FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

学制を変えたらいいのに

勢いがついちゃった。
言いたいことがまだあった。

今の学制が気に入らない。

大学までストレートで出ると22でしょ?

女子なんて、結婚適齢期、出産適齢期に入るじゃない。

そんな時期を無視して、これから社会に出て働こうだなんて

ロスもロス
女の出産適齢期は短いのだから

昔は短大がもてはやされてたでしょ
(私は還暦目前の50代)

それでいいのよ、今もそうだったらいいのに
どうして短大を閉めて、大学に移行したところが多いのかな

自分自身でいうと
100%進学する高校だったのが玉に瑕
それも、女子は4大に行く人の方が多かった。
田舎だから選択肢がない
そういう高校が多いのです。

で 自分は、彼らの中では頭もそうよくないから、
遠くの私大に行ったのだけど
(短大部には同級生が二人いたことを50を過ぎて知った次第)

途中、何だか長いなー しんどいなーって思った時期があったのね
別に教職課程も履修もせず、専門も特にのちに役に立つことはなく
一般教養として身に付いただけで
就職には逆に4大が足かせになった時代(今では信じられないだろうけど)

下宿、コネなし、4大卒、というのは悲惨ではあったのだから
余計、なぜ私はここにいる?と思ったこともあった。
仕送りも多くないし、希望の大学じゃないし、つらい、しんどい、
卒業までもつかな、とか
二年で息切れ がしたのは本当
そうやって手に入れた卒業証書

あ、自分の話じゃない
皆が、「今」なら専門をやりたいかって、そうじゃないでしょ
今も過去の私のように、何かになりたいから大学に行ったんじゃない人いるでしょ
、目的を失ってるのに4年行かねば、就職に影響するんでしょ?
今は4大卒の方がもてはやされてるから

しかしね、
どこにも天才やら、学究肌はいるし、本当にに学びたい人のみが
大学と言う場所に行けば良いと思うの。

それには、企業が変わらねばならないわ

昔のように単純作業じゃない、複雑になってるから、大卒じゃなきゃっ・・・・てことはないでしょ?
今だって、昔と同じでしょ
人口比率は同じだと思う、
優秀な人や普通な人、ちょっと劣等な人

 で、昔は大学に行けなかった部類が、今は大卒様になってることもあるんじゃないのかな
上位の大学を除いて

実際、高度な学問、今の日本を支えてる知の部分を担ってる人たちは
どんどん大学で勉強して、大学院にも行き、大企業の頭脳部になったり、博士にもなりして欲しい。

それ以外は、もっとフレキシブルに生きられる世になってくれたらいいのにと思うわ

つまり、自分の経験から、
本気で勉強したいことが無い人は、22歳卒業は長いと感じる


12歳で小学校卒業

そのあと
5年間 今でいう、中高の勉強をさせて、(最後の二年は、自分の将来を見据える)

ここで17歳
第一陣、放流(ほぼ今の高卒と変わりないでしょ、)


ここから
3年 
なんだけど、かなり実地的(看護や、芸術とか、料理とか、縫製とか、語学、観光)なコース
(色々履修できたらいいね)

専門的な勉学をします!と言う人たちのコースに分かれ
あるいは国防に関わる人たちとかは、この辺で訓練に入ってもいいと思う

ここで20歳

この時点で世に放たれる人が大勢、
ここからもっと専門的な勉強を3,4年続ける人
に分かれたらどれだけいいだろうと
勝手に思うだけなのですが

もちろん、急に勉強したくなった人は、こちらサイドにすぐ戻れるってことも自在でね

女性の一年、二年は大きい

娘もとうとう大台に乗ってしまい、あんなにピチピチしてたのが
急に年増感が出てきて
果たして大学を出て、働いて、のコースが
良かったのか、いや、間違っていたんじゃないかと感じたりしている

一見楽しそうに
休日は女ばかりで芋ほりや体験コースや何かを作ったりと
つるんで、婚活をお互いにするチャンスをつぶす目的でもあるのかと思うくらい
毎回潰れてる休日

自然の摂理はそのままなのに
人間だけが、その逆を行ってる

今、一握りのカップルしか子供を持てないでいるのだろう
リア充 優秀カップルと
何も考えないでいる層

中間層が欠落している

子供たちが安心できる環境 
それはお母さんが安心できる環境だと誰かが書いてた。
そのために必要なのは、
父親が母親を心身ともに支える

というが

これも誰かが書いてたが

新卒で、優良企業社員や公務員になれない男は
生涯、地を這う
それがこの国のルール


(極端だが否定できない)


ということは
やはり若い適齢期の女を支えられる男が、少ない日本ってことかな


やっぱり学制を替えた方がいい


書きなぐったから
えーっと、何を書いたか伝わりますでしょうか
ほんと、意味不明かも

すみません

スポンサーサイト



PageTop