FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

歯医者は近所で見つけたけれど

神経を取った後の消毒中なんだけど
先週、確か、今度で消毒を終えましょう、
ハイ、となったと記憶していたし、そのつもりでいたのだが
昨日、とがったもので刺されたら、ウッとしかめ面
痛いですか?
うはい
そんなはずは
チクっ
顔が歪む

不穏な空気

その後何度か刺しても 今度は大丈夫で
さっきはひでー顔してたのに、おかしいなぁという顔の先生
結局、来週は麻酔を打ってまた治療しますから、と言われた。
何か残っているのかなぁ

ビルの中の歯医者で、いかにも最先端という感じなんだけど
音が分散して落ち着かないし、私語が多い。
その先生ったら、衛生士と小声で話し込んで、うふふ、ふははと
笑ったりして、手が何度も止まったのよ、先週は
こっちはおとなしく寝てたし、何を言われても、ふぁい、と返事してたけど
心の中では、早くしろ、集中しろ、ここでいちゃいちゃするな、と叫んでた。

歯医者難民なので、色々我慢しなきゃならないんだけど
何か信用ならない雰囲気で苦手
近くていいんだけど

遠くの大学病院はもう何か月も治療はしてなくて、止まったままだったものが
久々に先生から電話があって、治療を再開できることになった、一度8月にきてもらえますかってんで
予約をとった。
その後何かお変わりありましたかと聞かれたので、お変わりありました、ふふふ
みたいな、久々で誠実で清潔な雰囲気のあの病院の空気にまた触れた気がして
やっとか、とほっとしたのだけど、また世の中が慌ただしくなってきたので、治療予定は
変わって来るかも知れない。

しかし、外に出ていないと、気が緩んでしまってて、
昨日などは、ファストフードで支払い(いただいたカード)をして、お釣りをもらって
その手で知らない間にポテトを手でつまんで食べていた。
あとで気づいてうあっとなったし、席の後ろは高校生の集団が大声で話してて
席も割と左右が密で、これは気のゆるみがはなはだしいと感じて
人間、緊張感を保ち続けるのは大変だなと

一月二月のあたりの方が、ものすごく気をつけていたと思うし
それくらいじゃなきゃならない日常だよ

近所の奥さんと話してて、食べ終わった彼女はマスクをしていたのに
自分は食べ終わったあとも、マスクをすぐしなかったことにも気づかなかった。

それほど会話に夢中だったのだろうか
楽しかったのはよかった。
彼女はうちの子たちがどこの高校や大学に行ったかは聞こうともしないし
もちろん知りもしないだろう。
知って欲しいところもあるが、頑としてそういう話題は避ける人
殆どが政治の話(特にあの国のこと)やら、相続の話やら、近所の話やらで終わったのだった。

歯医者の話をしていましたっけ




スポンサーサイト



PageTop

マスクは洗いすぎに注意だね

余り外出しない私が一番家族でマスクを使わないから
以前買ったものを、使っては台所用洗剤を垂らした鍋に水を入れ、煮沸させてから
洗って干してたのね。

最近、暑くなってきたのもあるけど、口元が蒸れてね
その上、とても息苦しい。
何かを話すと、口元がペコペコ 息とともに動くし、自転車でも乗ってたら
本当に息苦しくなって、鼻は人がいないところでは出していた。

よくこれで皆さん我慢できるよね
息が苦しいのにもほどがある、って

で、この前、DHCでクレンジングオイルをネットで買った時に
なになに?マスクを売ってるよ?
てんで、ぽちっとしたの。

あとで娘に、あれは中〇製だよ
といわれたように、到着してみれば確かにそうだったのだけど
まあ見たら綺麗だったから、買い物に着けて行ったら
なんと、息ができるじゃないの

真ん中もペコペコしないし
すっきりさわやか 

そうだ、洗いすぎは良くなかったんだ。
もう繊維が密になってて、フェルト化までは行かないけど
N95並みに高性能???になっていたのか


やっぱり洗って使うもんじゃなかったよね、本来

まあ、数度洗いますけど
適当に処分しなきゃね

となると、また多めに買っておきましょう

買えるうちに


PageTop

元パート先の人から電話


本当に久しぶりだった。

どうしているかなと気にはなっていたのね

一緒に仕事をしたわけじゃなくて、ロッカーが隣だっただけなのに
たまに電話があって、色々話していた人ね

このご時世だから、ダブルでパーティーが開かれた日々もあったくらいの盛況ぶりも、
今じゃどうなってるのか きっとやっていないよね、
と想像していたより、もっとひどいことになっていた。

