FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

舌を出すのも惜しい人っているよ


こちらに越してきて25年
両隣の人は、地元住民だ。
このあたりの学校に通い、親はそばにいる、みたいな。
運動会にはジジババ集合~みたいな


一人は年下だけどお子さんたちは大きい
もう一人は私が越してきてからお子さんが一人生まれたから、もっと年下奥さん、だ。


以前住んでたところは、赤ん坊を遊ばせる相手くらいは数人いたから
到来ものがあれば、お互いに交換してた、のね
食べてねーとか、手作りの持ち寄りで食事会を開いたり
たった3年ほどの付き合いだったけど


ここに越してきて数か月
夫が言った。
〇〇(前住んでたあたり)の奥さんたちのような雰囲気の人が一人も居ないな


その不安は的中 
心を許せる人は一人も出来なかった。
以前書いたことがある、自転車の補助輪の人など、最初は上手く近づいて来るのだけどね


田舎者の私

両隣には、近所のよしみだからと、子供のレーシングのコース要る?とか聞いてからあげたり、
到来ものとか、お爺さんが亡くなったと聞けば簡単なお供えを差し上げたり、果物が沢山届けばおすそ分けしたり。 
そうこうしてるうちに10年?ほどたったある日
両隣から、何も貰ったことが無いことに、はたと気づいた。 早く気づけよ、だけど
しみじみ考えたことが無かったのね


飴玉一個 、例えば鰹節のパックの一つさえもらったことが無いまま

その日を境に、何もあげなくなったし、むやみに近づかないようにした。
(たまには業者にこれ渡しといて、くらいは助け合うが。)
これ以上こじ開けようとしても、閉じられたままだから


とにかく、舌を出すのも惜しい人たちなんだとやっと気づいた
また。そういう人たちっているんだと初めて知った。


おまけにお子さん一人持ちの方は、挨拶をしても返さない。
娘も廊下でお隣に挨拶しても、無視されて気分が悪い ああいう人なんだと思うしかない、と
子供まで不愉快に思ってる。


これは私の運が悪いのだろうか
土地柄が悪すぎるのだろうか
集合住宅の欠点なのだろうか


ああ、そういえば、他にもいる。
同じフロアのもう一軒隣の人は昔

え?大学行ったの?じゃワタシ大卒様と同じ場所に住めてるわけ?
何だ、勉強しても無駄じゃん   あーー良かったわー、勉強しなくて  
と言い放った人だ

学歴聞いといて何だよ、と思ったけど、痛烈な嫌味と気付きながら、
頭が悪いから返せなかった。(悔しいことに、そこの子は一番下だけが大学に行った

やはり住み分けって必要だ。でもそれが不可能だった事情がある。


こういう輩と死ぬまで隣人でいるのは気持ちが悪いから、早く死んだ方がマシなのだろうか
いや、皆が死に絶えるまでこちらは長生きして、
最後に高笑いするのがいいのか



とんでもない意地悪ばあさんの予備軍の出来上がりっと

スポンサーサイト



PageTop

こちらが参ってきたのは長期戦だから

鬱々とする。
もうこうやって戦って二年弱
先が見えないまま

日曜はバイトに行った。マスクはどこ?と探して装着して行ったが
あんた、どこか悪いのかい?
ポーズだけでも病人を装ったのだろうか

帰宅して言うに、ほかに二人休んでいて、〇〇くんも休んだらどうしようと思ってたと言われたと

ああそうかい 一応曲がりなりにも行ったことでほっとされただけで、眉をひそめられたわけでもないんだね

ビールが飲みたい
キンキンに冷えてるやつ


飲ませてやったけど、
俺二日に一回とか無理だなー 3日に一回、いや、四日に一回がやっとだな 働くの
と言う言葉に、何て虫のいい、と、ビールじゃなく、発泡酒にしとけばよかったと反省

今日も明日も休みだし、明け方まで当然起きている
ジョッキにどぼどぼ飲み物を注いでいくので注意したら、
毎日毎日、もうっ!と怒り狂いながらあちらへ行く

ああ、毎日言ったって聞かないけど、いやというほど聞かせてやるよ
身体のためだ


お昼前、
どこか行きたいな
どこに?
どこでもいい
お金は私は渡せない。今はパパが管理してる。メールしてみようか?

で、どうやら諦めたようで、その代わり、
キングダムの続きを借りてくる
電話したら34巻は無かったけど35巻からあるって言ってた。
今から行く
とのことで、1000円は渡してやると、嬉々として出て行った。

しかし平日の午後、26歳になろうとする男が、コミックのレンタルに、にやにやしながら
歩いてるさまは、異様だよね


亡くなった父母は、こういう孫の姿を見ずに往けて良かったなぁと思う。
見せたくないや、こういう惨めな子ども
母は息子5歳の時だった。利発そうな子だと勘違いしたまま逝けた。
父は息子が大学に受かったことは知ってた??けれど、それがどうした、の頭スカスカ状態
もうすでに気が狂った状態だったから、失望も知らないまま、いけたんだ。


PageTop