FC2ブログ

どんぶり勘定の50代主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

昨日は一人で対処した仕事

10名以内だし、その場でやるパーティーなので
自分一人がやった。
セッティングは慣れたもの メニューもパターンが読めてきた。
現金だったので、領収証を書いたし、お釣りの缶から出して
お金もきちんとした。
これくらいの人数だったら一人で出来るわ
今日はお行儀の良い人たち

さあ、全部洗ってお金のこともした。
夜9時までかかったけど、あとは下の厨房にゴミと生ごみをリフトで降ろし
冷蔵庫に生ごみの入ったビニール袋を置き、ビール瓶などはここに置き
売上金はここに・・・
などとやって、さあ上に上がろう、最後の仕上げをしなきゃ
と、開けてもらってたドアを外から閉めようと鍵を刺そうとするが、回らない
あれ、これはあっちの鍵 こっちはあそこの鍵
間違ってないよね、これだよね
と何度もやってもダメ
ドアの前で21時を過ぎた廊下でガチャガチャやり続けている女一人
どんどん時間が過ぎて行く

ええい、もうここは中の鍵を回して閉めて
外に出られるドアがもう一つあるから(鉄人とそこから出入りしていた場所)
あっちに行こう。

一つ一つ電気を消していく  どこにスイッチがあるかうろ覚え
間違えて今いるところが真っ暗になる、たった一人の広い厨房
ぎゃー

手探りでまた電気をつけ、防火扉を一つずつ閉めながらずりずり後退する
また一つ閉め、電気を消しながら最後に外へ出られた時にはほっとした。
そこは出たら自動で鍵が閉まるようになっている

ああ怖い

かなり時間のロスをしたものだ。

そうして今日、午後から行った時に、その時の様子を話すと
栄養士さんが、あそこは外からは閉められないんですよ
出るときは、○○さんが出れたあそこだけ。
だからカギが入るわけないんです


早く言ってくれ・・・・


誰もいない厨房を電気を消しながら行くのは本当に怖いから
早く立ち去りたかったんだから、まじ

スポンサーサイト

PageTop

本当にひどい労働だった

離れたところで大パーティーがあった。
今働いている飲食会社の入っている企業、の一部署の
若者主催の忘年会というかクリスマスパーティーか

私は夕方から行ったが、鉄人は午後二時からずっと仕事
行くと場が騒然としていたのは、その日のお昼がとても忙しかったようなのだ。

前の人たちが忙しかったら、その片付けもあり、仕事が滞って追われることになる
のは何度か経験している。余波というのがあるから
そんな状態で、大パーティーの準備で、いつも3時か4時には帰る調理師さんも残っているし
栄養士さんたちもセッティングに向かってる
下の厨房ではいつもは残っていないおじさんもまだ料理を作っていた。
皆が忙しかった。

台車で運ぶビールもケースで何度も運ぶし
お料理も何度も往復した。ゴロゴロと台車やワゴンで次々とね

パーティーは大盛り上がりだ、若人たちが扮装して楽しそう
つい家にこもっている息子をいつもながら思う
ここにいる人たちは、男女とも勝ち組中の勝ち組なのだから
息子のような底辺と比べても仕方ないが、彼がこういう場に生涯ご縁が無いと思うと
可哀想で仕方がない。
しかし、互いに知らないだけで同じ大学だった人もいる可能性はあるだろう
天と地ほど違う境遇
そんなことを思いながらお運びをした。

それにしても料理が多いや
この時点で残ったのは三人(マネと鉄人と私)
皆は早めに家にご帰還だ。

もうその辺でヨレヨレしてきてたのに、下の厨房の洗い物をしておいてくれ
とマネに言われ
え?下のも洗わなきゃならないのか、と
鉄人と、巨大フライパンや鍋を洗っていると
今度はそれは置いといて、電話があったから、この料理を運んで
次にはこれを持って行って

次から次へと仕事がある。振り回されてる


やっとまかないのうどんにありついてたら
それを食べたら下に降りて
と言われていた二人
電話があってもしばらく降りれなかったのは
暇を見つけた鉄人がトイレに行ってくるわというので、私も次に行ったのね

するとマネが上がって来て
早く降りろと言ったのに何してるんだ
早くと言ったら早くだ
のようなセリフだったか、凄い剣幕で怒られ
大慌てで二人下に降りたが、二人で目線を合わせながら
こわ・・・・・凄い剣幕・・・と肩をすくめたり

マネはあんなに声を荒げたことあります?
と後で聞くと、鉄人は初めてだという

その後もう一度声を荒げたので、相当大変な仕事だったのだろう
急いでいるのに急がない二人のおばさんに腹を立てたのか

しかしよく考えて欲しい。
準備段階であれほどこき使っているうえ、下の厨房の洗い物までさせられて
重いものは何度も運んで、それでも素早く動けというのか
若人じゃない、我々は 60代70代の人だよ?

