くとまるで、最近はやりの、洗面所の白い棚みたい
バスタオルはスチール棚に重ねて置いてるけど、小さなタオルは
プラケース引き出しに入れてたけど、出したり入れたり面倒だったから、
棚にオープンに収納できて楽ちん


CIMG0976.jpg  ←この籠ふたつがケースに直接のっかってたし、周りがこちゃっとしてた



すっかり小物も余裕で収まって、たった千円で、気分転換も出来たし、
上手な使い方がで来たようです。


とにかく千円って凄いわね 

PageTop

座布団を部分的に捨てることにする

何だか身軽になりたくなって来た。

前も言ったが、何十年とかけて付いた生活の垢は、そうやすやすと除かれるものではないわ。

木製とスチール製のハイベッドも捨てた。 大物を捨ててるはずが、
まだまだ物の洪水に押しつぶされそうになる。

そう思うと、廃墟となった実家のモノの怪(敢えて、この字で もののけ)などは、
人ひとり、いや数人殺せるくらいのパワーの持ち主だよ、きっと


今日は、座布団を数枚まとめた。あと二枚同じものがあるが、全部一度に捨てられないのが人情だ。
(こんなこと言ってるからダメなんだよね)

この、あつらえた座布団、規格外の大きさで、どの市販の座布団カバーでも合わず、
お座敷のあるような家にも嫁いでないので、使うこともなく、30年以上

CIMG1192.jpg


おばあちゃん、ごめん!

その祖母という人は、母の育ての親で、子供が居なくて、夫の腹違いの弟が
奥さんに死なれて乳飲み子を抱えて困っていたので、貰ったのだ。
その事実を知ったのは小5くらいかな?
本物のおばあちゃんじゃないって。

父方も父を産んですぐ亡くなったから、私は本物のおばあちゃんっていうものは
どんなものなのか分からない。やさしいのかな?

一切の家事を母に任せて、好きな時間に離れ(昔の古い家)から食事にやってくる生活を
50年ほど続けたら、100歳間近で、まさかの娘に先立たれ、
残されたのは折り合いの悪い婿殿 それも家事能力無しの男やもめ

近くにいる孫(私のきょうだい)は何もしない。

残りは遠くにいる。

だから最晩年は、むごい仕打ちを受けたと思う。 子供も幼くそう帰れなかった私は
半年に一回、せいぜい美味しいものを作ってあげることと、お風呂に入れてやることだった。

人間は生き方は大事だと思う。
そういうむごい晩年を迎えるには、わけがある。 気性の激しい祖母だったようだから
トラブルがあったと聞いているし、病に倒れる前の母は、祖母を大事にしていなかったと思う。

祖母はと言うと、20年前、母が逝った、わずか10か月ほど後に、離れで倒れていた。
だから、一年に二度弔いを出した。

前置きが長すぎた。

そう、ダブルの布団と、この座布団を結婚のお祝いに作ってくれたんだ。

これを使えるようなところに住まなかったし、こちらもそろそろ身軽になって行かねば、
だから、お別れするね、これ


長い、長すぎるよ、数枚捨てるだけで(笑)


PageTop

今日も捨てたわ、服を

昔の服も随分捨てたけど
まだまだ着れるかも、と残してあったものもちらほら

でもね、体型が急に変わって、老女のそれに近くなってきたから、
似合わなくなったので、もうサヨナラだな~
左の麻のスカートは今は亡き oxford
チェックの巻きスカートはよく着てたな
ああ~

CIMG1196.jpg

クロエのニットジャケットはよく着たかも ああ~
CIMG1197.jpg

見事に似合わなくなってきたのが、面白すぎる
いったい何なんでしょ
(まだほかにも残してあるのが未練タラタラ)


そして、母に買ってあげた服で、実家から形見に持ってきてたものを
捨てられずにいたけど、サヨナラ
CIMG1194.jpg

息子が、それ持っててもいいじゃない、と
一応言ってくれたけど、

あのね、もう形見とかって持ってる場合じゃないの 
もうそういう年じゃないの

私のものが、そろそろ 形見、
と呼ばれるかも知れない年になったんだから


これには納得してたもよう


で、
さよーなら、ありーがとー♪ 

よーお~ふ~く~

PageTop

学資保険かけてたんだな~


子供たちがゼロ歳の時から、郵便局の学資保険に入ってた。
思い出すのが、稼いでいる人が元気かどうか確かめるために、夫を
郵便局まで顔見せに連れてった記憶もある。

毎月こつこつ
大学教育を受けさせるために
何がなんでもと頑張ったんだよね~

満期金が200万とか180万とかで、胸は張れないけど
それでも入学の時の一年目には助かった。
なぜ息子の方は180になったかと言うと、’90年代初頭に買った中古マンションのローンが
きつくて、300万で契約していたものを減額したからだ。