長らく休んだあげくに解散、だ。

彼女の働いていたこましなカウンタータイプの店もだし、
私がいたところも解散
大食堂も大幅に縮小
なのだそうだ。

え?じゃ企業の人は自動販売機だけになるのかな
それもなんだかね

長年働いてきた鉄人も、ひねた物言いの古だぬきも、調理師さんも
働く場が無くなるので去るしかないとのこと

マネもどうするんだろうねと言っていた。

長年やってきて、あのままでずっと行けるものと思っていたものが
こうやって閉じることになるとは
少なからずショックを受けたのは何でだろう
もう自分には関係ないのに

あれほどこき使われたのに
あの時代が良い時だったとあとで言えることになろうとはね

コロナの影響がじわじわ出てきていると思ってはいたが

どこもかしこも縮小したり、閉店したりと
傷は大きく深いなあ

まだまだ出て来るだろう


PageTop

ビルに入っている歯医者


近所に体よく断られたから、行くしかなかった。

ネット予約ができるのね、ここ

意外に人が来ていた。

熱があるかどうか受付の問診だけでいいのかな
と思ったけど


結果は、
あと少しでもっと痛みだすところだったと

要は大学病院の治療計画にはまだ入っていないけれど
ブリッジが入っている歯の、支えている歯に虫歯があることは言われていたと、
ネット上の問診票?に書いておいた箇所

想像以上に悪くなっていた。

神経を取って、次回は来週
これから消毒とかだろうな
長引くだろう

しかし、先生もやはりやりかけの歯が気になるらしく
今 目の前の痛みだした歯の治療が終われば、仮歯の入っているところは元のところで
診てもらって欲しいようなニュアンスだったな


でも、開いてないのだから
いつから診察治療できるかどうかの連絡すら
いつになるか分からないと言われたのに

とりあえず、助かった。
このご時世、診てくれるところがあるってことは
有難いことだ。

PageTop

歯医者に苦労

先日、奥歯が欠けたけど、いつも行ってた大学病院が稼働してないから
どうしようと思っていたところ、少し痛み始めたようで、歩いて行ける近所の医院にやむなく飛び込んだ。
ここは、最後に困ったときに行くところだが、なるべく行きたくないのは
先生が高飛車な時があるから

行くと、雰囲気が変わったと感じたのは
ああ、新聞や雑誌の場所が空っぽかぁ
消毒液が置いてある

おばあちゃんたちがマスクをして長椅子で待ってた。

歯が痛いのだけは耐えられないものね

奥歯の窮状を訴えると、麻酔を打たれ(何本か)、欠けた4分の一ほどの歯を
埋めて?くれた。

あとは下の糸切り歯(削られた方じゃなく、反対の)の周辺がしみるし、隙間が空いている
虫歯に違いないという訴えは次の予約で

とうとうその日が来てみてもらうと
知覚過敏で、虫歯ではない、と
じゃ、すきまが開いているのは、歯茎が下がったからだろうなあと自己判断

それより、下の犬歯(この前、付属病院で先を削られてしまったーっと言ってた歯)の内側の
詰め物が取れているのに気づいてました?と言われた。

は?

鏡を渡されたが、確かに裏が削れている

結局、訴えていた歯ではないところの治療で今回は終了

ああ、これでしばらくここには来なくて済むわ、と思いつつ帰宅したら
今まで閉鎖していた大学病院から電話があった。担当のイケメン先生ね

今日から稼働しているが、今後シフトも組めそうもない
先が読めない 治療できるのはほんの軽いものだけになりそう
だから○○さんは、いつになるか分からない
できるかどうかわからない
出来たら近所の歯医者での治療に移行して欲しい

ここで食い下がる私
出来たら見ていただきたい、そちらの様子も見ながら

結局、どうなるかわからないが、一か月後にでも再度お電話しますね
その時に予約がとれるか分かりませんけど、

はい、それでお願いします


そうなったはずが、しばらく考えていると
治療中の三本の歯には仮歯がかぶさっているまま、すでに長い
このまま次の予定すら立たないなら、近所に移行してくれと言われたのだから
嫌だけど、手っ取り早く済むことになるなら、それもいいか
と思い始めて

急にさっき後にしたばかりの医院に電話した。

治療中の院長が出てきて
ああ、あの歯でしょう
あのままでいいと思いますよ 特に急がなくても痛みが無ければそれで
それに、あちらは治療計画があってのこと
それに従って治療を進めてもらったらいいんじゃありませんか

のようなことで、体のいいお断り

こちらもすぐ諦めて承諾して電話を切ったが

これで宙に浮いた治療

他を当たる?

いやそれも嫌だな

まさに歯医者難民だわ


コロナが無ければこんなことにならなかったのに
歯だけじゃない
他の病で手術予定の方とか、それはそれは大変になっていることだろう
とんでもない世の中になったもんだ。

普通の暮らし行うこと、なにもかも滞りなく行われているのは
奇跡に近いことなんだな

あれ、なんだかさっきささっと裏から詰めてもらった犬歯が
痛むような気がするけど
大丈夫かな

ああ、歯が弱いって悲しい


PageTop

体調不良が続いたので

気になって、前回泌尿器科で無理やり貰っていたクラビットを五日間飲んだ。

お腹が圧迫されているようだったから、きっと膀胱を押してるだろうと

結局そこには問題はなかったようなのだが

お腹がパンと張ったようで、何となく苦しくて、食事をすれば
いったい妊娠何か月?
このでっぱりは9か月か?のような

ちょっとひどいじゃない
ひどすぎない?