80名ほどのパーティーだから、おばさん二人に片付けさせるのも、
この前のこと(私が倒れ、鉄人に残らないからねと言われたこと)があるから
残らなくてはと思ってくれたのだろう
我々でも2往復して引いてきて、残りは全部俺が引いてくるからと言ったマネ

だけど、ワゴンに引いたものは置きっぱなし 
引き方がまず気に入らないのは
油物も汚れの少ないものも全部一緒くたで、あとで洗うのが余計大変になるから
有難迷惑なところがある。
前からそれは思っていたけど、今回もそうだ。味噌糞一緒な感じ
おまけにテーブルクロスもぐちゃぐちゃに丸めて運んで来た。

あーあ

で、運んできたら、もう俺良いかな?
というので、夜9時は過ぎていたので、はいお疲れさまでした~というと帰っていったが、
それ以降が大変すぎて後悔した。

80名の残飯をまとめると、引きずるしかないほど重く
銀の入った大皿は何枚も強烈な重さで、それを洗うのも一苦労
そうやって必死で片付けても23時近くになった。

見回りの守衛さんがやって来て、遅いですねと言いに来たけど
まだテーブルクロスを拭いていないので、23時は回りそうですと
苦笑

とても疲れて早く帰りたかったが、終わらないのだから帰れない。
しかし鉄人など、14時からずっと働いている
すごすぎる

こんな生活いつまで・・・・・
休んだことありますか?と問うと
ないという。

まあそれはだめですよ
便利に使われちゃう
ここまで重労働を一人で請け負って・・・・・ここは三人以上いないとさばけない
一人で二人分働くから、この企業が得をしすぎてる
この人の代わりは私は絶対に出来ない。
心身共に壊れてしまう。
黙々と働く姿を尊敬してきたが、あまりにも犠牲心が凄くて
しまいにはバカじゃないのとあきれてきた。

最後のテーブルクロスを拭き、畳んで、
下の厨房に引きずることがやっとの生ごみなどを下ろして
びんや大量の缶も処理して、さあやっと帰れることになったのが
23時過ぎ
こんなことは初めてだという鉄人
新記録
しかし来年早々 もっと大規模なパーティーがある
その前に年末にもある

お昼の人のように、途中仕事を残しても時間が来たらさっと帰れるのが
羨ましくなってきた。
14時から休憩なしで22時とか23時とか、気違いじみてる

特に今は精密検査前の気分がすぐれないときだから余計に
腹立たしかった。 今後の事に自信がなくなってきた。
こんな重労働を一人で頑張るなよ、鉄人
先例を作るなよ、とも思ったし

案の定、帰宅したら
超機嫌が悪かった夫
メールで要精検が来たとは言ってたからね

そして、㈯
はっと気づくと午後一時半だった。
疲れていたんだろう

PageTop

仕事とは関係ないところで悩むとは


以前、出入り口の保安の若い人たち(男女)に嫌われててつらいと書いたことがある。

以前、帰る時に、ノートに書く時間や名前など
紐で結ばれているボールペンじゃなく、ペン立てにあるボールペンを使って
放置していました、それもノートの上に
と、まずは男性に注意されて

はあ?
そうでしたか、また気づいたことがあれば何でもおっしゃって下さいね!
と笑顔で(心で泣いて)(何こまけーこと言ってんだよ、とはおくびにも出さず)
その後は監視されながらノートに書く羽目になり、結果、どうやら私は改善されたようなので
言われなくなり、要注意人物からは外れたのか、とほっとしていたし
ロッカーで夜遅く会って、端っこと端っこで大変ですね、なんて初めて女性とは話したから
翌日など、前を歩くときのあちらの雰囲気が柔らかく感じて
ああよかった、と思っていた。

が、鍵を帰る時に返すのだけど
大勢がピッとさせながら帰宅していく中、じゃらりと鍵の束を返すために
窓口の前に立ち、お疲れ様です~お願いします~
とペコペコしながら鍵を渡すと、むんずと掴んで後ろにじゃらっと置くのね、その女性
そして、その前で緊張しながら出る時間を記入するわけよ
もう息継ぎもできないくらい
その後逃げるように、お先に失礼しま~すともいうか

水曜の18時頃、同じパートの人(場所が違う)とロッカーで会ったので
一緒にそこに行った。

まず私から、お疲れ様です~お願いしま~す
とじゃらっと置くと、またむんずと掴んで後ろに置いた

まただ、胃の痛いこと
名前を書く間もピリピリしている?

ところが、見た。
私の30秒後に、パートの人が私の目の前で鍵を返したら
その女が、媚びた声で、お預かりしま~すとむんず、ではなく
優しくカギを持ち、後ろのかごに入れたのを

お預かりしま~す????

この半年、一度たりとてその女に言われていない私

PageTop

ほんと、夜遊びをしたいものだ

年に数回もないわけだから、行きたかった飲み会

それもベストメンバーで

どんな親友が居るかと思うでしょうが

ただの男子3人、女子一人 の、なーんだ、男となの?

と嫌われるタイプだ。


本調子でないから、足が重いし、鼻声のまま

今回長引いているわー  要注意ではあるね

まかないの、鶏のから揚げ(業務用のふわふわの)を食べたら

油が悪いのか、鶏が悪いのか、胸やけがして、鉄人に訴えたら、

あら、私はなんともないわよ?と涼しい顔

やはり体調に左右されるものなのか

それにしても、人の飲んで食べてる姿を見ながら、今日の飲み会を思い

ますます惨めになった。

年に数回もない、楽しい会話の応酬の飲み会、そう、オアシスみたいな一日がないと

何かが枯渇していく気がするね

PageTop

木曜に体調を崩して月火と休んだから

かれこれ一週間足踏みしていたけど
休んだのは月火だけ

仕事に穴をあけたわけじゃない

代わりに鉄人が行ったのだから
迷惑をかけたわけじゃない。

から、謝らない。ペコペコしない、気持ちになったのは

お昼の人たちとあいさつを交わしたら、一応体調を聞いてくれた。
おじさん調理師も聞いてくれた。

下から上の人が上がって来たが、鉄人から自分のせいで
私が倒れたかのような言い方をされたのか、機嫌が悪いというか
冷たい空気をまとって上がって来た。
当然、大丈夫ですか、とも聞かなかったので
ここで下っ端のおばさんパートの癖に、心が固まった。

