FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

夫が少し話したようだ

息子が朝4時、5時まで、ゲームしながら起きてる生活に、こちらも気になって眠れず
体調を崩して来たので、夫にこのままでいいのかとチクリと言った。

息子が食べた後、少し話してくると夫は息子の部屋に行った。
こちらは眠くて眠くて、居間で夏掛けをかけたまま寝てしまったので
話し終わった後すぐには、どんな話をしたのか聞けなかった。

23時ごろになってやっとかいつまんで聞けたものは
そう大して以前と変わらない内容で、今後のことに踏む込むことは出来なかったようだ。

バイト先の人とはトラブルもなく働きやすいこと おばちゃんたちとは仲がいいこと
後輩が出来て、頼りにされてるみたいなこと
自分が高校のスポーツ部のキャプテンだったことを少し思い出したとか

また中学時代の同級生(女性)にレジでばったり また飲みに行こうと言われた
先生と会ったけど、あちらは気づいてなかった。
高校時代の塾の先生が来た時には、会いたくなくて逃げ回ったそうだ。
会って良い人と、会いたく無い人の区別がついてる、と

彼女の就職が決まったこと アパートを引っ越すが、行ける範囲であること
彼女の実家は建築関係でいずれは跡取り娘?

ここで私、じゃ、全くダメじゃないの とがっくり

で、彼女は、チャらい大学のチャラい女たちと全く違うそうだ。地味で堅実と

そうなの~大学は知ってたけど、性格は初耳  チビでブサイクとしか聞いてなかったわ

でもしかし、ひときわ お堅そうな大学で、息子とは出来が違う
自慢のお嬢さんであるに違いない。 それを野良犬みたいな、どこぞの・・・・・・

将来の無い話だ、しかし
今の状態じゃ、弾き飛ばされる男じゃないか
いや、中退してるってこと自体が、今後の人生の大きなハンデ
就職だけでなく、人生のあらゆる場面で後でじわじわ効いて来ることを
身を持って知るんだよね、息子も


結局再び、続けてバイトできない、一日7時間働くと限界が来る、飛び飛びでしか仕事ができない
とにかく外に出ることがあまり出来ない。
ジムでは泳ぐことを主にしている

連れ出して欲しい時は言えよ、と夫は言ったらしい。
すると、スポーツの試合とかは見に行ってもいいかも、らしい。

また細かい話を思いだしたら言うから、と ここで終わった。

現状を知れたのは良かったけれど、
これからのことは話せてない。
これが限界だったのかな

つまり、また明け方までゲーム生活は続くってことだ。


スポンサーサイト



PageTop