そういえば、スポーツ教室の元ナースに、一回診てもらってと言われたっけ
子宮とかが圧迫しているとかの可能性もあるよね

と、総合病院に行った。 まずは婦人科からアプローチだ。

ここは三か月に一回行ってる皮膚科がある病院なんだけど、雰囲気が変わった。

人が少ない けど多いけど(どういう意味だか)

簡単に人が密に座れないようになってる  工夫があちこちに

初診なので何時間か待ったのだが、内診の結果、異常なしだった。

えー先生、てっきりこのでっぱりは、筋腫があるとか卵巣嚢腫とか
そんな問題があると思っていました。

それどころか、子宮は萎縮してますよ? もう小さくなってます。
閉経もしたし
筋腫はあります。一センチくらいの大きさが

今後大きくなるとかはありますか?

ありませんっ

ということは、このお腹はただのメタボだと思ったら・・・

そうです


というわけで、診察料だけ払って午後二時ごろ帰宅できた。

その二日後、やっぱりお腹が張るので
今度は内科からアプローチだ。

今度は近所の小さな総合病院に
入るとここも雰囲気が変わっていた。すっかりコロナ対策仕様だ。

問診表には、膀胱の状態が気になってること
 月に一回はなっていたので、今はどうか
お腹が張る感じ


そんな記入をして待っていたら呼ばれたのだけど
簡単に内容を話すと、先生は、触診も何もせず
尿検査とCTを撮るようにと言われた。

尿検査は異常なしでほっとした。
CTは、何かが映っているかもとドキドキしたのだけど

この皮下脂肪見てください、こんなにありますよ
左のは6年前のものですが、1.5倍くらい膨らんでますよ。
そして、この肝臓
左のは黒いでしょう でもこっちは白く映ってるでしょ
これは脂肪肝です

脂肪肝・・・・
放っておくと

肝硬変とかね

そうですか


何か運動してますか

してましたけど今は休みになってて
再開のめどが立っていません

歩いてください
一日八千歩

8千歩
(無理だと分かっている)
はあ頑張ります


と帰宅してきた。 
そういえば婦人科に行った時、血圧を測り、下が90とかで驚いたことを
思い出した。 受けつけの方が、もう一度測ってくださいと言ったのは
私がドキドキしていると見えたからだろう
白衣を見て血圧が上がる人がいるからね
しかし再度はかっても下が90 上が160とかだった。

上が100を超えたことがないほど低血圧だったのに
いったい何が起きたというのか

普通は、ここ痛いですか?押さえて見ますよ?とか
触るはずじゃないですか
一切なしに、はいCTだからね
レントゲンよりきついでしょ、これ

まあ、体調不良で行ったのに、この分厚い皮下脂肪、見てくださいと言われ
ちょっと安心したのか、少し楽になったのはあるけれど、結局本当にそれだけなのか
触診もしてないからわからない。


しばらく様子を見よう。

そして、いよいよ、見栄えが悪いだけじゃなく、健康被害の方が
これから多くなりそうだ。

8千歩かあ
この辺歩くところがないのよね
車道ばかりで

あああ、れんげ畑、の中を歩きたい。白いスニーカーは厳禁よ 緑に染まっちゃうからね

苗代にはもう苗が育っているのかしら

いよいよ追い詰められてきた。


こんな意味のない病院通いで一万円也

なにやってんだか

PageTop

夫だけが外に


夫が家族で一人だけ外に出ている

息子と娘は家にいる。
が、食事つくりは自分だ。

日曜日に、明日(月曜日)の遠くの歯学部に予約が入ってるけど
何となく嫌だなと感じてた。
先生も怖いんじゃないかな、お子さんが生まれたばかりで、持ち帰ることになったら
と思ってるんじゃないか
そして、自分もあの距離で治療されたら、もし先生が罹っていたら、
やられちゃう
そう思っていたところに、夜、携帯が鳴り
明日は出来なくなりました、と先生から

そうですよね、やっぱり

上から、もう 治療してはいけないとの指示が入ったので(のようなニュアンスだった)

そうですか、そうですよね
よかったです、この前あそこは終わったばかりでしたから

とりあえず、いったん5月の中旬に予約をさせていただいて
でも状況がどうなってるか誰にも分からないので
またご連絡する、で終わった。


先生も私も、もしかして潜伏期間かもしれない
この前の治療ですら、恐怖を感じたのは確か
今、不特定多数の人の治療をしているのは大丈夫でしょうかと
思っていたところ
それほど追い詰められるように、刻一刻と感染者が増えて行っていた時期
だから今さら遅いかも知れない

可能性はゼロではないだろうし
家族も分からない。

娘も自分で言っている。
あの電車に乗り、あの人数の会社で働き、
いつどうなるか分からないと


夫も外に行ってるし
どうなるか分からない。

誰にも分らない

PageTop

パーティーが全くなくなってしまったようだ


もう毎週ではなくなったが
たまにロッカーで隣だった人から電話がある。

でもね、たまに人の名前は忘れてしまったし
言われたことが理解できないこともあるの


でもまあほんのたまにだから少しお話するのだけど
あのにっくきパーティーが無くなったんだと


そりゃそうでしょう
今は開いている場合じゃない

あの重労働がないだけでほっとするでしょう
会社としては儲けが無くて大変だろうけど
あれ以上薄給になったらどうするのかしら
というと

私の後釜の人が、古狸に、パーティーが無いと急に収入が減ったから
今後どうしようと言ったそうな 次を探そうかとも

そりゃまだ大学生もいて、大変なのはわかるけどね
そこそこのバランスで働けるところなど皆無なんだね

その上、材料の仕入れ先の業者には、中国産のものが多くて
今後、どうするんだろうね、となった。
入って来ないか、国産のものにシフトして行かざるを得ない上に
そもそも今までの盛況が無くなったら…