謝らない、と

だから、いつも通りにしていたら、むかっ腹が立ったのか
物言いがきつい。
そして、今大食堂の仕事のある時間帯に人が足りなくて
鉄人の勤務の日には、私がそこに行き、私の勤務の日には鉄人がそこに行って欲しい
と話し出した。
病み上がりの私にそれを言うか・・・・・というか、なぜ週に三日しか行けないか
考えて欲しい。
午前も働いて、夜、パーティーがあったらどうするのだ。

返事を渋っていたら、ほかの用事で人に呼ばれて行った上の人
ほっとした。

欠員補充をしないで内部でごまかして
こき使われるのはもう御免

なんて思うのは甘いよね
お金ももうけは厳しいものだよ、と言い聞かせても
今日は特に腹立たしかった。
体調もまだ万全でなかったのもあるけれど
セッティング君から急に明日の飲み会の打診ショートメールが入っていて
出張の君が来るから、明日18時にどこどこはどう?
ほぼ9か月ぶりのゴールデンカルテットによる飲み会開催だと?


ああああ
明日は仕事で夜パーティーがあるの

泣く泣く断った。

そして腹立たしかった。
週に四日パーティーがあったとして、その合間を縫って
年に一、二回しかこちらにやって来ない人に対応できるのだろうか

年もとったから、それを逃したら次生きて会えるかどうかわからなじゃない(オーバーな)

などと、飲み会と、体よく使われている底辺パート仕事を天秤にかけたら
飲み会を選んじゃう いや、選びたい
のに、休めない、二人しかいない、代わりが居ないのが悲しくて
余計、謝らなかったのだろう。

だって、穴をあけたわけじゃないもの

と糞生意気なおばさんだと、今日は自分でも思ったわ。

かくして、明日は、夕方から仕事に行くが、人が飲んでる姿を見て、片付けるのか
楽しい会話のあるお酒の席と真反対の世界だな

PageTop

休んだ

とうとう休んだ。
休み明けなのに、しょっぱなからね

台所で水を触ると(厳密に言うと、ぬるま湯だけど)手にミシミシ来て
とてもじゃないが、仕事で冷たい水を使ったり、重いものを持ったりは無理
こんな状態では外に出るのもつらい、と
鉄人に替わってもらった。

アータ、大丈夫?
いつでも言ってくれていいからね
そう鉄人が電話で言ってくれたので甘えた。
しかしどうだったろうか、今日は電話していない。

昨晩、ダイニングで、娘が私の手をとり
こんなに色が黒かったっけ?もともと黒いけど、とマジマジ見る
そう言われてみれば、くすんでいた。
いつもより黒く見えたのは確かだ。
体調が手の甲にも出るのか


それが今日は一転して、
いつもの色になっていて、娘も今日はフツー、という
日にち薬というけれど、それを一日で実感した。

とても火曜日も行けない、二日連続で鉄人に頼もうかと、昨日は思っていたけれど
パーティーの無い普通の勤務ならば、行けるかもと思いだした。

この年になって、長年専業だったのに、急にきつい仕事を始めて
無理してたんだろうな 
とうとうやられたか、だわ

ひどい吹き出物とか(人生初の)、身体がシグナルを送っていたんだよ

また何かあると、考え直さねばならないかも


しかし参った。
何年かぶりで生協の注文をし忘れた。
それほど体調が悪かったのだと思われる

大変困るのね、あれだけ買っても食べつくす家にとっては

でも、これをチャンスと考え、節約モードで過ごそうか

PageTop

パート先から電話してくれた

金曜日の夕方に、鉄人から電話があった。
最後の仕上げのあたりで、時間的に一人になった時間だ

あなた、その後大丈夫?って
体調の伺いと、上の人が来たので言ってやったわと

私は体調は悪いです~。
耳鼻科の日だったので、訴えて
クスリを貰いました。とガラガラ声で鼻をグスグスしてたら

言ってやったわよ
あーた、あの量を二人で出来ないわよ
○○さんが体力の限界ってずーーっと言ってたわよって

(おいおい、私が言ったことにしたのか)

とにかく、次からは自分が残るって言ってくれたから


はあ


でも、彼らも朝暗いうちから来てるのに、夜のパーティーまで働かされて
そりゃ、パートに任せて帰りたいだろうに
ブラックですよねー


今まで確かにこっちも気を使っていた

長時間働いている人だから

だから鉄人は私たちが頑張ろうと言ってた


当初、そう言ってた

のに、今回は堪忍袋の緒が切れた感じだね


私としては楽で綺麗なところに行きたい、けど
無理だろうな

この前パーティーが週に四日あったとき
お風呂場で鏡をふと見ると 唇が血で赤い 
ギャー何が起きたの
何かが切れた?とよーく見ると、歯の根元周辺の歯茎からたらたらと出血中
一番弱くて、もう終わりかもと言ってる歯だから、人間弱いところがやられるんだね

しばらくして止まったが、あんなことは初めてだったし
その前は、小鼻の中が痛くて、どうしちゃったのだろうと思っていたら
どんどん内部で吹き出物になっているようで、痛くて堪らなかった。
それはいよいよ膨らみ、今にも外ではじけそうになり、最後には膿が噴出
そんなひどい顔のまま、仕事をしたことが最近ある。
治るのに半月以上かかり、今でもその箇所は赤みが残っている

そんなひどい吹き出物が出来たのは初めてだったから
疲れを溜めているんだろうとは思ってた。


最初は膀胱炎を繰り返し
そして吹き出物など
今度は風邪

次は何になるだろう



PageTop

鉄人も音を上げた仕事のハードさ

先週の私は、バリウムも飲まなきゃならないし、マンモグラフィーの日もあるのに
週に四日もパーティーという、異様な忙しさで
パーティーの日は、当然ご飯はお昼までに夕ご飯を作って行かねばならず
本当に慌ただしく余裕がなかった。

