FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

トイレマット30年選手

ペパーミントグリーンのは
renoma のもの
当時、インテリアショップのハシリで買ったもの
今でいう無印に売ってるようなブラウンは当時なくて
探してもなかった記憶  え?もっと探せばあったって?

あったかもしれないが、ピンクとか、こういう色しかなかったと思う。
私は30年ほど感覚が早かったのか?
何度も洗濯してもへたらない、破れもしない
丈夫すぎていやになる

とうとうさよならしようか

年寄りになったら、替えが必要だから(こぼしたりするかも)持ってればいいよね

新婚時代、初めて買ったもの。思い出があるよ
我が家の歴史そのもののマット

でもね、もう飽きた。

ピンクのものは割と最近だけど、これも飽きたんだよね。

さよなら
CIMG1355.jpg

スポンサーサイト



PageTop

服捨て作業つづき

デパートの催し会場は、おばさんとお婆さんの人口密度が高かった。

絶対に私は着ないだろうな、と以前は思ってたけど
どんどん派手な柄が似合うようになってきてるのは自覚する。

老いに打ち勝つには、派手なもので中和する、みたいな
これからアクセサリーも派手、というか大きめにしていくつもり

以前、ヴァンドーム青山の、ジュエリーじゃない方。つまり、普通のアクセサリーのところで
キラキラが素敵で衝動買いした、ビーズのネックレス(一万円ほど?)が
なんとまあ、大活躍中だからね

さて、捨て作業
昔、催し会場で襟にファーがついたものを、ベージュと黒を二着買った。
一着1万円也
衝動買いだった。
黒のものは何度も着てるけど、こちらの色の方は、とうとう着ないまま
箪笥の肥やしを続けてた。

いよいよ、ここでお別れだ。

年を取ったからちょうどいいんじゃないかって?
それでも許せない何かがあるんだと思う。

もう「一着は、秋口に助かったコールテンのジャケットだけど
さすがに古いや
さようなら
CIMG1342.jpg

PageTop