FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

息子は支援団体に行けなかった

どうやら、この前から言うに
就職のための意見書を、心療内科にもらわねばならないと

前回までは、一週間に五日とか全く働ける状態じゃないです、と
先生に意見書を書いてもらって、提出したから、支援団体に行けたのに
今度はその反対で、週に五日、働けますよ、(たぶん)という書状をもらって
提出しなければならないから、医院に予約電話をいれたと言ってたのね

で、それが今日で、それが終わってから、そのまま支援団体に行くといって
出て行ったのに、一時半ごろ お昼を食べてるところにガチャリと玄関が開いた。

なんなの~~?

もう心が折れたから帰って来た。

折れた?

心療内科に行くと、ハロワで書類をもらってこなきゃならないと言われて
ハロワに行った。

(はあ、距離があるわね)

で、そこでハロワで待って、貰って、心療内科に引き返したら
もうそこで行く気がなくなった。

はあ、(まあまた戻ったらね)(でも普通はそこでまた行くんだけどね、支援団体)

で、明日、また心療内科に行って、先生の意見書を貰って、支援団体に行く
で、もし書類が不備だって言われたら、また同じことを繰り返すから

はあ、難儀だね

お昼はコンビニで食べて来たというから、なんだ活動してないのに
外で食べたのかと、粗末なお昼を食べてる自分を思い、腹立たしかったけど
まあ行ったり来たりはしんどかっただろうなと思ったので、お昼をたべたことは
言わなかった。

その後、ずっと寝ている。たったあれしきで
こんなに長時間寝るとは

もう起こそうか 夕方だもの





スポンサーサイト



PageTop

とりあえずは5日間を終えた

支援団体から、五日間、違う場所に研修に、9時から5時まで行くことになる前
午後になっても起きて来ない二日間があったから、心配していたけれど
結局、なんとか休まず行けた息子

これすら行けなかったら終わりだと思っていたから
とりあえず胸を撫でおろした。

働く人は、これを何年も、雨の日も風の日も、なのだから
たった一週間行けたくらいで、やったーって言えるわけがないのだけど

それも初日だけは自分で起きて来たが
あとは起きれなかった。

至れり尽くせりで出かけていって
帰宅すれば、午後6時には一番に出来立ての夕飯が食べられたという
待遇

これで行けなきゃほんと終わりだった。

いったいあちらで何をしてたのと問うと

コラムを作る作業

コラム?


退屈で仕方がなかった


そっかー
忙しくしてて、はっと気づくと夕方5時、とかだといいんだけどね

というと、
そんな忙しいのは嫌だ

ときた。

そうか、
じゃ、おべんとうに造花の菊の花を乗っける作業とかだと
できるんだね、
という言葉は飲み込んだ。

いつからこうなったのか
どんどん退化して行ってるのだろうな
一番 男として成長する時期に、引きこもっていたのだから
その大事な7年間を遊んで(バイトもしたけれど)暮らしたんだよな

ダメだこれは

マスクも初日はしていったが
次の日からは拒否

我が家の男どもは



PageTop

9時から5時まで

今週は息子の研修?

よくわからないシステムだけど
顔合わせをしたところは、障害者受け入れ企業というか
専門のところ?で、そこで一週間働くのだか、研修をするのだかだ。

土曜も日曜も、昼過ぎまで寝るし、お昼を食べたらまた寝ていると
言った状態で、先週は支援団体にまともに行けなかった。

お昼から行くとか、休むとかを繰り返したのだから、親としては
絶対にこれは出来ない。一週間も出来ないと、あきらめのため息を
ついていたのだけどまだ帰って来ないところを見ると、月火と通えた、
行けた、ということになる。