身近なところにも大不況が見えて来る

消えた年金も今後どうなるやら 


PageTop

歯医者で糸切り歯を磨かれた

遠くの病院に こわごわ行っている。
治療している歯の口よりの隣が糸切り歯で、痛みがあったので訴えると、
この前、小さな虫歯は治療しています
神経が炎症を起こしているんだと思います、神経を取ります
って、麻酔を打たれて神経の治療に入ったわけ

要は、歯は死ぬってことだ。
神経を取られたら、もうそれは死だ。

でも仕方ない なんでだか炎症を起こしているのだから取るしかないわ
と口を開け続けた。

次回は3月末

非常事態宣言が出たら、開いていますか?と聞くのは忘れたけど
とりあえず痛みは治まりそうでほっとした。

ところが帰宅して鏡を見ると
あれ、糸切り歯の尖りがなくなってる。 削られていた。
平らになっていた。
たったそれだけで、人相が変わってしまった、と私は思うのだけど
分かってもらえる人はいるのだろうか

ニッと出た糸切り歯は下の歯であろうと、尖りが個性を発揮している

あああ、いつのまに

人間が小さいって?

乳首を削られたと訴えた、奈美悦子の気持ちが分かるんだよね



こうやって老女になっていくと、美醜より
治療の方が優先されることになっていくんだ。
がっくり

PageTop

喉も衰えたし頭も

最近、冷蔵庫を開けて、何を出そうとしたのか忘れたり
話している途中に、少しだけ脱線したら、何を途中まで話していたのか
忘れたり、ちょっと危ないのじゃないかと思うことあり

脳がスカスカになってきたのかしら

おまけにさっき書いたように
飲み込むのが苦手
その上、歯が弱いから、あまり細かくできないうちに、
喉の奥に送り込んでしまうから、ウッとなることがある

数日前、おでんの△コンニャクを食べていて
少し大きめなのに送り込んでしまったのだろう
飲み込めばいいのか、いや、それとも、もう一度口に送り返すべき
のビミョーな場所に行ってしまい
何だか息苦しいぞ
夫はテーブルの向かいにいる
TVはテーブルの端っこで音量高くがなっている
そこで一瞬しんとなったはずなのだけど、夫は気づかない

お茶を飲んで流そうか
いやどうしよう
段々恐怖で血の気が引くのが分かった。
と、奥から息をがっと吐いたら、ぐへっと音を立てて口から飛び出した。

何にも気づいていない夫に
はあはあ 怖かった、気をつけなきゃ
と言っただけだけど、たった一人だと怖いなと思った。

知り合いで、というか血縁のない親戚の話を思い出した。

お金持ちのおばさま(80代)は、お正月に子供たち、孫が来訪して
それはそれは賑やかなお正月を過ごしたらしい

なのにその数日後、こと切れていた話

台所の流しに顔をつっこんだままね

どうやら、ぜんざいを作って食べてる途中
おもちを喉に詰まらせたらしく、最後は苦しくてどうにかして
流しに行って、ああだこうだとやったのかやってないのか
それは知らないが、なんともあっけない亡くなり方だったときいて
豪邸にたった一人 誰かいてくれたらそんなことにはならなかっただろうに

と、狭いぼろマンションで、たった一人
流しにつかまったままこと切れる自分を想像して身震いして
気をつけようと思っていたのに
歯が弱いのと、無意識に早めに喉に送り込んでしまったことに
老化を感じたんだよね

娘は一人暮らしの時に二度ほど死にかけたというんだけど
どれも肉、だそうだ
肉をよく噛まないまま送り込んだんだよね
お肉のきょうだいが持ってきてくれるお肉で育った娘は
あまり噛まないでちぎれるお肉を覚えてしまったから
しわ皺の肉の扱いに慣れていなかったのだろう
ってことはないけど

とにかく、気をつけてよネ
お肉を喉に詰まらせたなんて、悲しい最後じゃないか

と言い聞かせていた私がこうだから

まあ、気をつけましょうね

PageTop

先週は歯医者

先週、遠くの歯医者に、予約だったから行った。

皆、緊張感があるというか 待合とか会計のあたりでも、人が
間隔をあけていた。

先生も大変だなと思いつつ、やる予定だった箇所ではなく
わがままを言って、下の前歯の目立ち始めた小さな小さな虫歯を
治療してもらった。
あとでバカだなと思ったのは、痛むかもしれないほうの歯を
3月中旬まで延ばしたってこと

どうなるだろう

今週はまた情勢が変わったからか、耳鼻科に行くと、
やはり皆 緊張状態?でマスクをしている
二週間分しかいつも薬を貰えないが、先生に、一か月分をいただけないか聞くと
察しがよろしくて、そのように処方してもらった。

