FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

働いてて楽しかった?とか聞かれても

それなりに楽しかったと答えるしかないよね

20代の時、一人暮らしで働いたのは二年弱
家にごはんが待ってるわけでもなく、コンビニも無い時代
デパートは6時に閉まり、不自由だったけど
仕事してるときには、それがすべてだったよ。
楽しいとか楽しくないとか、その時は考えなかった。

なのにドラ息子
夕方からバイトに行くのに、だるいな、あああ
仕事してて楽しかった?
だと

今日はバイトのあと、また遊びに行くのだ。
誰も止められない。
仕事はだるい 働くのはいや どーして働くのか

はぁ どうやって食べて行くのかな?君は
彼女と続いてるようだけど、必死で仕事を探すこともなく
未だに明け方までゲームをしている。

で、人間は生きるためには働かなくちゃいけないんだよと
いうと、
じゃ、俺は野垂れ死にする
生きてるのがつらいんだ、というに決まってる。

どういう薬を飲ませたらいいのか
大学時代から、どうして勉強しなければならないのか
どうして行かねばならないのか
と、受験しといておかしいよね。受験してくれと頼んだわけではなく
行きたいと言ったのは自分だしね
行くのが当たり前の環境に押し込んだのがいけなかったと言われれば
それまでだが。


バイトのあとそのまま行くから
と昨日から聞いてて、夫から5千円を渡すように聞いていた。

交通費だけで二千円もかかるのに
これじゃなんにも出来ない 映画も行けない


はぁ?
贅沢言うな、このバイトが
という言葉を飲み込んで、

ほれ、
と、もう二千円を渡す。

こういう自分の姿にも自己嫌悪するのだけど
仕方あるまい、たった三千円で食費含め、楽しめるかとも思うし
自分で働いたバイト代を自由に使えず、親に管理されてることに
不満はあるだろう。
しかし、そうなったいきさつは、うまくお金を使えない、使えなかった事実があるから

そして、定職を持ってない男が、自分のまともなお金を持ってない事実を
知らしめなきゃならない、身に染みてわからせるようにしないといけない。

しかし、誰が色んな意味で、彼に首に鈴を付けるのだ
なのだ。

親じゃない
親の言葉など、スルーするのが当たり前
引っかかりがないのが我がドラ息子だ。

出かける前、娘が集めてるのが、御朱印だと話すと
俺も早くからそうしとけばよかった・・・と言った。
一人暮らしの学生時代に全国を回ったのだろう、
しかしその頃は御朱印を集める人が今ほど多くなかっただろうし
ほんの数年でブーム?になったのだからね。
そして、撮ってたスマホの画像もすべて、充電中のスマホにロックをしてなかったがために
盗られてしまったから、思い出も何もかも失くしてしまったのが、まだ一人暮らしをしていて
たまたま実家に帰っていた時だから、数年前だ。

そうだね、映像や画像がないのなら、せめて御朱印でもね・・・・
同情はするけれど、バックアップをとってなかったのは本人が悪いのだ。

スポンサーサイト

PageTop