研修先は、路線が違うし、歩きが長くて一苦労らしいし
缶コーヒーは持ち込めないんだと言ってた。
行ってるのは二人

そうか、連れがいるのか
と、二人で励ましあって行ってくれたらと思っている

これが29歳のニート男子 発達障害男子 大学5年行って中退男の
やっとの姿

とりあえずは祈るしかない


そして親の方は、息子がいなかったので、自由な解放された気分で
アンケートに行けた。 
もちろんマスク着用で電車に乗るのだ。

黙々と試食して、感想を書いて提出してすぐ出られた。
交通費込みで三千円
ありがたや、ああありがたや

この前の或るアンケートの拘束時間二時間半と比べると、
なんてラクだったのか

こういうのに当たりたいものだ。

でも運が良くて
年に数回、だよね

PageTop

違う場所に研修に行くことになりそうだ


スーツはあるかと聞いて来た息子

大学入学の時や成人式に着てたスーツは細身で
その後就活に使われることも無く、着れなくなるほど太ったから
この前、夫が仕事で必要で買ったスーツを狙いに来たってことか


いつものところに通所したあと、再来週? 新しく行かせてもらう企業??の
顔合わせに行くのだそうで
その顔合わせの練習、というものをやったそうで、そのためにスーツは必要だったようだ。

夫はそれを着ることはあまりないから、渡してやったが
いつのまにか息子のものになるのかなぁ


支援団体から行ったところは、駅から離れてて、随分歩いたそうで
今後、そこに直行するためには、違う路線に乗らねばならず
その上、朝早い

9時までにあちらに行かねばならないらしいって

えーー今後、どうすんのかな
と心配した。

逆算したら、どれだけ早く起きねばならないのか
特にそれが苦手な人間なのに

でも、それは大きな試練なのだ
普通の人はそれをこなしているのだけど
息子にとっては、普通がいかに難しいことか

この病気は治らない
脳が生まれつき悪いから
治ることはないけれど、対処は出来る
だから、今通ってやっていることは、対処法、
なのだと思う。

いったい何をやってるかは知らないけれど、
たぶんそれ、だ。

完治しない脳の異常を抱えて
さあ、どこまでふつーになれるか

そういうことへの挑戦を始めるのが遅かったので
もう30になる年にこんなことをやっている。

PageTop

体調がまた悪くなったのだろう

昨日は午前だけの通所だった。

起こしてもほぼ無言で、夢遊病者のように
着替えてやっと出て行った様子だったが
帰宅して、昼食を食べたら、すぐ寝てしまった。


その間に私はスポーツ教室に行ったのだが
帰宅して声をかけても、うん、うんと言うだけで寝ている

いつもならダイニングをうろうろし始める18時になっても寝ている
19時になっても起きて来ず
昼夜逆転になってはいけないと、とうとう起こしたが、ぼうっとしたまま

当然ジムも行かない。

外に出るのはたばこの時だけか

そのまま今日はフル通所を迎えたが
起こして、あれ、目覚ましが鳴ってたんじゃないの
ポットボトルはどこ?
あれを持ってきておいて
立て続けに言ったことが気に障ったのだろう

うるさいんだよ、朝から
黙っておいてくれ


機嫌が最悪

これでフル通所できるのだろうかと心配だったが
どうにか送り出した。

また降下している模様だ。

薬が効きすぎてると昨日ちらと言ってたか

何もかも準備してあって
ただ出かけるだけでしょ
洗濯ものも畳んである
ごはんだって座ったら出て来るけど
それを一人でやらなきゃならないのよ
出来るの?
てきぱき出来るようにならないとね

と小声で息子に向けて言ったっけ

聞いてなかったか

聞こえてても無理だ。


PageTop

申請書類を持って行こうとした

役場に申請書類を持って行くから、通所はしないで休みにしたという

まあ仕方ないわねと思ってたが
朝から電話して予約しようとしたのに、繋がらないという。

以前、記入用紙を貰いに行っただけで、延々と待たされたことが
トラウマになっているようだ。
予約すれば、そんなに待たないで済みますよと言われて
電話番号も貰ってたのだ。

何度してもつながらないから、私も加勢し、固定電話からとスマホからの
二か所からダイヤルし続けたのに、こちらはNTTです、こちらは回線が混みあっており・・・・
もう意地になってリダイヤル

とうとう息子は早起きしたものだから眠くなり
寝てしまった。
代わりに私は押し続けたのだけど、とうとうお昼前になったので
これはもう無理
早めのお昼を食べて、現地に行って待ちなさいよ
と送り出すことに

ついでに、あちらで、何度電話してもつながらないのは
どうしてでしょう、くらいは聞いてきてよ
本当なら、怒鳴り込みたいくらいの怒りが湧いていたけれどね
行政機関が機能してないって、おかしすぎるとね
電話係が一人しかいないんじゃないの?

