FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

でれんこ日は無いです

昔、沢村貞子の本で「私の台所」ってのがあって、買ってたのね
読んだ後は実家に持って行って、そのまま本棚にあったとは思うけど
荷物ごと解体したから、もうなくなったわね。


思い出すと、彼女のお料理が何気ないけど、季節感もあって、
とても美味しそうでね
ノートに書き溜めた献立が、去年のと見比べることが出来て
ああ、去年は今頃これを作ったのか、じゃ、今日はそのメニューで決まり、
みたいな内容だったかな。
まだ自分はとても若かったから、そういう主婦になりたいと思ったものよ。


ただ、かなり昔に読んだうえ、現物もないので記憶はあやふや

しかしこれだけは覚えてる。

大橋さん(彼女は妻帯者と恋をして、結局奪ったことになったから、子供を持たなかったんだったっけ?)(あやふや)
よくそれだけ毎日家事をきちんとなさいますね、とよく感嘆されたけれど

毎日せっせと頑張れるのは、でれんこ日があるから

月に一度くらい?なんにもしない日を作るの
お料理もなーんにもせず
リンゴをかじって布団にいたり

そんな内容だったかな

もう うろです

そうかーやっぱり毎日だと大変だもの
そうやって でれーんと何もしない日を作るって大事よね
と当時は共感し、頭に焼き付いていた。


けれど、けれど
実際は無いじゃないか
でれんこ日~

まあ本や彼女に文句を言ってるわけじゃなく
なかなか実現が難しいじゃないか
女の現実って厳しいわね
というお話でした。

スポンサーサイト



PageTop