それも、ほら、何品も作るから、大変すぎるのです。

そこへどうやら風邪を引いたようで
仕事場では、ブラウス一枚にエプロンを着けてて、下はズボン
そのブラウスってのが、袖が五分袖? 水仕事をするからちょうどいいのだけど
とても外では着れないほど薄着

だけど、動き回るから汗をびっしょりかくため、寒さを感じることはなかった。
ところが最近、移動した時にひやっとしたかな
そんなこんなで風邪をひいて、数日熱はないけど、鼻水とのどの痛みとだるさがあった。
今は咳も出始めた。

それをだましだまし、今週は前半三日は自分の行く日だから、どうにかこなして
後半の鉄人につなげよう。 水曜日の夜のパーティーは一緒にするから
そこまでは頑張ろうって思ってたのね

普段でも一分たりとも休む時が無く、ぶっ続けで14時から18時を過ぎるまで仕事で
くたくたになる場所だ。
以前ヘルプで行ったところ(場所が違うカフェ形態のところ)は、真夏なのに、汗をかかず、
ブラウスを明日も着れる、こっちは一日でびっしょりなのに
重いものも持たなかったから腰も痛くない、汚いものにも触らず、疲れないから
これなら週に五日できる、と確信して
同じ会社なのの、ここまで労働が違うとか、同じ時給で働くのが馬鹿らしいと思えるくらい、
外からみると憧れを感じてる

で、今担当しているところは、くたくたになったあとに休みなくパーティーに移行するから
疲れ方が半端ないわけね。
料理は当然作らないけど、、セッティング、お運び、回収、途中呼ばれてビールを持って行ったり
最後は請求書、領収書を書いたり、膨大な洗い物、食器を戻す作業、ゴミの処理
ビニールクロスをマジックリンで拭いて、また拭いて、空ぶきして、元に戻す作業
とにかくやることがありすぎる
(ぶっ続けで7時間から8時間ってことになる)

なのに、水曜は二か所でパーティーがあって、一つは違う建物
そこに電話で呼ばれれば、ビールの追加をワゴンで運ぶ
無ければ、ケースを探しに離れた厨房に移動する

一方こちらでもビールの追加など、ああだこうだと
用事はある

今回はグダグダしてたのもある
遠くの会場に清算に行くと、現金を出され、釣銭を入れた容器を
取りに戻る
ついでにビール瓶を回収して向かう
何度も往復する

そうやって、時間差で二つのパーティーが終わった時は
残された片付けものを見て、二人で呆然

いや、今までパーティーがダブルであるから二人が呼ばれてて
こなしてきたのだけど、今回は用事が多すぎた。
また、体調が悪く、うまく動けないのもあったのだろうけど
鉄人に、もう限界ですぅ~、と言った。

もう、限界、カフェ形態のところに行きたい、綺麗で楽で
あそこに行くんだ。あれなら週に五日でも行ける、私は行く!
などと、重いものを持ちながら鉄人に向けて繰り返していると
いつもならどんなことでも平気で楽々こなす鉄人がキレた。

ほんと、冗談じゃない
この仕事量を二人に任せて帰るなんて
誰か社員を残してもらわないと
今度言ってやる
あんなことされたら、もう残りませんよって
人を残してくれないんだったら、辞めますって言ってもいい


ほえー

勤続20年の鉄人 今ココにいる社員の人より長く勤め
色んな事を知りつくした人の反乱は怖いだろうよ

ここ半年で初めて仕事内容に文句を言ったのを聞いた。

鉄人さえ怒らせたのだから、どれほど過酷だったかだ。

たった二人で、最後の最後まで綺麗にして帰るのは
重労働すぎる


カフェ形態のところに行きたいって言ってもいかせてくれるものですか、と鉄人
半年かけて、午後からの仕事をできるようにしてパーティー要員に育て上げたのに
そうやすやすと・・・・・
一から鍛えるのは大変

分かります
だけどつらい


そんな会話をして別れたけど
今日は熱っぽいまま、咳が出る体調をどうにかしないとと思っている
疲れを溜めているときに風邪をひくと、肺炎に移行することが多かったので
要注意だ。



PageTop

足が棒のよう

勤労感謝の日に、紅葉狩りに娘と行った。

おそらく10kmどころか、15kmは歩いたか
階段もあったので、まだ足が痛い。

とにかく、一番混む日に行ってしまったのだけど
来年は見れないかもしれないしね

出かけることが少なかったのに、娘が連れ出してくれるので
最近は割と外出している。

今度はどこ行きたい?

考えとく

そう言ったが
これも娘が嫁に行ってないから。

でもね、近くにお嫁にいってくれて、孫、それも女の子を連れて
どこかに行けるのがもっといいのだけど

今すぐ仕込んでも32に出産だものね

影も形もないわけだ、孫

ああ、三世代のお出かけは夢のまた夢か


しかし、紅葉は日本人を狂わせるのだろか
桜もだけど
浮かれてそぞろ歩く姿が何とも平和で良かったわ

浮かれて歩くことって大事
景気の良い姿だもの

そうやって調子にのって歩いたら
翌日どころか数日経っても足が痛い。

でも体に変化がある

ちょっとママ引き締まったんじゃないの
お腹は相変わらずだけど、全体にしまってきた。

知ってる、鎖骨が見えて来たもの
ずうっと隠れてたの 脂肪に
(昔は水が溜まったのに)

仕事先のお昼の人にも言われた。
少し細く成りましたね

ほほ、そう?