怒涛の病院通い
翌日(昨日)は、皮膚科と泌尿器科を二か所
皮膚科は薬を出来るだけたくさん出してもらって、
泌尿器科は しばらく放置していた、膀胱炎かどうか
確認しておくための受診

なんと、今までで一番数値がいい。
医師も、大丈夫ですよ、とPC見ながら今までのと比べてる
漢方薬ももうとっくに無くなっていて、大丈夫かな、夜間に一回はトイレに起きるし
絶対に今までと同じように膀胱炎に違いないと思っていたから、びっくりした。

一応、漢方一か月分と、膀胱炎になったときのためのお守り代わりに
抗生剤をください、決して飲みませんから、と言ったら、苦笑しながら貰えた。

思ったのは、漢方を飲んでないから良くなったんじゃないか
だとしたら、これは飲まない方がいいのかな
いやいや、やっぱり体質改善に飲んだ方がいいのかな
やっぱりわからない

ずっと膀胱炎だったから、そうでない状態に慣れていない。
でも、よかった。 やっとかって

会計を終えて逃げるように出ようとすると、電話中の人とすれ違ったけど
聞こえたのは、「胃がんが見つかったってよ」

日常の中の非日常が常に発生するわ 人生

マスク姿だらけの中を帰宅したけど
家のストックなど、あと少しで尽きる事を知ってるから
気が浮かない。

娘もマスクをして気をつけているが
本人は運だという。
色んな線にぎゅうぎゅうで乗って来たひとたちが
一堂に会して、窓の開かないオフィスにいるのよって

でも、とにかく買わなきゃ
あとどれくらいだろうとみると、子供たちが幼い頃買ってた
給食当番で使うガーゼタイプのマスクのストックがあった。
そうだ、困ったらそれを使おう。洗えばいい

で、18時前、電話が鳴るので見ると、地元のきょうだい
何だよ、こんな時間に
と出たくないけど出ると、皆は元気かという問いと、こっちは大変なことになってると

何が?

どこに行ってもマスクが買えないって

ふーーん、で、そっちでは中国人でもいたの?(いないと知ってて聞いた)

いない

ばかたれ、ど田舎で何を皆は焦ってるんだ
と言いたかった)

こっちはいっぱいだよ
マスクも当然買えないよ

すると、お墓の話を始めた

またか、と イライラして 
こんな時間にそんな話をするんじゃない
と、切った。

一番忙しい時間帯にかけてきただけで腹立たしいのに
今、お墓の掃除がーー 墓じまいがーーーを聞いてる場合じゃないのだ。


しかし私、病院がまだ動いている間にと
まとめて行ったが、それが裏目に出ませんように



PageTop

バリウムの台から落ちる日も近いかも

今日は焦った。

あと少しで手すりから手が離れそうだった。

元々握力がとても弱く、ふきんもまともに絞れずだったが
最近はペットボトルの蓋も開けるのに苦労することもあって
私は今後どうなっちゃうの状態
信じがたいようだが、本当の話

そういえば去年も危なかったかもね
手すりを掴むのにやっとだったから


ちょうど、去年は、あの台からの転落事故があったと
ニュースだったか見たころで、だから自分も危ないな
いずれと思っていたわけ

台の上であおむけになったり、うつぶせになったりは素早い動きも出来るし
身体を斜めにすることもOK
ところが段々頭が下がってきて、足の方が高くなったことが
検査中二回はあったか

手すりがそれが太いのね それを握力の弱い人が握っているものだから
今にも手が外れそうで、あああ、もう数秒続いたら手が離れちゃう
私もニュースに載るかも

ああああーの一歩手前で体勢を変えられたので助かったけど
本当にやばかった。

体重も重いし、この細腕では自分を支えきれなくなってきてる

私の前も年配(私より)のご婦人ふたりくらい
平気そうなお顔で出て来られた。

ワタシだけ?

あれをいつまで耐えられるか

ちょっと怖いです。

そして、もう一つ怖かったのが
自分の空腹感

前夜から絶食しているし
朝は何も飲まず食わず 

お腹が空いて堪らなかった。
ひどい空腹感
デブを維持するには、夜食も必要だし
飲み物も必要なんだね


そう、たった一晩食べなかっただけで
あの飢餓感
今まではなかったことだ。

デブならではの悩みが沢山出て来たか

PageTop

本調子じゃないのでスポーツはまたお休みした

昨日耳鼻科でもらった薬を飲んでいても
なんだか胸のあたりが苦しい。

たまにげほっと咳が出る
洗い物をすれば、手にみしみし来る。
熱はないのに

水を触ると手にみしみし来る、といった感覚が分かる人がいるだろうか
男性医師はわかるのだろうか

あまりに不調が続くと、いつまでも卓球に行けないから
ここではっきりさせておかないとと、内科に行った。

やっぱりね、威圧的な人、その2に当たったようだ。

つまり何を言いたいのですか
ですから、どこがどうなんですか
聞いてるのはそんなことじゃなく、今までどうだったか、でしょう
のような言い方というか

熱が無いというのは本当に説得力がない。
37.3分で肺炎で入院したことがあるけれど(子供たちが幼い時)
年をとればとるほど?体が弱れば弱るほど、熱が出ないのだったっけ
きっとそれだわ、と行ったわけで