書類を見たら、そういういきさつまで思いだした。


まあ、そうやって貯めても、一年目で消えるのかとがっくりきたけど

もっとガックリは5年かけて学費を払ったり、
大学の近くに下宿させたのに、やめられて・・・・・いや、辞めさせるしかなかったこと

昨日は、そんな親の思いが詰まった、
ずっと払ってきたお金の納付書が出てきたので
捨てた。
CIMG1246.jpg


もう要らないんだもん

過去の夢と共にポイだ。


別にゆめ、みたいな大層なことでもなかったんだけどね

普通の生き方が難しい人もいるってことを、
初めて知ったのが、自分の子どもで、なんだよ。

PageTop

和風カップを捨てた

長年使ってきたもので
業者さんとかに飲み物を振るまった時に使ったかな?
カップとソーサーがお揃いの柄なのね
写真だと違ったのを乗せてるけど

CIMG1264.jpg


でも、今はもうペットボトルをあげるし、十分使ってあげたからいいかな、と
欠けてもないのよね

勿体ないよね

まだ十分使えるよね

風情があるよね

懐かしいよね

捨てた後で後悔しないかい?


しかし・・・・・もうお客さんも来ないし、子供たちも要らないと思うし

だから、捨てる


いつか来る、本格的な片付け期のために、前もって片付けておくわ。
どーゆー意味かい

実家という大きなゴミがあって、生きてる間に果たしてどうにかできるものなのか、
な、大問題が控えているので、この狭いマンション内で、少しずつ捨てて行ってます。

長年おうちにあったものだから寂しいけど
さよ~なら、あり~がと~



PageTop

今日の捨て

デロンギのヒーター(小)

CIMG1266.jpg

もう要らない。

意外に、安い電気ストーブとか、温風が出るものが使いやすくて、
古くなっても残ってる。

上記のは、子供部屋に安全だと買ってたけど、殆ど使わないまま
勿体ないことをしたわ
衝動買いに近かったもの、当時

お金の使い方って本当に難しい。

こうやって一生の間に、人はモノを選び続ける
食べ物に、洋服に、家財に、保険に、何もかも選びまくって生涯を終えるのかな

左に向かっていくか、右に行くかも選んで生きる。
選択ばかりなのか

ただの捨て作業に、人生の選択、とか話を大きくしてるけど
間違った選択を積み重ねて、それがお金の大きなロスに繋がったんだなと改めて思うよ。
そして、どこかで曲がる道を間違えたのも確かかもしれん


追記
二個捨てるはずが、一個は残した。
未練タラタラのようだ

PageTop

捨てたら新しいものが入ってくる

今年は掃除より、捨て、だと思ってるので
少しずつ捨てている。
娘も部屋からどんどん出してくる。あれほど出したのに、まだ出るのかと驚く。

娘は捨て、だけど、私は工夫もしている。
玄関の薄型シューズボックスの上に、ニトリで買った二段の木のラックを
重ねて、男性陣の靴を載せていたが、どうも上部に空間があるのがもったいないと思ってた。

ベルメゾンでとうとう収納ラックを買って、やっと上下に二足乗せられるようになった。
ついでに玄関マットも買った。 なんと、昨日買った本の、風水師のおすすめマット月としずくだった。
スリッパも買った。
ユニク〇のルームシューズは、冬のは苦手で、かかとの方が下がってるので歩きづらかったのよ。