そりゃそうでしょう
パーティーの時は10kmは歩いている
重いものは持つし

ずっとハードに仕事をしているのに
変わらない、と嘆いていたけど
ここにきて、筋肉をため込んでいたとかで、代謝がよくなったのか
一気に来そうだ、痩せへの波が

ホホホ

といってもまだ62kgです
今後の追い上げに期待


昨日は一人で13名のパーティーの準備、片付けをやった。

最後のゴミの始末まで入れると、緊張して、疲れ切った。

帰宅して、何かを忘れた気がして、しばし考えていたら
パーティーのあった小部屋に忘れた気がして

今日、午前に電話してみると、やはり探しまくったらしい、
やってしまった。まだまだ完璧にとは行かないようだ

最近よそよそしい調理師さんと二人
おじさんが帰ると自分一人

夕方から鉄人が来ると、ほっとした。

相変わらず過酷な作業であるが

木も金もパーティーとなると、この二人(特に鉄人)が居ないと、
誰も出来る人がいないわけだから、危うい均衡の上に立ってる企業ってわけだ。


前も書いたが、こうやって底辺を支えている人たちがいるんだねとしみじみ

そして、今日も足が棒のようだ

PageTop

気分が上がったり下がったり

ここ数回、数時間ダブる60代調理師さんがよそよそしい。

いつも陽気に挨拶もしてくれたし、仕事も三々五々やっているのだけど
洗い物はこちらだから、昭和の話題などをして楽しくしていた。

やっぱり人間関係がよいと働けるなーと自己満足していたら、
調子に乗りすぎたのだろうか、大食堂の若い男子が遊びにきたとき
以前一緒に盛り付けをしたから、つい気やすく話しかけてしまったのが
だめだったのだろうか、その調理師さんのお客さんだったのだから

口を挟む、話題を持っていくなどはしたかもしれないな
無意識に
ずっと良好だったのに、殆ど話をしない。

腱鞘炎と膝の痛みがひどいって言ってたものな
それで機嫌が悪いのかな
そう思ってるしかない。

案外こっちの思い過ごしかもしれないもの

それは入り口のボールペン女に対して
気分が上がったから
それは後程書くとして

今日は一人でパーティーだった。
要は皿とかお箸とかコップやトングなどを用意する
ピッチャーとか色々ね
10名くらいなら出来るとみられたのだろうけど
14時からいつもの仕事をしながら、準備となると、一分も休みがない。
息つく暇がない。
普段の仕事だって、ぎりぎりの人しかいないのだから

お金の計算、戸締り、に加えてパーティーの後片付け
最後のゴミ捨ては、遠くの調理場の冷蔵庫に入れに行くし、
機器の毎回の管理(温度やら、湿度の記入)とか、ルーティンがあるうえに
それだから、相当な負担だ。

人使いが荒いよな・・と独り言を言いながら、なんとか洗い物も終えて
来週はまた一日パーティーが増えるからと言われたことを思い出してぞっとした。
四日間パーティーだ。それも月火は私の出る日だから、14時から終わりまで何時になるだろう。
鉄人は夕方からだもの

お昼の人で、私と同じくらいに入った人が、今日笑って言ってた。
5キロ痩せましたよって

私は2.5㎏だよ? まだまだ真剣味が足りないねーって言って笑ったのだけど
どーしてだ?

と、ヨレヨレになってロッカーに行くと
一人着替え中の人が
あの入り口の女性だ

遅かったんですねーっと声をかけられた。

はあ、パーティーだったんです
来週はもっと大変なんですよ
22時とかに出るときがあるので、そのときはお会いしませんよね

とかなんとか
意外にフレンドリーな女性だった。

帽子を目深にかぶり、そそくさとあいさつして、逃げるように
関所を通っていたのに、拍子抜けした。

物の受け取り方が自分が悪いのだろうね、きっと


来週はバリウムムも飲む、マンモもある、パーティーも四日ある

いったいこの忙しさはどうよ

あ、暇な人間が家族に一人

PageTop

いつの間にか11キロを歩いてる

昨日はパーティーが二つあって
鉄人と片づけをしたのだが、
彼女は夕方からだが、私は14時からなので
休憩なしで(毎度のこと)くたくたに疲れ切った。

最後のゴミの処理やら、大型ワゴンを仕舞いに行く作業をしたら
目まいが一瞬した。

密かにつけてる活動量計によると

活動 2625kcal
体脂肪消費 42.3g
歩数 15,719
パワーウォーク  5,837歩
ジョギング 942歩 
距離 11.3km


家に居たら、決してこんな運動はしないだろうと思われる数値

来週はもっとすごいことになってる
連ちゃんなのだ。


足も痛い腰も痛い

なのに痩せないとはどーいうことだ?

毎回言ってるわ

せめて60kgを切ってくれ、だ

PageTop

パート先の先輩を立てなきゃね

というのはうそです。


この前から、古だぬきが厭味ったらしいことばかり言うのね

鉄人から今までのことを聞いていたから
性悪なのは知っていた。
一方的に信じちゃいけないとは思っていない、だって鉄人は
ものすごく善良な人なのだから
まあでも悪口を言ってるから・・・


とにかく20分ほどダブるだけで苦痛になってきた。

まず昼の人たちが、皆が古だぬきに右に倣えだし
私を、せいぜい、この中卒のおばさんがまたなんだかね、と言った扱いをする
そう扱われても気にせず、ぺこぺこしている。
それくらい底辺に思わせていた方が、仕事が出来ないからちょうどよい


だけど、お昼の人たちの負担を減らそうと頑張って作業したものを
まあやり掛けで残して、あと少しお願いしますって
メモを残した私が悪かったのだけど、

古だぬきに、あれが生乾きだったでしょう、すみませんでしたとペコリとすと

だいたいね、私たちは10も使わないの 一番使うのは夜の人でしょ
あんなに洗われても、こっちは有難迷惑なだけよ~
とそこだけ声を張り上げて困った顔をして、両手を広げて肩をすくめた。

