FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

正月早々から引きこもっている

いつだったか、息子とビールを飲みながら紅白を観たりしたのは
一年前?

それもなかった。

格付けチェックも、毎回息子は見ていたけれど
今年は部屋から出てこなかった。

ごはんだけ皆と数時間遅れてやってきて
ささっと逃げるように食べて行く。それも好きなものだけをさらう

年越しそばも四人前買っていたのだけど、結局食べたのは夫と私だけ

冷凍エビ天ぷらはまた今度にしよう
生そばも冷凍した。


こうやって引きこもっているのは、言い方は悪いが不良品に違いないし
長くなればなるほど、世に出て生きづらくなるし
いつか、どうにか落とし前をつけなければならないのだけど(親も子も)

だがしかし、ビョーキならば、企業で働け、就活しろ、フルタイムで働け
自活しろ
というのは、逆上がりが出来ないレベルの人に、バック転をしろというのと
同等だと思うので、むやみに言えないところがある。

それほど、もう息子の力を信じちゃいない。昔ほど期待しちゃいない。
数年かけて、分かって来た。

ならばどうする?ってところだ

今、辛うじてバイトに行ってる
ジムにも行き始めた(今度こそやると言うので。だが期待できないな)
この二つが無ければ、部屋から出てこないってことは
自分の体を立たせて、動かして、何キロも移動させることもなく
一日に百歩ほど歩く生活を続けたなら
筋力が衰えて、あと10年もしたら、いざり始めるに違いない。


今、ゴミ屋敷が取り上げられることが多いけど
昔からあったのかい?
増えた気がするのは錯覚かしら

ゴミ収集の件でも、昔と比べるとぎちぎちだからだ。
余裕がないってこと
分別に、指定日に・・・・・それを逃すとアウト

先を想像しては震える思いだ。

ゴミに埋もれた息子
生きる力を失って、納豆パックのを作るのか

こんな息子を持っても
親が100まで元気で生きれば息子60で
こういう困った人たちの中でも勝ち組、だなんて書き込みを見たけど
リアリティがありすぎて、引きつり笑いが浮かぶ。

お正月から辛気臭いわね

でもお正月だからこそです、我が家は

勤務地から帰省するわけでもなく
嫁に行った娘が子連れで帰るわけでもなく
息子や娘の食事の世話をするお正月

にぎやかさとは程遠い。
夫も自分で好きなTVを見ているようだ。

この淀んだ空気がすかっと晴れるのは
いつになるだろう


スポンサーサイト

PageTop

おせち関係はこれがやっと

美しく盛りつけて、木の実を乗せたりとか
どこの世界か

どーしても無理だった。長い主婦生活、美しい盛り付けとは無縁だったし
子供たちのお弁当も美しくなかった。

朝、お雑煮を食べて(これは早煮昆布少々とごぼうのささがき、人参を出しで煮て、
かまぼこ、茹でたほうれん草をトッピング、
味つけは出しに薄口しょうゆだけが意外に好評)
買ったおせちを出し、朝昼兼用
CIMG2036.jpg


夜は、おせちを平皿に移動させ、数の子(市販)ブリ照り焼き、エビの照り煮、くわい、
金柑の甘煮(市販)あたりを午後から簡単に作った。

それとかにすき

CIMG2037.jpg



それでもブリに塩を振ってしばらく置いてから洗ったりとか
下ごしらえが要るでしょ?
台所に立ち詰めだから
おせちをきちんと、それもたいそう美しく作る主婦の方々の
台所仕事に対する情熱は尊敬に値する。

私は
出来ない。

明日着て行く服はこんなものでいいかね
と娘に聞いたら

ママは見栄を張りたくても、無理だから
貧乏くさく見えるからね
会社の誰それさんなんて、GUを着てても
どこのセレブ?だよ
まあお金持ちの人だけど
だから、あきらめて

と来た。

ああ、そうですか

とにかく食卓を美しく飾る文化は伝わらなかったし
娘にもそのいい加減さが継がれていく

反面教師になればいいのだけど
その前に何も作ろうとしないわ


PageTop