FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

苦手な食べ物その2

私じゃなく、娘のこと
彼女はイチゴ味のお菓子が職場で回って来ても絶対に手に取らないそう
幼稚園の時、親としてはたまには豪華なお弁当にしてあげようと、ハシリの高ーい大粒イチゴを添えてやりました。
バカ高いけど、プチトマトだけじゃ可哀想だもんね、と

ところがその日、お弁当を温めましょうーーとストーブで・・・・・・
白く変化したジュクジュクのイチゴを口にしてから、もうダメになったそうです。
タイミングの悪いことでした。
あと、ママのご飯は何でも美味しいけど、一度だけヒドイのがあって、あの光景だけは一生忘れないと思うと・・・・・

ええ、覚えてますともーーーー。自分も
いつだったか娘と二人だけの夕食の時、節約のため、野菜たっぷりの天津飯もどきにしようと、野菜あんを中華鍋に作ったのです。
卵を別に焼くはずが、何をとち狂ったか、ええい、面倒じゃーーー!と卵を野菜あんに混ぜてしまったの。
ん?混ぜれば混ぜるほど状況は悪化

出来た代物が、見た目 ゲ〇

きゃーーーーーー

今でも母娘のトラウマ


最後まで食べたかって?
たぶん全捨てした記憶

スポンサーサイト



PageTop

苦手な食べ物

青魚が苦手です。
でも好きな人が多いですよね。
新婚時代は鯖の味噌煮とかを頑張って作ってました。 
ところがある日、これ持ってけ、と親戚の人に貰った半身を有難く味噌煮にしたら、翌日夫婦共々
酷くお腹を壊しまして、鯖の生き腐れ、を体験しました。
幼い時から殆どお魚と言えば白身だったから、母親も苦手だったのかな

でも、節約のためにはイワシ、サバだーーーと頑張ってみたこともありました。
鰯の酢煮 生姜をこれでもかと入れてコトコト炊いたり、梅干し煮にも挑戦
でも、炊いてる匂いに酔ってしまうというのかな 頭がくらくらしてくるのです。
気分が悪くなるの。こんな方いますかね?
それ以来、サバの塩焼(これは辛うじてイケる)以外が食卓にのぼることがありません。 人生を損してるよね
夫は逆にそれが好き  たまに鯖の昆布締めとかを買ってあげてお茶を濁してます。
しかし、さんまは大丈夫なのはなぜだろう

あとはレバー
焼き肉に行っても、レバーを間違えて口に入れたとしても、その瞬間に身体が拒否して、出てしまいます。汚いね
そういえば、一斉値上げの頃、生協で冷凍の葱付き焼き鳥を久々に買ったのね。
焼けば食べられるし、美味しいのでたまに買ってました。
久々買ったのは、あらゆるものが手に持った瞬間に、小さくなったと感じてた頃ね
添付のタレを絡めて焼いて、さあ、と口に入れた瞬間、ぶほっと口から自動的に出てしまいました。
レバーに変わってたのです。 

センサーの付いた便利な体です。

PageTop

2/10 ごはん(タラのから揚げ甘酢あんかけ)

タラのから揚げ 野菜甘酢あんかけ
ベーコンじゃが(肉じゃが風、最後にカレー粉)
茹で牛肉と玉ねぎスライスの和風マリネ←よく作る
エノキとワカメとネギのみそ汁
ビール、ごはん


タラの冷凍切り身終了 また買わなきゃ





PageTop

ベランダのフェンスのガラスにひびが

息子が持ち帰った、3年で一度しか干していない、カビだらけの布団二組を外に出してました。
布団袋に入っていて、結構重量感もあるし、かさ高いもの
昨日、我が家の布団干しする際、じゃまだなーーっと少し動かしてみると、すりガラスに数本の亀裂が・・・・

それもこっち側じゃなく、外側
ドンッとと布団袋を出した際に当たってひびが入ったのでしょう。
もしもっとひびが広がって、剥がれて下に落ちでもしたら、下を通行している住人が危険ーーー

数年前、廊下側にある娘の部屋の窓のガラスに亀裂が入って、マンション出入りのガラス屋さんに修理してもらいました。
3万くらいだったかな  高い・・・・・たったこれだけの面積のガラスでも結構するのだなーと感じてたので、これは覚悟しないといけません。
あれの何倍の面積だろう・・・・こわごわ目算で測っている自分 え?6倍くらい?いやもっと? 
3の倍数を口にしてみる。ぞぞーーーーっ
あちこちボロボロと・・・・

コンロの左側が火がつかなくなっても、買うのが惜しくて、マッチで着火してるというのに

ええ、いまどき二口コンロです。古い?

PageTop

こうなったら

一人のドラ(いや、弱ってしまった?)息子が真っ当になれる(かどうかわからない)までの記録にしてみようと思って来ました。
当初、食事記録と、節約を目指すことを目的にしてましたのに、
いつのまにやらこうなってしまって、自分でも呆れ気味

今日は耳鼻科の日  お薬が出る日なので、おつりでコンビニで何か買いなさいと治療費+投薬料より多めに渡したら、
機嫌よく出て行った。ビニール袋をがさがささせながら帰宅 そのまま部屋に籠る。何食ってんだろう
夫が帰るより早くご飯を食べると言い出し、いつのもごとくガツガツと食べる。

あ、そうだ。 食べる前に「----っす」
皿を流しに下げる時、「-----た。」

確かに聞こえた。
たったこれだけでほっとする私は何なんだ。
はっきり言えよ、とは言えなかった。


PageTop