パープルのふわふわトイレマットも買った。
窓のないトイレには、パープルだ。

藁にも縋るとはこのことか

しかしだ、いろいろ捨てても
新しいものが、なぜか入ってくる。

ものをいつまでも買わねばならないのか人間は?
と思いつつ
気分がかなり違ってくる。
明るいほうに、どんと変わる
何かを変えないと、何も変わらないんだね。

ずっと同じものを節約のために使い続けることは
人間にとって、変化に乏しすぎて、ある意味腐っていく部分もあるかもね。
よどみを感じるというかね

今、特に変化を望んでいるのは自分だ。
こういう境遇が、より一層拍車をかけてるかも
やみくもに捨てたり、変えたり、替えたりとね。

こういう人生に変化が少しでも訪れてくれないかな

たまに見るyou tubeの番組が、安東英子先生の片づけね
ただ片づけるだけじゃなくて、ズバズバ温かい助言があるのね

家って怖いんですよ、という言葉が染みるわ

TV番組→   ここ

あ、これはのちに見たら削除されてたので
別のお宅に行ったものをあげておきますね      ここ


PageTop

ぱっと見は分からない片付け

息子がバイトに行ってる間に、片づけをした。

★娘が出して来たこたつ布団を、息子のミニこたつに使うことにした。
今まで、ぼろ布団にカバーをかけたものをこたつ布団にしてたから寝れたのに
スカスカするかしら

まあ、いい。
★廊下のクローゼットから紙袋をかなり抜いた。

CIMG1275.jpg


★クローゼットの開け閉めに、いつも引っかかってたポリバケツ重ねたものを、内部で移動させた。

★廊下に置いてある超薄型のラックのコミックを順番に並べ直した。

★婚礼箪笥の中の、内引き出しの中の、新品のハンカチを殆ど捨てた。
ついでにホコリも掃除機で吸っといた。

★スティック掃除機を引っ掛ける場所を作った。

★今までお世話になった大きめのグリーンを一つだけ処分した。(ありがとうと言ってさよならしたけど、
ギャーって言ってそうだね ほかのは残ってるのに、なんで自分だけって)
葉っぱだけはカットして、コップに差して残した。

CIMG1278.jpg


家族の誰も気づかない作業だけど
自分では満足だ。

こういう作業は自分を見つめ直すことが出来るわ
こういう買い物してたんだーとか
これ、要らないね、とか
自分に必要なものが見えて来るしね。

PageTop

また観葉植物をお別れした

お別れしたと言っても、根っこは残してるので、また春には「生えてくると思いますが
部屋の中で茂っていたものを、全部カットしました。

CIMG1282.jpg

はさみでザクッとね
ギャーって聞こえそう

そう、今まで有難う~さよなら

それから、ずっとトイレの薄型収納を探してて、ネットをさまよってたのね。
温風ヒーターに、ミニ空気清浄機に、新聞まで持ち込んでたから
娘の眉間にしわが寄ってたわ。
なんとかしろという暗黙の脅しというか

便座に座ると、ドアの横に見える隙間に三角形のコーナーの飾り棚というか
三段くらいのをずっと置いてるのだけど、それを取り替えてしまおうかと最初は考えて
壁面にぴったり置ける、薄いものを探してました。

しかし、完成品を送ってくれるならいいけど、全部自分で組み立てなければならないものとか
レビューを見ると、躊躇するものとか
これはいいと思っても、奥行きが20cm以内じゃなくって、諦めたりとかしてた。
昨晩も、ずっとディノ〇やベル〇ゾンに楽天に、とずっと探してましたら
つっぱり棚に行きあたって、ああ、これでもいいじゃない、と探したら
今度はなかなかサイズがない。

そこで思い出した。
娘が、一人暮らし時代の突っ張り棒をくれてたのを
それを二本、平行に渡して、その上に、どこかの棚であぶれてた板をのせようって

数日前にクローゼットを整理した時に見つけた。 片付けてなければ
ひらめいていなかった。


人の家のトイレなんてお嫌でしょうけど(壁紙も古いし)
こんな感じにしました。
板が足らないので、空間が空いてる向こう側には、
プラケースの載せようかと(その日の新聞を入れる)

おお、そうだ、無印の細長い籠でも買ってきて置こう

CIMG1281.jpg


あはは、ゼロ円で済みました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
後日談
うわ~って悲鳴がトイレから聞こえて
行くと、落ちかけた棚を必死で抑えてる夫

やっと直してほっとしたのもつかの間
肩が当たった私
ヒーターが落ちて来た。

いや~ん

仕方ないので、ずっと低い位置に棚を下げて、補強に突っ張り棒を真ん中に一本増やして、(計3本)
ヒーターは足元に移動
(色の違う突っ張り棒だけど、よくあと一本あったもんだ)

