どんぶり勘定の50代主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

この年でこの貯金額

私は家計簿もつけないし、細かいことが出来ないので、ブログの名に恥じない?
正真正銘の、どんぶり勘定の主婦

持ってるのは普通預金と定期預金 頭が悪いので、投資とかは出来ないし
細かく一円単位でも家計を把握出来ていません。

都市BK A 妻  普通 394 定期 80
都市BK A 夫  普通 128 定期 104
都市BK B 夫  普通 少々 定期 17
ゆうちょ 妻   通常少々 定額 27
ゆうちょ 妻   通常少々 定額 50
ゆうちょ 夫   通常少々 定額 71
楽天BK 妻   普通 6 定期 10
生協出資金      45(週に2000円ずつ引き落として貰ってるのが溜まったもの)
-----------------------------
        計832
子供名義
二人分ゆうちょ  107 ←これはいずれ渡すものなので加算していません。 (入れると939)

上記の貯金にもからくりがあって、遺産を、多めのきょうだいで分け合って480万(子供への名義も含め)貰って、コレです。
自力では459しか無かったのです。いかにずぼらでどんぶりだったか 情けない!(そして、残してくれた親に感謝の念で一杯)(家屋敷丸ごととゴミを残してくれたことはさて置き)

法事や実家の維持のための共同のプール金は、長子が管理して別の口座にあるのでこのレベルの相続なのです。
でも、とても不安でたまりません。病気でもしたら・・・・子の結婚もあるかも・・・お墓は自分で調達しなければならないし
不遇な時代に呑まれたこと(住宅を適正価格で買えなかったことなど)もあるけども、やっぱりキリギリスだった、と
食べるのと教育は待った無し!を持論に、そこにはお金を使ったことと、やはりゆるゆる家計だった。

そして収入が減ったこと、これが先を不安にさせる大きな要因です。
ボーナスが無くなったのです。去年から
株式欄に載る会社に勤務の夫ですけど、出世しなかったので、そういう給与体系になるそうで、年収が半分近くになってしまいました。いられるだけよしの状態 これについてはまたの機会に。

追記
財形年金を忘れてました! 60歳から年間60万を5年に渡って支給されるものに入ってました。 40代からコツコツと天引き中でした。わ~少し息をつけそう
苦しくても、我慢して無かったものとしてたものに救われるのか。
退職金があるのでは?と思われるでしょうが、401kだったかな 数度に渡ってもらったものは、住宅ローンの重圧に負け
都市銀への一括返済に使い果たしたのです。
もう残されていない年月で頑張るしかありません。

スポンサーサイト

PageTop