FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

自己中だってさ

夕方5時からのバイトの時は、よく食べる

勢いよく食べながら、
これはあとでまた食べようかな
などと、普通に話してたから、
今日は夕方まで寝たし、機嫌がいい、と思っていたら

零時を過ぎそうだから、お薬を飲んで
ついでに湯たんぽも持って行って

とドアをノックしたら
うるさいっ
と大声

こちらとしたら、日付が変わるまでに薬は飲んで欲しいと思ってるし、
せっかく入れた湯たんぽも、今は電源が入ってるこたつにつっこんでるけど
親が寝たらどうするのだ、こたつは切られ、中で湯たんぽが冷え切る
だから、早く取りに来て欲しいし、そちらの布団に移動させてほしいという
理屈で動いている。 
それも零時を過ぎている

だけど、分からないようだ
うるさいっだから

湯たんぽというのは子供の頃から入れてやってて
徐々に冷めて行くのがなかなかよろしいものがある。
だからいまだに止められないでいるし
手間が相変わらずかかる。

それをうるさい、だと

本人がむかついていたのはそれだけじゃないようだ

バイトは15日〆だから、それ以降のスケジュールが欲しかったのに
シフト作成が遅れてて、本日のバイト時間だけは分かってたのみ
だから、今晩貰ってきてよ、と念を押していたのだった。

なぜ急いだかというと
メル友(以前からさんざん書いてきた、お子さんが一人で、問題ありの人)が
週末、私の住む街に来るかもしれないから、お茶でもする?となってたわけ

子供のスケジュールが分からないから、シフトを貰ったらお知らせするわ
と連絡していた。
本音を言うと、お茶しただけで家事が滞るし、長年メル友と言えど、めんと向かって
二人だけでお話したことはなかったので、あまり気乗りがしない

けれど、離れたところから来ると言ってるのだから、
快く、数時間、いや一時間でも差し出そうと、楽しく過ごしてもらおう
外でお茶くらいだから、と気分を変えた。

だから、シフト、シフトを貰うのを息子が忘れては困るのだ。

で、帰宅するなり、
シフト貰った~?
と玄関に向かって声をかけたってわけ

機嫌よくご飯を食べたはずの息子が
さっきの薬は?湯たんぽ取りに来て、怒りをためたのか
冷蔵庫に来て、

こっちが仕事から帰るなり、シフトは?とか
悲しい人だ。
究極の自己中!


そう言い放って、
その後何度も冷蔵庫や菓子庫に来たけれど
無言で、威圧的に、無視して部屋に帰る

確かにシフトは?は良くなかったと反省してる

が、忘れ物が多い息子にあせってしまったのも確かだ。

だけど、帰宅するなり熱々を食べられるように
食卓を整え、座るだけで良いように
こちらが動いていることを忘れないで欲しい。

言葉一言の揚げ足を取ってないで


多分、食べる前からご立腹だったんだな、

でもね、どちらも自分の都合でしか考えられないのなら
どちらも自己中とは言えないか?
私だけではなかろう

誰もが自分なりのルールがある
だけど、相手はそれを理解できないし、価値観を押しつけあってる


永遠に平行だ。

スポンサーサイト



PageTop