お洒落?な板に載せてるのは、グリーンと、ミニ時計と、新聞を入れるケースのみ

やっぱり問題ありだね~ディノ○の薄型のトイレ収納買っちゃおうか
そう決めてサイトに行ったら、売り切れ
ご縁がありませんでした。

PageTop

塩コショウ入れは必要なかった

もう何年食器棚にあったか

素敵~っと買って、一度も使ってない。

CIMG1301.jpg

飾っておく分にはよかった

でも、とうとう さよなら


食卓で、塩、コショウを振りかけるような暮らしをしてないのだから

ダイショーの塩コショウで間に合ってる我が家なのだ

PageTop

辞書さえ捨てるって

私じゃないです、娘です。

もう必要でないものは殆ど無いと思う、部屋に、とご満悦そう

そりゃね、要らないものを全部部屋から出せばね、こっちに

ところで気になってたけど、枕元のほとんど新品の英和と和英、捨てるつもりなの?

当然

ぎょーーやっぱり?

バカたれ、親が高校入学の時、制服とか選考のスポーツ道具やら、必死で買った中に
教科書や辞書があるんだよ
とは直接に言えなかったが

あれ、高かったんだよ?分かる?邪魔にはならないでしょう、二冊くらい
それに、今後英語でも再度勉強したくなったらどうすんの
フランスでもイタリアでも喋れなかったから、勉強し直さなきゃって言ってたのに

辞書ってね、数年に一回は作り替えられるみたいだよ
ママみたいに数十年前のものなんで、たぶん色々と載って無いこともあるかも

ああ、そりゃそうだ。だけど・・・・・研究社の新英和中辞典なんて、思い入れがありすぎて捨てられるか
これは二代めだけどね、20歳の時、大教室に忘れて失くしたことがあって

コンコンと、そこまでミニマリストにならなくていい、ゆとりも必要だよ
もう少しゆるりとして頂戴
と諭したら、なんと二週間、延命してみると言う。
次の古紙回収まで保管すると

ああ、たぶん捨てるんだね

ガックリ
親の期待を込めたもの、そういった物品も、ただの邪魔ものになっていくのか

と悲しみ乍らも
あんたはきっと、ずっとシンプルに生きて行ける、
あっぱれとも思ったりもする

と、まだ手つかずの、つか、いったいいつ手をつけられるのか分からない
実家の家屋敷と、中にある膨大なゴミ
ゴミといってもかつての生活用品など 親の、いやその前の代からの物品を思うと
眩暈がしてくるので、
そうそう辞書二冊を惜しむ生活を繰り返した結果、そういう膨大なゴミになって行くのだから
いいよ、辞書、捨てなよ、即、言ってやるのが本当だったろうね

今の時代、多くを持たずに暮らして行ける人が増えてるのは
膨大なデータを小さく保管出来たり、よそに預けることが出来たり
ネットの中に、世の中の殆どのことが入ってることが、そういう暮らしを可能にしてきた
ってこともあるよね

まあ、人それぞれ
収集してることが人生の総てと言う人もいるしね

ただ、私自身はもう
片付け作業に入ってるってことは事実だ。


PageTop

服捨て作業つづき


デパートの催し会場は、おばさんとお婆さんの人口密度が高かった。

絶対に私は着ないだろうな、と以前は思ってたけど
どんどん派手な柄が似合うようになってきてるのは自覚する。

老いに打ち勝つには、派手なもので中和する、みたいな
これからアクセサリーも派手、というか大きめにしていくつもり

以前、ヴァンドーム青山の、ジュエリーじゃない方。つまり、普通のアクセサリーのところで
キラキラが素敵で衝動買いした、ビーズのネックレス(一万円ほど?)が
なんとまあ、大活躍中だからね

さて、捨て作業
昔、催し会場で襟にファーがついたものを、ベージュと黒を二着買った。
一着1万円也
衝動買いだった。
黒のものは何度も着てるけど、こちらの色の方は、とうとう着ないまま
箪笥の肥やしを続けてた。

いよいよ、ここでお別れだ。

年を取ったからちょうどいいんじゃないかって?
それでも許せない何かがあるんだと思う。

もう「一着は、秋口に助かったコールテンのジャケットだけど
さすがに古いや
さようなら
CIMG1342.jpg

PageTop

トイレマット30年選手

ペパーミントグリーンのは
renoma のもの
当時、インテリアショップのハシリで買ったもの
今でいう無印に売ってるようなブラウンは当時なくて
探してもなかった記憶  え?もっと探せばあったって?