とにかく二人ともへとへとだったのだ。予約電話ごときで


送り出して、やれやれ、息子もこれで何時間も待つことになるけれど
現地に行ったらいつかは順番が回って来るでしょう
と思っていたら、一時間もしないうちに帰宅して仰天

300分待ちだってさ
それでも待とうと思ったけど、待っていただいても
本日の時間内に順番が来るかの保証はありませんと言われたから
もう帰ってきた。
来週の朝8時半のみしか、もう予約取れないっていうから
とって来た。

予約すればいいですよって言うから、それをしようとすれば
電話が繋がらず、じゃ現地に行けば保証が出来ないって
役場が機能してないじゃないの

と、自分が年金関係の手続きをすることになったときの
混雑ぶりを想像して、頭が痛くなった。
長い待ち時間で寿命を縮める年寄りもいるだろうに


で、電話がつながらないですって言ってくれたの?

言った。 すみませんってさ


すみません?

こんなのでいいのか、年金関係


結局、予約をとろうとせず、朝一番から待っていたら、夕方くらいには
順番が回ってきてたのだろうに

支援団体の通所を休むことも無かったのに


本当に、何もかもグダグダ要領が悪いことだ。




PageTop

診断書を貰って来たようだ

息子の心療内科に行く日だった。

結局、申請書類のほとんどを夫が書いた。

何で俺がしなきゃならないんだろう、とブツブツ言いながらも書いたのは
息子ができないからだ。

少し書類を見ただけで、格闘でもしたのかと思うくらい消耗していたからだ

は~俺もう無理 疲れた

とさじを投げた時

あのね、普通、仕事って一日にその何十倍もするんだよ

と言ってはみたが、どうせこの子には分からないと
あきらめの境地だ。

今日は夫がいないから
どれだけかかるだろう、お金と息子が聞いて来たが
まあ2万あれば足りるんじゃないかな
と渡して行かせた。


帰宅すると、薬と診断書で2万弱だった。

うわ、ぎりぎりだったのか

というか、こんなにお金をかけても、申請が通るとは限らない
だからムダ金になる可能性は高い。
近いうちに役所に行かせるつもりだが、果たして

あんまり期待しないでおいたほうがいいよ。
そうそう税金で生きさせてはもらえないものだよ
わかってる?

と言いながら、息子は支援団体に同じように通っている人から
貰ってると聞いたものだから、多少は期待をしているのだろうから
期待にそう結果になって欲しいなとも思っている。


もしもらえたとしても継続することは厳しく
反対に、もし継続し続けられたとしたら、きつい薬でやられて廃〇だとか
そんな内容をどこかで見た覚えがあるが
過激な発言のところなので、どこまで本当かわからないが
どっちに転んでも息子にとって、いいことではない。

でも仕方ない。

PageTop

息子とデパートで待ち合わせ

今日は試食アンケートでお出かけ
息子は通所は午前だけ

お昼どーするよ、と気にはしていたのだけど
帰宅して食べることになっていた。

ところがお歳暮解体セールが数日前から始まってるらしく
一度も行ったことがないから(デパート自体、年に二、三回)
帰りに寄るから、お昼を一緒にと連絡したら、乗って来た。