こんな不定愁訴ばかりの老女の入り口にある人には
結果を突き付けてやるのが一番、と思ったのかどうかは知らないが
レントゲンを撮って、その次は、呼気の調査 吸って吸って吸って
ハイ、思い切り吐いて~という機械だ。

どちらも異常なく、気道が細くなっているとかでもなく
肺炎でも気管支炎でもなく、が突き付けられた。

そんなはずが

絶対にこのだるさは、肺炎の一歩手前?
家族がいるので、通院にしてもらおう、入院はできないわ
子どもらが幼いころになった時は、通院ではだめだと言われたっけ
家族には、私こうだから、いたわって欲しいとばかり、ダイニングで
ぐったり座って、洗い物でおしてもらおうかなと思っていたのに
異常なし、か

さっきまで胸を押さえて、ぐったりしてたのに
急に元気になった。

おかしいな

その威圧的な先生曰く
きっとこの1か月?の間に、気管支に炎症があった時もあったんだと思います
だから、その名残が少しある、程度なんだと思います。

先生、日にち薬ってことですか

うなずく

ああ、晴れ晴れとして帰宅できた。

しかし検査結果が出るまで、座っていたら、隣の席のお婆さんが
私は肺がんの疑いがあるってことですか?と 看護師さんに聞いてたのが
耳に入ってぞっとした。
その返事が、ハイ、と言ってたから
ファイルを渡しながら、ですので、これからCTをとってもらいますね 場所は・・・・

こんなもの自分で聞いたら、周囲の景色が見えなくなっちゃうと思う
病院に居ると色々ある

しかし薬、
飲んでるものが耳鼻科4種類に、泌尿器科の漢方ときたら飲むだけで忙しい

お昼を食べても卓球は行く気が起きず、まだ運動は出来ないと思った。
昨日も書いたように、間違えて病院のベンチにいた日、皮膚科手術、抜糸、風邪と
4回も休むなんて 一回いくらだったっけ前払い

これも私の運命というか
なんだか生きづらい、身体の弱さなんだろうな

PageTop

36.3分では内科に行けない


まだまだ体調が悪くて、胸の奥というか気管支あたりが重く感じてた。
この前耳鼻科でもらったメジコンとムコダインは飲み切った。
熱を測っても平熱

自分としては少しだけ熱があると言えるのだけど(普段は35度台)
これでは内科に行っても失礼だろと
再び耳鼻科に行った。 週に一回通っているのだからついでだ。

先生に訴える。
まだこの辺が・・・・・・・・

前と同じお薬を出しておきます。
って、いつも通り、鼻から金属を入れて、空気を送り込み
耳から空気を抜く?作業で
今日は何度やっても抜けなかった。

風邪だからかな
と先生は言ったので
はあ、そうですね
と答えたかどうだったか

帰宅しても、貰ったお薬を飲んでおとなしくしていたけど
炊事の時に手にミシミシ冷たさが来る。 ぬるま湯を出してるのに

長引いている様子に娘や夫も内科に行ったらと言ってくれたが
平熱で行くのは難しい 聴診器も当ててくれないのに
料金を取られるのが悔しいのだろう、きっと

日にち薬だ、そうだ、と言い聞かせている。

しかし㈭の卓球、もう何度休んだだろう。
初回は間違って病院に長ーくいた時
次は切除
その次は抜糸
その次はあちらがお休み
そして明日も休む予定か

また行けないな、
とてもスポーツをする気分じゃない。
汗をかいたまま帰宅したり、その後、長く病院で待って居たりしたことで
ひどいばい菌にやられたのだろうから
人間無理は禁物

というか、本当に自分は弱っていないか?

そんなにハードで無いスポーツも無理
少し忙しい日が続いたら弱る
あの仕事も限界だった。

なんだか身体が弱ると気弱にもなるものだね。

PageTop

体調があまりよろしくない

胸元が重苦しくて、気道だろうか

タンの絡んだ咳が出るし、PL顆粒を飲み続けているが
まだよくならない。

この前具合がとても悪くなりかけの時に内科に行ったのに
その時の訴えは、検尿の数値に関しての問いだったから
とても言い出せなかった、具合が悪くなりそうだと

一緒に解決したらよかった。

で、今日は一回飛んだ耳鼻科
ずっと通ってるし、かかりつけのようなものだし
ここで薬をもらおうと行った。

胸元を押さえて先生、ここが重苦しいです、
という声もガラガラ

メジコンとムコダインをゲットしただけ
抗生剤などはない。

薬局で聞いたが、抗生剤は中耳炎とかだと出しますけど
その他はそうそう出しませんって

そうだよね、抗生剤はあんまり出ないよね。
唯一ゲットできるのが、泌尿器科だものね、最近の自分は

少しずつ掃除もしたいし、断捨離もしたいけど
これは体力が無いと出来ないことだ。

普段のご飯作りだけでやっとの日々だ。

あっという間に荒れて来る
継続的に家を回して行かないと、そうなる。

私がいなくなると家が荒れ果てるだろうことに
家族の誰かが気づくのは、事後だろうねぇ

PageTop

外に出るとお金を使う

耳鼻科に行こうと思ったけど、その気になれず
そうだ、少しでも用事を済ませておこうと、髪のカットに行った。

超安いところね
何だか人の入れ替わりが激しいところなんだけど
今日はまた新しいおばさん、いやお婆さん?ぽい人に当たった。
なんだか場末感漂うな~ あまりガラのいいところじゃないし、まあ
こんなものかなと諦め、今度こそ、髪を伸ばしていますと訴えた。