そこに上の男性もいない、一瞬の間にそれも言う。

はあ、すみません
とは言ってみたけれど
前日にサービス残業してまで頑張ったことを
無下に否定されてはがっくりくるじゃないの

パーティーの時にや夕方から入ってきた鉄人に
事の顛末を話すと、
お昼の人にやらせない、
文句を絶対に言われるから。もしやったとしても、隠れておやり


はあ
でもね、私は人に、有難迷惑なんて言葉を人生で一度も言ったことがないので
言われて悲しいですし、言える人のメンタルの強さに呆れてます。


とにかく、○○(古だぬき)の言うことは、無視しないと
こっちがやられるよ

そう言って笑った鉄人


まだ仕事を始めて半年も経っていないのに
ボールペンの位置を注意されたー 扱いがひどすぎる、有難迷惑って言われたー
って騒いでるけど、20年もやってきた人には、枝葉末節のことなんだろうね


PageTop

古だぬきや鉄人は介護をしたことがない

どうしても時間がダブるので、古だぬきとも話をしなければならないことがある


古希前だが、都会育ちだから早くから水洗トイレだったという。

そうですか、私は田舎だったから、下水道が完備されたのは、成人してからです。
わはは
と自虐的に話したが、なおも続ける

主人の田舎に行くと、トイレに行けなくて、駅まで戻ったとかなんとか

そりゃ苦痛だったろうね

実家はいつからだったかな、ある年に帰省したら、水洗になっていたのだ。

いつだったかな、

そうだ、娘が3歳くらいに、スヌーピーの子供用スリッパを落としてしまったことがあるから

27・8年前まではトイレ、いや、お便所だっただろう

そんな話を仕事をしながら話していると、介護の話になり

遠距離介護で田舎まで遠かったし、7年は潰れましたのような話をしたら

自分の親も、夫の親も全然介護などしなくて済んだのだそうだ。

ご主人の親は、上のきょうだいたちがしてくれたそうで、

自分の親は、お父さんは60前にがんで入院し、お母さんは子供たちに与えるだけ与えて

90まで長生きしたあと、あっという間に病院で亡くなったという。


だから、20年以上も働き続けることが出来たのだ。 鉄人もそうだ。


おばあちゃんの愛情と労力を、言い方は悪いが搾取しきって

そのまま子供たちに手をとらせずに亡くなってくれた
子孝行なおばあちゃんというわけだ。

世の中には恵まれた人が居るものだ。 


そして、都会育ちで、自然とは出かけるものだったというから

神社の大木のつるにぶら下がってターザンごっことかしてましたと

都会のネズミと田舎のネズミが相容れることなく、いつまでも平行線の会話が続いた。

いつまでもってことはないけど、私には長く感じたのかな

しかし、なぜ古だぬきが今まで働くことを邪魔するものなどなく、

汚いものを見ずに済み、順風満帆にやって来れるのだろうね

鉄人もだけど

私は何か行いが悪いのだろうか

いや、先祖の因縁とかだろうか

なんだろう

平坦な道を歩むことが出来ないようだ。

常にでこぼこ道が用意されている。

PageTop

忙しかったけれど、週に一回くらいでいい

パーティーは週に一回でいい
それも、大きなワゴンで洗い物を下げて来るような
遠い場所でやったものはつらい。
三回もあったら、体調が崩れるくらいしんどい。

通っている遠くの歯医者で治療中のものが、痛くて
もうこれは神経を抜かねばならないパターンだろうな
と思いつつ、抜いたら割れやすくなると聞いたっけ
でも、痛むのはごめんだと思ってる自分がいる

夜、パーティーが終わるまでの間、賄いを食べながら、
鉄人らと昼に古だぬきから言われたことを
大げさに吐き出したら、すっとした。

お昼の人は、あの古だぬきとまともに接しているのかと思うと
大人だな、やり過ごしてるんだなと尊敬したりするが
言われやすい自分だからってこともあるかも知れない。
相変わらず威厳もない自分だ。

外の出入り口で、仕事場の鍵を返す時
先日呼び止められて、ペンをああしてたこうしてたと言われたので
その日は前を通るのが嫌だったけれど、普通にこんちはーと通ったのだけど
帽子を目深にかぶり、ほぼ目は見えていなかったと思う。

そして、帰り、見ると、警備の人はあの人同じメンバー
お願いしまーすとじゃらじゃら鍵を渡し、
ノートに出た時間を記入する段階になった時
警備の女子の目が、じとーっと私の手元に注がれているのに気づいた。

また、ボールペンをノートの上に置きっぱなしにすることを警戒しているようだ。

その日はペンスタンドではなく、ノートに紐づけされているペンを手に取った瞬間
彼女の安堵の表情が見えたような

そうして退出記録をえいっと書いて、これでどうだ
文句があるなら言ってみな
のような態度はとれなかった。
お先に失礼しまーすと、今まで通り言って出て来たけど
緊張した関所だった。

フンだ

きっとあの男とあの女は
私が自転車が出て行ったあと、
あのおばさん、ちゃんとやったじゃないの、とか
この前の注意が効いたよな
とか言ってるのだろうか

PageTop

仕事以外で憂鬱な場所

企業はピッとカードを当てて入退場するシステムで
警備の人が数人立っているのだけど
若い男性や女性もいるわけ

その前を、こんにちは~って通りながらピッとする

自転車を押しながら、小走りにピッとしたときに、
男性が、お客様もいらっしゃいますから、突入しないでください
と注意されたので、すみません、次回から気をつけますって
謝ったのね。
嫌だな~目をつけられちゃってるのかと
次からはは優雅に歩いてピッと鳴らして、あいさつも愛想よく済ませていた。

