FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

一歩も出ない日とバイトに行く日だけ

メリハリがありすぎる。

午後起きてきて、日の当たらない部屋で、明け方までゲームをしている日と
同じく午後起きてきて、バイトに行く日
その二つのパターンだけ

棚に夫のメモが
日曜まで買わないからな 吸いすぎ

タバコをまとめて買ってるのだけど、減り方が早すぎるようだ
考えて吸ってないからね、ゲームをしながらひっきりなしに吸ってるのだろう
誰も困らない 仕事をしているわけじゃない 
だから自由だ。

夫が今日は簡単な飲み会だった。
いまからかえる(毎回これ、いつの、いまからかえる、だろうと思うけど)
とメールがあったのに、なんだか遅いと思ってたら、電車で寝過ごしたようで、
これで二回目だから、いよいよ、年をとってきたのだな

機嫌が悪い。
いつも息子のことが頭にある。何をしてても考えてるという、

それは私もだ。 

今頃日本のどこかにいて、元気にやってるかなと思うことが叶わず
どうしたらまともな、普通な人生を送ることが出来るのだろうと、途方に暮れるだけだ。

帰宅後、
〇〇が辞めただけで全然違う
と、冷蔵庫の前で言う。(目の上のたんこぶのような女性がいたそうだ)

そうかー やっぱり違うの?
その人、なんで辞めたの?

さあ

一応興味のあるふりをして聞いてやるが
そんなことは本当はどうでもいいのだ。私にとっては。
もっと、本質的なこと
聞きたいのは、話したいのは、今後のこと
定職につかず、年だけ食って、それも自力で暮らせる金額を稼げないのに
いつまでも放置していたらいけないのに

言えない。

やっとこさ今の状態になれたのに、
また振り出しに戻っては元も子もない。

どうして必死で正社員になる道を探さないのか
などと、至極当たり前の問いすらぶつけられない状態

必死で働いてやる、などという心境に至るまでの道のりは険しいどころか
一生到達しないかもしれない。

こうやって年を重ねるのかな


スポンサーサイト



PageTop