FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

田舎の土地は安い

確かに安いけれど、大きな道路が横を通り、平地で、周囲が住宅地になってしまった場所の
ぽつんと開いた土地は田舎でも結構するようだ。
山林、雑地になると二束三文だけどね。

きょうだいから電話があった。以前から雑草が生えて、周囲の住宅から苦情が出るので、
シルバー人材に頼んで草取りを頼んでいたけれど、費用もばかにならないし、
固定資産税も払い続けねば、だし、きょうだい皆が年を取って来てる(上は70前)こともあって、
手放すことを決めていた。
そこの売却の話が進みそうだと言う。

以前も書いたが、実家の解体費用とかをのけても、一人頭、まとまった金額が手に入ることになる
(こういうのを取らぬ狸の・・・・なのかな まだ売れてない)

中途半端な金額だけど、無いより断然マシだ。 息子の将来のお金には足りるはずもないが
大事な大事な老後の虎の子にするつもり
ずっと売らずに次代に回してくれた親の努力には報いたいからね。

(不安が一つ   この、「親が残してくれたお金」が、義実家二人の介護費用に回ってしまうこと
それだけは絶対に避けたいけど  いや避けねばならぬ

しかし、売れそうな金額などより嬉しいことがある。

父はお婿さんだったから、母の死後、妻のものばかりだったものを相続するとき、
使えそうな土地
ずべて共同名義ばかりにしたようだ。
私は子供が幼かったので、帰省せず、事後報告を受けただけだ
こんなややこしいこと、先々どうなって行くんだろうといつも不安でいた。
 
子供のいないきょうだいたちが、もし先に亡くなって、その配偶者が次に相続する、
その配偶者が亡くなると、あちらの甥か姪に行く。
うちの子どもたちと、顔すらも知らない人たちとの共同名義になったりしたら、
印鑑をつくのも大変だろうし
一番心配だったのは、今後、判をつかねばなら無い時に、
息子が行方不明で、娘が途方に暮れることだった。

ありえる


その心配が一つ消えると思っただけで、心底ほっとしてる。
ややこしい土地は足かせだから(売れてから言おう・・・)
共同名義の土地はまだあるので、今後どうにかしないと
同じ不安をかかえたままだ。 でもまあ、一つ減っただけでも一歩前進
 
すっぱり分ければ良かったんだよ。今更だけど、

きょうだい曰く、先日お墓参りで、熱中症にかかり、死んでたかも、と
実家のお墓(一基だけじゃない)の掃除や草取りを一人でしていることを
何度も不快だと言ってきてたから、矛先は、都会に住むきょうだいたちに向かう。
確かに大変だと思う。申し訳ないとは思う。でも、住む世界が違いすぎる。
1000km離れたところから、頻繁に墓掃除に帰って来てる知人のことを、
引き合いに何度も出されるがきょうだい関係がいいからじゃないの?
とは言えなかった

こちらの言い分もある 近くに住みながら、うどん一つ茹でやらなかったじゃないか
お風呂にも入れなかった。(最晩年にたった一度だけは入れたようだ)。
遠方から介護に来た人が入れていた。
掃除もしてやらなかった。ゴミをまたいで上っていた。
親の近くにいて恩恵を受けることが多かったはず、と言ったことがあるが
激怒したから図星だ。
親の総ての力を注いだきょうだいの成れの果てだ。


電話で、墓じまいの話になった。 
大金をかけてそうしようとしてるのに、私は一からお墓を作らなきゃならないのは
なかなか理不尽な話だね、と言った。

あとでメールが来た。
考えたがお墓はやる、と
年に4回掃除してくれたら


嫌味で言ってるのが丸わかり

ああ そんなことしてたら、交通費の蓄積だけでお墓が買えるわ

親の家に行くのに、交通費がかからなかった人の考えることは
とうてい理解出来ない。

スポンサーサイト



PageTop

変な気性なのは昔から?

