FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

PCの強制終了の仕方を忘れていた

いよいよ身体が重くなってきた私
ダイエット方法を探してた

何かを飲んだからというのは無く
王道はカロリー制限と運動だ。

で、1600kcalとかの食事を探してたら
ばーーーんと、二重にも三重にもなった小さな警告画面

女性の音声が流れてくる。

閉じようと思っても閉じない。
何をしてもダメ、閉じない

強制終了の仕方を忘れてた。普通の電源ボタンを押したけれど
その怪しい画面は閉じない。

夜中にパニック状態
そこに出てる番号に携帯で電話してみたり、いや家の子機で電話してみたり
ピポピポやってるから、なんだなんだと夫が起きてきて
PC強制終了 タスクマネージャーを起動させwebプラウザのタスクを終了、かな(これは後で調べたもの)
してくれて、

電話するなよ

いや、したけれど繋がらなかった

結局これは繋がれば暗証番号などを引き出す詐欺の手口だったようで
まんまと引っかかったってこと
夜中なので繋がらなかったのが幸いしたようだ。

でも、決して閉じない画面って怖いよ~

だからメカ音痴はダメだな

一応マイク○ソフトを騙っていたので、本家本元のカスタマーセンターに電話はしておいたけれど
教えてなんとかなどに同じ事に遭ってる人が多いことが分かった。

ただ、食事療法を調べてただけなのにな~
怖いね

スポンサーサイト



PageTop

夏休みとかが苦痛

第一の夏休み五日間の初日は、同期の家に行ったから、実質 夫は4日間いたのかな

食事の時だけ出て来るので
重苦しくて仕方ない。

で、食事の時だけでも楽しく喋るなら許せるが
ほとんど飲んで食べてるだけだ。
喋ってもすぐ喧嘩になっていってしまうから
だんまりなのか

時間きっかりにお腹が空くのか
お昼も夜も時間をたがえない。
腹時計持ち

家政婦を一人雇ってるつもりなんだろう。
毎回まあまあの食事が出て来るし

今日は出社したので解放感で踊りだしたくなるくらいだ。

お客様が来てもいつも応接間から笑い声が漏れていた
昔の実家の雰囲気を思い出すと悲しくなる。
食事中、快活な雰囲気だった父親を思い出す。

この前の同級生も笑って笑って

それに引き換え
夫の父親もダンマリタイプ

おし黙った男が家事もしないでTVの前に居座ってたら
嵩高いだろーねー

私は病気になるかもしれない。


で、第二の夏休みは、両親に甘えてくるらしい。
行っておいで

ところが今回は息子も連れて行く
ちゃんと卒業してちゃんと就職して、人もうらやむ結婚をして
子供も生まれた親戚たちの写真を見せられるのか

PageTop