週刊誌を手に、日本人の死因のグラフに見入ったり
くも膜下出血の痛みが壮絶な痛みで痛みの中では№1であるとか、
心筋梗塞の場合も、杭を打ち込まれるようなその痛みの激しさから
死の恐怖を覚えるとかなんとか
経験しないとわかんないだろうに、とか思いながらふと鏡を見ると
うあ
古い
懐かしい
なんだか80年代初頭の田舎の女子高校生のような髪形

まあね
激安カットに来たのは自分なんだから仕方ないのだけど
さすがにセンスの無さすぎなおばちゃんにカットされてへこんだ。

でもね、予約を入れて、行けば良い香りがする店内で
優雅にガウンを着せられ、渡される本が、持つとくそ重いミセスだったり
小刻みにカットされて、時間がとてもかかるところに行ったこともあるけれど
どうしても性に合わなかった。

お金も続かなかったのもあるけど

憂鬱に店を出て、そうだ、ショッピングセンターに行こう。店内を歩こう
毎日そうすれば運動になるんじゃないの、と思い立ったが、
ディスプレイされていたので、目に付いた赤、緑、白の星形のお皿をお買い上げ
あ、そうだ、カレンダーのついた雑誌を買わねば、サンキュ、お買いあげ
猫のカレンダー(小)を二冊お買い上げ(一冊はお肉のきょうだいに送る)
あ、雑記ノートも補充するんだった。
デンターシステマ歯ブラシも替えを・・・・

やっぱりね
外に出ると何かと大変だった。

家に居るのが一番
今日の無駄使いはお皿、だな

で、帰宅すると何やらまた調子が悪い。

急に病がよくなるわけないのだから
なんとなく元気になったからとホイホイ出かけちゃって
反省中

PageTop

抜糸

今日は抜糸


昨日の夜は咳が続き、迷惑だから、ふすまは半分開いているけれど
居間に移動し、こたつで寝た。

これはもしや・・・・・インフルエンザか
明日は内科にも行ってみなきゃならないか
でも、熱は36.7分 普段35度台の自分にとっては十分熱っぽいのだが
一応ここ数日の倦怠感はインフルのなりかけだったのかも、と
思いながら朝を迎えた。

ところが少し良くなったのね。一番効いたのがアズノールのうがい液
咳で寝れないときにうがいしたら減ったもの 咳が
インフルエンザには二回かかったことがあるから、そうだ、やっぱり違う
風邪だ。インフルは風邪じゃない、あれは伝染病だ。
トイレから出た瞬間に、意識を失って倒れたこともあるもの

初めて送迎バスが出ているところを調べて乗った。
とても自転車に乗れないと思ったから
意外に小さいマイクロバスにぎゅうぎゅう

無事抜糸できて、もう今日から当て物が要らないのでラッキー
帰りのマイクロバスの時間まで居るのは長すぎたので、電車で帰ることになってしまった
けれど、久々に歩くのも悪くないなと思った。

ちょうど、内科に行った翌日に検診結果が届いて
去年はメタボ予備軍と書かれていたのに、今回は立派なメタボです、と書かれていた。
心電図は毎回要観察だし、胸部レントゲンはここ数年は異常なしではなく、正常範囲内での所見あり

完全に安心ってことはもう無いんだな

高LDLコレステロール
高血圧、高中性脂肪、肥満

ああ、肥満から生まれる疾患は多いから
本当に健康のために頑張るしかないのだろう。


PageTop

声がガラガラ、のどが痛い

しゃがれ声のまま

子が出かけるとき、なんて声だ、とぽつり

昨日、思い切って内科に行った。
近所の病院(皮膚科と泌尿器科もそこ)の内科だけは
敷居が高いのは、医師との相性の問題だった。

こちらは体調が悪くて行ってるわけだから
不安もあるし、ああだこうだと説明もしたいし、
聞いて欲しいところもある。
なのに話の腰を折る、聴診器すら当てない、喉も見ない。
診察室なのに、問診だけ

数多く内科の医師はいるが、曜日によって違うし、どこに回されるかは
受付の問診表の記入で違って来るのだろう。

昨日の医師は最高だった。
しっかり聞いてくれた。

私の不安は、この前の検尿で、この数値が4+だったこと 今まで集団検診で肝疾患の疑いありと
書かれ続けているが、特にすぐ病院に行ってくれとの指示もないこと
身体がだるいこと 倦怠感が強いというか

この問いに関しては、結局倦怠感については解決しなかった。
が、その他は解決した。
この医師いわく、今日出来ることは、血液検査である程度まではわかるし
尿検査でもわかるから、しましょう。

再び尿検査と血液検査の結果 この前の数値がまた何もないことになっていた。

一時的なものでしょう、と先生

便秘してませんでした?