昼間からセールに行ける男子なんて、暇中の暇だよね

ビールと小さなどんぶりを二人で食べて、いざ。

大賑わいの中、つい気が大きくなって買ったけど
家までの送付までしたくなくて、重いのものはあまり買えなかった。

二人で大きな袋をもっての帰宅途中、
そういえば欲しかったのはサラダ油だったと気づいた。

無かったよネ、

うん、無かった、今日の分は売り切れか

でもまあよかったよかった
12000円弱でこれだけ買えたもの


でも、これは贈答用で高く設定しているけど
本来はもっと安いものなんじゃ…


ギョ、痛いところを突かれた

新年早々、出費は飛ばしてますが

どうせ要るものだもの、良しとしよう。

久々息子と二人で外で食事とか
なかなかおつなものだ。

しかし無職

戦利品

CIMG3160.jpg

コーヒーは二箱 でもビンは小さいものなのよね
大吟醸、スペインの赤ワイン、小さなハム3つとしぐれ煮、
小岩井ジャム、スライスチーズ、梅干し
奈良漬け二つ あられ



損を・・・・して、ないよね

なんせ初めてなもので

PageTop

月曜日は午後から通所

午後からだというが、こちらは遠くの歯医者の予約日で
息子より早く出なければならず、ちゃんと行くのだろうか
戸締りはするだろうか、と心配しなければならないとは

いったいいくつの息子だよ

治療を終えて、家にたどり着いたら13時半とか
家が無人だと確認すると、ほっとする

午後通所が終わったら、○○○(親のいうところの悪友)と飲むという。

本当だろうね、本当に○○○?
まさか猫のオネーチャンじゃないだろうね

それはない

あまりにストレートで失礼いな問いに
困惑していたが、怒る元気もなかったようだ。

どーして○○○と飲むんだよ、離れたところに引っ越したから
物理的に遠くなったことで、ご縁が薄くなったと思っていたのに
やっぱり会うのか

夫もあいつは嫌いだ。夫婦とも会ったこともないのに
息子を怠惰の大学生活に引き込んだことを恨んでいるのだ。

平日の夜中でも車で迎えに来て、心霊スポット巡りとか
遊びに遊んで、自分も退学したというおばかな人だ。
卒業していたら、別室に通されたというのに


かつて息子が言った。
俺にはあいつしか残っていない。
同じ立場で分かり合えるのはあいつだけ

出来すぎ君は違う世界の人なんだろう


だから、仕方なく送り出している

久々の飲みだものね

結局、23時半ごろ帰宅して、そんなに酔ってなかったのは
自粛したのだろうか

そしてフル通所の火曜は、朝から冷酷に起こしに行った。

ちょっと飲んだくらいで、行けないだなんてことは
あっちゃいけないよ
と能面のような顔で起こしに行った。

ここは素直に起きて来た。
それも8時半とかだもの、起きなきゃね

これくらいできなきゃね

飲みに行くなら、書類を一行でも書いて行って
今しないと、今週末 心療内科に行くんでしょ

と放置していた書類(障碍者年金申請用)に取り掛からせたが
夫も一緒に見ていたのに
あとで、大きなため息をついて
俺、無理  ものすごく消耗した、疲れた。

だと??
たったあれだけで
仕事をしていたら、あれくらいのものをじゃんじゃん処理するような
ことがあるよ
夫ともどもこちらもため息だ。

まだまだ書くべきことがあって、自由記述のような
大雑把だけど、時系列でかかねばならないところがあり
それは放置していたので、夫が書いた。

何で俺が書くかね

でも息子がこれが書けないのは知っている

やったからねというと

何で?俺がやるのに

言葉ではそういうが
長年の経験で、放置するのがわかっている


PageTop

止まったまま

もう何年止まったままだろう

新年を迎えても、心が晴れないし、何か新しく始めようとか
前向きな気持ちになれない。

スポーツを始めるとか、小さな変化を求めて行動したけれど
大きな意味での変化がないかぎり
いつまでも足踏みしたままでいるしかないのだ。


最後の親の務めが果たせていない。

果たそうとしたけれど、その手前で子供がバグった。


今年も闘いの年になるだろう

しかしまた年を取ったのだから、いつまでこんな生活が続くのだろうかと
思うと不安で仕方がない。


息子を社会に送り出す

また今年もそれを目標に毎日を過ごすしかない。


娘?

祈るしかない。

本人が求めて無さそうなので
天から偶然に、いや、否応なしに、か、降って来るのを待つしかなさそうだ。

PageTop