FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

文字だらけなので

殺風景なブログなので、たまには春らしい画像で華やかに

2015042514450001.jpg

スポンサーサイト

PageTop

帰宅

息子が帰ってきた。
なかなか良い出会いをしたようだ。
どうやら普通の環境で会うのではなく、特別な場所で会うからこそ、一体感も生まれるようだ。

断片的にしか聞けなかったが、同じ日に入山したのはそれこそギリギリの状態の人、訳ありの人、日本通の外国人、
長期滞在の人やら、次の日に入山した人などが加わって、共同で行う作業に座禅
日常では味わえない体験だったそう

同じ年代の、似たような、いやもっと壮絶な境遇の人の話には引き込まれてしまったとか
あれほど真剣に人の話を聞いたことが無いとも言っていた。
あちらには人の話にかぶせて話す人は居ないから、と、うちへの皮肉をポツリ
また、とても美しい女性とだぶって滞在したそうで、人生であんな美しい人を見たことが無いと言う。

お顔が?髪は黒髪ストレートとか?色白?スタイルがとてもいいの?と興味津々の私
全部NOだった。
たぶん40代、とにかくすべての所作が美しい。食事の時も、座禅の時も見惚れるくらいだったそうだ。
とても上品というのか、たたずまいが美しいと言うのか、言い表せる言葉が見つからない。

仏像のような?

強いて言えばそんな感じ
うちの母親のようなド庶民とは違う


悪かったね、ド庶民で!(これ、結構堪えた)


あとは掃除の仕方をやんわり注意されたこと 食事は急いで食べねばならなかった
農作業中、くまん蜂がぶんぶん飛んでたけど、誰も気にしてなかった
休憩時間ににアイスを買いに行ったりして(やっぱり行ったのか?)交通費を死守すると、
お金がぎりぎりだったので、帰りは車で来てた人に途中まで乗せてもらったこと
喫煙所が色んな話を出来る場所であった。 誰かが一応持参していた鼻炎スプレーをまるまるくれたこと
同期男子とは仲良くなって、メルアド交換したなど

とにかくほっとした。今までにない興奮状態というか、高揚していたので、久々の校外学習に行ってきた中学生といった様子
ここまで高揚するならもっと早くにやっていても良かったかなとも思った。
しかし、息子のように親がセッティングしたのではなく、自分で探してやってきた人が多かったそうだ。
訳ありの人の話も少し聞いた。色んな人がいるものだ。それぞれ自分をどうにか見つめ直すためにやって来ている。
息子も何かを得ただろうか

夜はほーれ久々に肉だぞーーと食べさせたが、そうがっつく風でもなく、
出した沢庵に、これは嫌味か?と一言

普通の会話どころか、見た目は元気一杯のニートになっていた。 
つまり、山の状態でご帰還

ところが、帰った早々夜更かしをしている
またあっという間に元通りの生活に戻るのかな

いや、そうはさせたくない。

PageTop