いえ、お通じはよろしいです。
このお腹が(と叩いてみせる)何か繰り返す膀胱炎とかに
少しは影響しているかもしれません。
というと
普通は鼻で笑われるところ、この医師はうなずいたのだ。
可能性はゼロではないことも言ったかな

今回見るべきところの数値は異常なしってことだけど
地域の集団検診の結果がいつでしたっけ、
もう届きますか

もうそろそろ来る頃かと

その時の特記事項でまた問題があれば
肝臓専門の先生に診てもらってください。
もし脂肪肝とかだとしたら、10年後とかに・・・・・・

肝硬変?

そう、です。
受付でその旨おっしゃったら回してくれますよ

はあ、必ず行ってみます。

なんとさわやかで人の意見に耳を傾け
事の経緯を説明する際、今 月に一回この病院に通っていること。
なぜ数値の違いに気づいたかのところで
あんまり膀胱炎が続くので、検尿検査表をこの際、コレクションしてやろうかと、のくだりで
コレクション・・・・ぷ
のような反応のある先生だった。


娘にもいつか火曜に有休をとって行きなさいよ、と夜 言った。

季節の変わり目に喘息のような発作に襲われるから(空気の悪い場所に家があるから)
以前、他の病院だが呼吸器内科に行ったら、出ると思うから咳が出るんですと言われたと
怒ってたからね、

で、帰宅して、血液検査の結果を見ていたら、
白血球のところがHだった。(high)

そっかー私は今ばい菌と闘ってるのか
またこの先生も、肝臓関係ばかり見てて、ここには気づかなかったか

ひどい鼻水とのどの痛みとだるさに耐え
鬼奴クラスの発声で、PL顆粒を飲んでおとなしくしている。

つくづく医師との相性って大事だなと思った。

ちゃんと話を聞いてくれて、疑問点をまとめてくれて
今後どのようにしたらいい、までくれる。

とりあえず明日は抜糸で遠くに行く

PageTop

だるいのはなんでだろうね

肝機能障害の数値が高かったからだろうか

気になって、土曜日に近所の総合病院(月に一回の皮膚科も、
泌尿器科も行ってるところ)の内科に、尿検査表を持参して
見てもらおうと、出て行ったら
予約以外の方は11時まででした、受付、と言われ
11時15分に行った自分はすごすごと帰ったというわけ
しかしだるいにしても、いつも体調が悪いから、どれだけ自分が
体調が悪いのかわからなくなってきていて、
これくらいで来週行って、顰蹙を買わないかなと、思ってみたり


どうしたものか

しかしこの不調 
快晴の日に

膀胱炎だし、朝起きたら、身体が重いし、傷口がまだ治っていなくて
ケーパインのパッドをはがすと一か所のほうに血がにじんでいる。

やっぱり便座に座ったりしたとき、などにお尻が当たるものね
そこがまだだ。


どこにも行く気もせず、いや、行きたかったところがあるのだけど
朝9時過ぎには30分の行列とか、やっぱりこの体の状態だと
気分まで落ち込んで、乗らないものだ。


加齢のたびに、身体が少しずつ弱っていくようだから

PageTop

皮下に麻酔してあっという間

病院に予定の時間に行っても、大盛況で、待ち時間90分遅れとか
掲示板に出て、これはダメだ。
と、出かけている息子に外で食べて来るようにメールした。

いいよ、お昼に帰ってから、家で何か作ると殊勝に言ってきたが
とにかく私も外食するつもりだからと再三言うと
やっと受け入れた。

病院は先週も行ったし今週も、
そして来週は抜糸とかで、三週連続とか、自分でも嫌になる。

麻酔の針を二か所刺されたときの方が痛くて、
うつぶせに寝ていたので、何をされているのか分からず
担当医ではなく、手術専門の女医さんだったのかな
あっという間に二つ切除?したようだ。

注意事項を書いた紙を渡されたり
痛み止めを処方されて ついでに胃薬もくっついてきて(要らなかったのに)
麺類定食などを食べて帰宅出来たのが、15時を回っていた。

やっぱり支払いは一万円弱はかかったか。
おまけにガーゼとかテープとかは自分で買わねばならないし
出費は続く。

この一週間のケアが面倒だな
見えないところだから、鏡を使って頑張るしかない。

しかしバカだった
今日も自転車で行ってしまった。20分くらいかかる場所だからね。
注意事項として、自転車には乗らないでくださいって
えー来ちゃったよ
仕方なく、帰宅時は、右尻が当たらないようにと
奇妙な体勢のまま自転車をこぐ変なおばさんになってしまった。

明日は耳鼻科に行かなきゃ

何だか毎日病院に行ってるよね


医療費に潰されてしまうじゃないの
ニートもいるし
本来なら(子供たちが自立していたら)ここまでの家事労働ではないだろうし
お金もかなり違うだろうに
そして、体力の問題もある。

布団を4人分干した時の負担感が増した。
これは、自分の体力が落ちたということだ。

いつかできなくなる時が来るだろうし
それは誰しもだろうけど、
我が家の場合はいつまで、子育てピーク時のように
せねばならないのだろうかと不安

とっくにピークが過ぎ、下り坂も下り坂なのだ。

病気ばかり

PageTop