のに

先日、自転車をいつも通り押しながら、ピッと鳴らすはずが
鳴らなかったので、自転車であとずさりして、ピッと鳴らしたとたん

○○さん、落ち着いてください

は、すみません

名前まで知られている、
そうか、最後、鍵を返すとき、ノートに名前を何度も書いているものな)

昨日のこと何をしたか覚えていますか


昨日?
わたくしが何をしたのでしょう

退出のノートを書かれた後、ボールペンを転がしていました。

は、そうですか
すみません
ここで心が折れそうになったけど
笑顔で
何かあったらまたおっしゃって下さいね
と仕事に向かったが、とてもブルーな気持ち

で、退出するとき、また同じメンバーだったので
ノートを開きながら、
昨日、どこにボールペンが転がっていましたか?
この辺ですか?
と、ノートの上に置くと、
警備員の無愛想な女性が、うなずく。

そうでしたか~ははは
すみませんでした
と言ってはみたが、ノートの上に乗っかってるじゃないの
紐で繋がれたボールペンを使えばよかったのだろうけど
ペン立てにあるのを使ってそのままそこに返さなかったことが
だらしなくて見逃せないところだったのだろう。

家で話すとママは本当に挙動不審
だから、嫌がられていると思うと娘までが言う。

確かにそうだろうけど
入り口で、口もほとんど聞いたことのない人たちに
嫌われているなんて、私もなんだかな、ある特殊な才能があるよね
異端児?異分子?
それも、一日何百人と出入りする場所で

パートから帰宅したら、エレベーターのところで
郵便受けを開けている、初老の見覚えのあるおじさん(夫)がいたから
お先~っとだみ声で言って先に上に上がったら
夫が帰宅するなり、変なおばさんがいた、本当に変なおばさんだった
と冗談で言ったのだろう言葉にも、
そうか、私は変なおばさんだもんな、ととても落ち込んだ。

必要以上に落ち込んでいた様子に
事情を説明したら、フォローしてくれるどころか
ほんと、おかしいもんな、態度
と来た。

仕事で嫌われるなら仕方ないけど
関係ないところで嫌われるのは悲しいもんだ。




PageTop

しんどいけれど、お客さんの質は良い

一般客がじゃんじゃん入って来るのと違って
企業内の施設だから、お客さんの質がとてもいいので
それで嫌な思いをすることは皆無

パーティーをしても
皆さん綺麗に召し上がるし、荒れることもない

この場を借りる団体が入れ替わり立ち代わりで
いかに多くの部署があり、チームがあり、が分かる

まだ会場に人が残っている合間を片付けに回ると
何やら難しい話をしていたり、今度のノーベル賞を狙ってくださいですと?
ま、それは冗談だったようで、大笑いしてたから

この前は何やら全員がとても賢そう
何だ?この雰囲気
と表を見ると手書きの立札があり、或る理系の集まり

仕事を始めて5が月になるけど
今までで一番、テーブルが荒れてなかったし
綺麗に食べてらして、さすが、と うなったもの
50人はいたのに

あんまり質のいい男たちを見ると
家にいる、初老のおじさんやデブの20代後半の男子が
とても色褪せて見えるから、だめだよね





PageTop

パート先に怒っていいと思うんだけど

お昼の人は、食事代を給料から引かれる

だって食べているからね

私は二時からだから食べることはないのに
二か月連続食事代(出勤日数×食事代)が引かれていた。

前回は、上の人が、その分翌月に二時間多くつけてて
と言われたけれど、
二時間分より、引かれた食事代の方が多いのだから
こちらが損だ。

で、鉄人に以前、こういうことがあって、改善しないんですよ、明細とぼやいたら
本部に電話したらいい。上の人はなかなかしてくれないから
と言われたので、栄養士さんに聞いて、本部に直接電話して、食事代を付けないでくださいと言った
ハイ次回からは・・・・・とご丁寧に連絡をくださって・・・・・

ところまでは良かった。

今日出勤するなり、お昼の人の新人(私と同じころに入った人)が
上の人が、今度からは本部には直接電話しないくれって言ってました。
本部の人に怒られたそうです。

はあ
(じゃ、二か月連続で食事代が引かれないように処理をしてくれよ)
(それも、お昼の人は関係ないじゃない、私のことなのに ばらしちゃって)

しばらくして上の人がやってきて
また同じことを注意した。

いいか、今度からは本部に電話しちゃダメだ
俺が怒られた

でも二か月分・食事代が・・・
・・・・・・すみませんでした。
とぺこりとしたら

世は満足じゃの顔で去って行ったのだが
謝ることは無かったよ、私
と後で思った。

俺が怒られた、とメンツにかかわることだったのだろうけど
事務的にずぼらしてるのはそっちなのに、
俺が怒られた俺が怒られたと

そういうところがブラックなんだね

もし来月も誤って食事代が引かれていたら
何か言ってやろうと思う。

今週も三連ちゃんだ。
換気扇を8枚も洗う日もある

疲れ切って、今まで出たことのない吹き出物が出来て
驚いているわ

PageTop

とりあえず三連ちゃんを終了した

来月もある三連ちゃん


しかし今日などはいい。
夕方から出て行くから

一昨日と昨日は、自分の勤務日で
午後二時からだから、一時台から働きに行っていたのに
69名とか25名とか、55名とかのパーティーで
後片付けがひどい

一昨日は人数分の洗い物に疲れた

昨日は緊張感に疲れを溜めた。


こっちのサブフロアで調理師の男性たちが、
柚子の香りが漂ったりする中で、必死で作業している
合間にこちらはパーティー準備、と
口をきく暇もないくらいの緊張 
それが午後から夜8時を回っても続いた。
いつも15時には帰る人が、この時間まで作業に次ぐ作業

こっちのフロアではパーティー
その日は何も口にしないまま、夜10時を回った時は、
夕方から参戦した鉄人と、力が入らないとぼやいてた。


ところがどうだ、
今日はまかないがあった。
昨日夜頑張っていた調理師さんたちは、大変重要な任務なのか、
出張パーティーだったようなので
栄養士さんたちがパーティーの片づけを手伝ってくれるのだ。


だからか?

