FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

別に信仰は持っていないけど、神様はいるのかなって

信じてます。

って、感じたことはないのだけど。

本当に神の存在を感じた人がいるなら羨ましい話だ。

この前、新聞の小さなコラムで、太陽系の惑星の生命体について書いてて
我々の考える「生命体」と考えてはいけない
形を持たないものかも
なのに知性を持つ存在であるかも

だから、生命の定義を根本から考え直さねばならないかも、みたいな文ね

これを読んで、宇宙からの帰還って本を思い出した。
立花隆さんだったかな 誰だったかな著者は

どこの国の宇宙飛行士だったか ソビエト?アメリカだったか 月に行った人だったか
それすらも記憶が無いのだけど
一つだけ強烈で覚えてるのが、宇宙から帰ってきたら、神の存在を感じたとか言いながら
ノアの箱舟を探すと言ってアララト山??に登ろうとしたり、一様におかしくなってしまった(はたから見ると)
というお話だったかな

この辺うろ覚えなのですけど、アララト山(??だったっけ)ってのは聖書に出てくるのでしたっけ?

これは・・・・・神様ってのは形の無いものなんだ
神の存在を感じたってことは、太陽系、銀河系、いや宇宙全体が神なのかしら?
彼らはいったい何を見、何を感じたのか

実に興味深い話であります。
そして、果ての無い宇宙の話は考えれば考えるほど、無知なおばさんは頭が痛くなる。

ああ、無知だけど、これだけは思ってる。
人間は、世の中のことが全部見えているわけではないと思ってる。
きっと説明の出来ない事象は起き続けてるのではないかと

パラレルワールドもあるかも、とか

ちょっとあやしい人になってきたのでこの辺で


(大昔に流し読みをしたものだから、かなり覚えてないので、間違ってるかもしれません)

スポンサーサイト

PageTop