小学生の時はそうでもなかった。
中学くらいからか、中に悪魔(親曰く)を住まわせてるのは

今日は、遠くの大学病院の歯科の予約日で、ずっと不調を抱えてたから
待ちに待った日だった。
治療は小一時間だったけど、行き帰りの時間があるので、帰宅は午後2時ごろになりそうで
昨日の小鍋に個包装一人分つゆを加えて、鍋用ラーメンも分かるように用意して
一人でも出来るようにメモも残して出かけたのに、食べてなかった。

起きてないのか?いや起きてた。
結局着替えもしないですぐ鍋を温め、ラーメンを投入したら、おもむろにやってきて優雅な食事タイムだ

3年も一人暮らししたのに、全く進歩してないよね。というか学ぶことは無かったみたい。
本人に自覚が無い限り、「自堕落」しか学ばないってことだ。

あージムに行こうか、いや、やっぱりダメだやめとく

とか言ってる。また行かない日々が続いてるのか・・・・
耳鼻科もあるよ?

あーーそうか
俺、毎日ずっとのんびりしたい。何もせず


バカじゃないのかと
誰が生活を支えるの、金銭的にも何もかも。
もし放置してたら、一日ゲームして、ゴミに埋もれて、かびだらけの布団の上で過ごして、衣類は周辺にぐちゃぐちゃ
腹が減ればコンビニに。 夜中に漫画の立ち読みに行く。
典型的な廃人じゃないか お金がなかったらどうするのかは置いておく


何をしたか記憶に残らない日ばかりになってもいやでしょ?と言ったとたん

いいんだ、それで。何にもしたくない

とジョッキにペットボトルのアイスコーヒーをどぼどぼ
殆ど一本を入れた。
家族は小さなコップで飲むのに、これじゃあいったい何本使うのよ、と頭がクラッとした。

冷蔵庫の中の牛乳の口が、また大きく開いたままで行ったので、
牛乳って匂いを吸うものだから、閉めてよ
と言ったとたん、
うぁあああああと頭をかきむしり、
うるさいっと怒鳴ったけれど、動じず、最後まで言うべき言葉は続けた。

食事作りをしながら腹の虫が収まらず、こういう人間は この世から抹殺してあげた方が幸せかも、とまで思ってしまった。包丁を持ちながらの危険な思考は避けねばならないけど
それほど不憫に思ってしまった。

飲み物を何度も裸族のまま取りに来た。
俺、やっと仕事をしてる。 一時間短くなったから少しは楽になったとはいえ、やっとだ。
だから余計なことを言ってくれるな


のようなことを言った。

牛乳の口を閉めてよくらいは言っても構わないでしょ

わかってないな・・・・
と忌々し気にあっちに行った。

注意も出来ないなんて、自分のやりたい放題にさせろってことじゃないかと
勝手な言い分にさっきの怒りが再び湧き上がってきた。

夫は軽く飲んで帰る、娘は買い物で遅くなるとのことで、早い夕食になった息子
さんまを食べながら、内臓の話になって、先日見たTVでさんまをX線で撮ったら、
消化器が他の魚と違ってたんだよ、と話すと、
添えられたすだちを見て、とカボスはどう違うんだ?とか聞いて来る。

答えられないし…

悪魔のような時と、普通の男子の時とが交互にやってきて
こちらは面食らうし、翻弄される。
怒りの矛先を収めたのに、またしても裸族のまま、深夜3時になってもスマホを覗いている。
明日は午前中に心療内科なのに

誰も起こさなかったら面白いのに、とか、いよいよこちらが悪魔のようになりそうだ。


PageTop

アンとケイト ポイント交換

アンとケイトのポイントが1000を超えたので
ゆうちょBKに振り込み依頼

こつこつ


さてあと二か月
今年のこつこつポイントの集計はいくらになるでしょうね

(計算してみた。今までの累計は26500 
 去年と比べるとしょぼいわね)

PageTop

マクロミルポイントを交換

マクロミルのポイントが2000を超えていたので
ゆうちょBKに2000円振り込み依頼


この前の洗口液の調査(自宅で使用)のポイントも入っていたので
多め

こつこつ

PageTop