鉄人と、昨日何も食べずにいたのに放置されたのは
ババアだからか?と言って笑った。

本当に疲れた。

一昨日などは、記録上は10kmは歩いていた。


なのに、痩せないのはどういうことだ。

PageTop

詰めてスケジュールを入れた

来週はとてもとても忙しいだろうから、早め早めに用事を済ませようと努力した。


まず来週はパーティーが三連ちゃん
帰宅が9時を回る日が三日ということだ。
うち一日は、自分が休みの日だけど、夕方出て行く日
残り二日間は午後二時からの日なので、休みなしぶっ続けで働く二日間だ。

その日は夫はちょうど出張だが、食事作りは休めない。

そんな怒涛の三日間が終われば、某行事が待っている。
とにかく来週末までドドドーっとやらねばならないことがある。

だから、先週は、パート前に耳鼻科に行ったし、散髪にも行った。
まだ一か月も経ってないが、切りそろえる程度にしてもらおうと行ったのに
見るも無残に短くされてしまった。
あちゃー

その行事のために、景品を買っておかねばならず
だけど一人ではつらいので、娘を頼りに繁華街に繰り出した。

お昼は有名中華のランチ
なんだか最近勢いづいてる。
外食に最もご縁が無かった人なのに

必死で買い物をしても、帰りは夜7時を回った。

急いで鍋にした。

もう少し早く帰るつもりだったが
還暦のお祝いを何にするか聞いてくれたので
時計、と答えたものだから、急きょ探すことに

結果、セイコーのなかなかのものを半分は自分負担で
残り半分を娘が出すということで、屑ダイヤが文字版の外に少しだけついている
アラビア文字の華奢な時計を買うことになった。


もう時計なんてしないと思っていたのに(昔のは殆どしない)
今どきのを手に入れて、やっぱり時計ってアクセサリーの一部なんだと思った。

ロンジンとか色々つけてみたけれどまったく似合わず
ドンピシャだったのがこれだった。
(ほどほどなのを買ったので二けた行きません)

娘が、意外とエレガントなのが似合うのね
だって。
そして、やはり、キラキラしたものって華やかだね
と、キラキラの効用を改めて感じたようで
もちろん当の本人も、同じことを感じた。

あ、忙しいって話でした。

再来週には落ち着くでしょう。

しかしおニューって心が浮き立つものだ。

(おニューって死語だったっけ?)

親孝行な娘のために、何かしてやりたいのだが


王子様以外なら、何とかなりそう。

PageTop

余裕が無さすぎる日々

パートをしていていないときでも、しっかり読んでいない新聞が溜まったり
掃除が滞ったり、家が雑然としてしまうときがあったのに(予定外の行事などがあると)
今や混とんとしてきたという感じか

読んでないままの雑誌は放置 しっかり読んでいた土曜版の新聞の別紙がもう一年分ほど
溜まっているのでは
丁寧な料理はもうすでに出来なくなっている

それでも・・・・・もう家で息子と二人、くすぶっていた頃には戻りたくはない。

けど、つらい

どっちだ。

残された人生を、いい加減な食事では終えたくない

どこかで無理をしなけらばならないのだろうか



しかし、パート先はブラック企業だ。

いやどこもぎりぎりで回っているのだろう
だから、前言は撤回

ただ、これから年を取っていく一方なんだから
あの労働に耐えられない時が来るだろうね。

パーティーの無い時でも、動いて動いて、
やっと最後に〆られる。

綱渡り的な時もある。一分も休めない。
どこかまだ自分の動きに無駄があるのかもしれない。
工夫の余地はありそうだ。

まだまだ何を優先していいか

一昨日だったか
お昼がものすごく忙しかったのが、入ったとたん分かった。
その前の日は暇だったのに、その日は戦場のあとのよう
やっぱり水物なんだね

で、お昼の方たちが食事に行って帰ってきてから
退出前につかの間の休憩をするときがあるのだけど
もうすでにホールは午後からの自分の仕事に切り替わっているし
皆もそう認識していた時
数日後のパーティーの簡単な打ち合わせというか、確認に来られた方につかまり
座ってお話ししましょうかとなったときに
お客さん(社員さんたち)が数名来店

そのうち合わせに来たという男性は、小うるさいインテリタイプで、まくし立てて私を離さない。

新しいお客様に注文を取らねば

そこで、そこに上がる寸前の古だぬきが居たので
あの、お願いできますか
と言ってしまった。

その間も、その男はまくしたて、今回のパーティーを大掛かりにするため
あそこにこうだとか、こちらにどうとか、計画表を指さして見せながらだから
手が離せなかった。

古狸が何か言ってるのが聞こえたけれど、無視するしかなかった。

そちらに待ってもらればいいでしょう
お客さんが先

のような甲高い声が聞こえたような

ごもっとも

今の私には、毅然とした態度も無理だし
軽くいなす余裕もない。

上がる寸前に新米に上から目線?で頼まれたのが
癪に障ったのか、少しご機嫌斜めのまま帰ったようだ。


今でもギリギリ保っているのに
やっちゃったのだろう。
睨まれたらおしまいかな

関係は悪くはないけれど
良くもない。

人間には合う合わないがあるからね

自分の至らなさをくすっと笑えるタイプが好きだけど
そんな人は少ない。

PageTop