あったかもしれないが、ピンクとか、こういう色しかなかったと思う。
私は30年ほど感覚が早かったのか?
何度も洗濯してもへたらない、破れもしない
丈夫すぎていやになる

とうとうさよならしようか

年寄りになったら、替えが必要だから(こぼしたりするかも)持ってればいいよね

新婚時代、初めて買ったもの。思い出があるよ
我が家の歴史そのもののマット

でもね、もう飽きた。

ピンクのものは割と最近だけど、これも飽きたんだよね。

さよなら
CIMG1355.jpg

PageTop

独身時代のトートバッグをやっと捨てた

かれこれ35年ほど前に買ったトートバッグ
どうしても捨てられず、何度かの引っ越しにもついてきて
こんな年になっても、まだ使える、思い出いっぱいだから、ととっておいた。

でも、とうとうお別れした。
CIMG1459.jpg

思い入れがあると、ほんとにつらいものだね
これを見ると、いろんなことを思い出せたのに
サブバッグとして大活躍だったんだ。もう一つ白のもあったけど、それはかなり前に捨てたのだけど
この色が好きでね。

だけど、ただ思い出すためだけの物品で、使ってはいなかった。


会社の近くのショップの、どの壁につるしてあったかも覚えてる。
つかつかと入って行って、これくださいって言った瞬間までも覚えてる
でもさよなら

PageTop

アイロンとFAXが一度に逝った

ファクシミリは、命尽きるまで使うつもりだったのに(ほぼ使ってないから)、
最近たまに通話すると、ぷつっと切れたりするので、替えなきゃならなくなった。

固定電話はなんで必要なのかね?レベルになってしまったのに、
FAXを買うかな?とかなり悩んだけど、使用頻度はゼロではない、と判断して買うことにした。

今日到着 パナソニックの安物だけど、うちはひかり電話だったから
壁の穴に差せばいいってわけじゃなく、その穴からNTTの箱に線がつながってるから
箱のほうに差せば良かった。

ああ、こういうことにてんで弱い私
とにかく、やっと使用できる状態になったから、留守電メッセージを吹き込こんで、セットしとかねば
セールスからじゃんじゃんかかって来る。
もうずーーっと留守電にしたままで、外部の音をシャットアウトしているから気持ちは楽なのね

と急いで地声で入れるが、舌足らずだったり、舌がもつれてたり、変な間(ま)があったり
急に甲高くなったり、ゆうに10回は録音しては消去して、やっと一応満足なものが入れられた。

そう思うとアナウンサーってすごいね

電話を掛ければ、出るのは おばさんのだみ声
どうしてもご連絡したいことがありましたら、×××-××××-××××(携帯)にお願いしますって最後に入れてるから
自作応答メッセージじゃなきゃダメだったのね。

どーしても連絡したいことがある人は、ちゃんと携帯に電話してくるから、
たいていの不特定多数にかけてくるセールスは、窓口でシャットアウトできる。
あちらも生きていくための仕事だけど、こちらも不快になりたくないからね。
生活時間に飛び込んで来るし

とにかく、こうやって色々壊れてくから、年をとっても、油断できないわね

アイロンはね、長ーくもった。
昔、スチームアイロンを使ってて、糊付けしたりで、穴がふさがったのかすぐ壊れちゃって
かれこれ30年以上前、新婚時代に、実家にあった使ってない新品をサブで持たされてて、ずっとしまってたものを
代替品として使ってたのね、つなぎに

それがスチームもなしで、シンプルだから、全然壊れなかったから
15年?20年?は使ってたかな

しかし、とうとうお別れの時が来ました。
昭和の香りがするアイロン

東京芝浦電気と書いてあるから、ほんとにいつのだい?

これ、業者の方が見たら、型の古さに驚く品物じゃないかしらCIMG1474.jpg


さあ、次は何が壊れるかしら

人間はなんとか生きてるわ

がたがただけど

PageTop