FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

雀を育てたらダメだと知らなかった

うちは育ててないですけどね

餌をやって、手乗りにしてやろうと目論んだことはありますけどね


とうてい無理でした。

炊飯の釜にこびりついたご飯をふやかして、流すとき
そうだ、ベランダに撒いて、雀さんの餌にしようと思いついたことがあってね

雀を手なずけたら、ペットもいない我が家の老後も楽しくなるかもって

最初は数粒撒いて、じっと見てたら
匂いがするのか、どうして何百軒も入ってる建物のベランダの一つに
食い物が落ちてるなんて、よくわかるわね、と
感嘆するくらい早めに一羽やってきた。

しめしめ
と次の日も、ご飯粒を置いた。
すると、雀が増えた。 二羽になった。

可愛い~ 今日もチュンチュン来てたよ。と喜んでいた。
じっと観察して、ピチュチュチュと鳴き声が聞こえるのも可愛い~
今に手から餌を食べたりして
と夢は膨らんでいた。

でも、人の気配に敏感で、いくらついばんでいる途中でも、バ‐‐っと飛び立つ。


そのうち
ご飯粒に群がるのが三羽になり、四羽になり・・・・・

ベランダに出るため、サッシをゴゴゴーと開けるだけで、
偵察隊が出るようになった。

上からぴゅーーんと真っすぐ降下してる間に我が家を見ているのね
開けるたびに、ビューンと茶色い塊が真下に飛ぶ

それでも、お腹が空いてるんだろうと、ご飯粒はあげていたら
今度は、ベランダの手すりの下に、等間隔で雀が並んで待ってる。
お尻はこちらを向けてね。

で、サッシを開けると飛んでっちゃう。
で、悩みは糞を落としていくこと
最初は数個  ところが、雀もマーキングするのか?
びっしり毎日糞を残していき、固まったものなら、下に振り落とすこともできたけど
ほやほやのものは、水分が多くて、踏まないように気をつけなきゃならなかったし
とにかく、布団を干そうと思っても、手すりの上にもされていたので、
それを処理しながらとなって、負担になっていたころ

そろそろやばいんじゃないかと夫も言う通り
ベランダで雀がバトルするようになって、
一度に八羽くらい来た時に、体当たりの喧嘩が勃発して、
がっちり閉めてたサッシなのに、

ピチュピチュピチュピチュ

と大音響で、すぐそこにいるかのように聞こえて、
これはやばいことになった、糞も両隣のベランダにも落としているのが
見えたし、毎日これじゃ、えさをやってるのも丸わかり
今に何をやってるの?と苦情がくるわ


そう、野生の生き物の生命力には太刀打ちできない
一戸建ての草むらがある家ならまだマシだけど
コンクリートだけの建物じゃ、無理がある
近所にも迷惑だし
ってことで、その日を最後に、雀をペットにすることは
諦め、えさを置くのはやめた。

なのに、サッシを開けるたびに、偵察隊がビューっと降下
お行儀よく、いつもの場所に並んで、糞を落としながら、期待してようたけど
心を鬼にして、何もやらなかったこと数日


そうして一週間もすれば、もう来なくなった。
糞も落とさなくなったし、布団も何も考えず干せるようになった。

でも寂しかった。

(私は我王にでもなりたかったのか?)

とにかく、チュンチュンを来るのを眺めるなんて優雅なことは無理だと
分かっただけで良かった。
生命力の強い、野生のものと対峙するには、それなりの覚悟がいる

スポンサーサイト



PageTop

雑誌にも興味が無くなった

いけない。

また老いへの階段を一つ上がったかも

トレンドを知らなくちゃ、と
生協のカタログで年間購読すれば安くなるってんで
前は日経おと〇のOFFを買ってた。
私にはとても合ったけど、目がうろうろするようになって
一年でやめた。

次は日経ト〇ンディを頼んだ。

もっと目がうろうろするはめになった。色もド派手だし
あまり興味を持てなかった。

これも勉強

次はFujisanで ESSEの定期購読をした。本屋に行かずとも
送られてくるシステム

サンキュとかこれはたま~に買ってたのね

なんかね最近・・・・・・もう自分はいろんなことから外れた、って思った。

作り置き、カフェ風のインテリア、無印を使った収納 100均の優れもの紹介
痩せる体操、など
どれも同じに見えて仕方がない。
別の意味で目がうろうろする。


大昔は目を皿にして読んでた時もあるし、おなじみの人が出ると
嬉しかった主婦の友とかね、教えてくれる人がいないから、
主婦業のバイブルだったわけで

もうそういうことを終えちゃったのね、今は

いやいや、まだまだ学ぶことはたくさん
人生、一生勉強、なんだけど
だけど・・・・・特に最近の無機質で
泥臭くない、インテリアに、スマートな家計管理に、その他に、が
こちらに訴えかけて来ないのは、だから、感覚的にもう自分は外れたのだ、
おばあちゃんの時代に入ったのだと気づいたわけ

うん、でも紙媒体は手触りが好きだから、
たまーには買うとは思いますけどね


それより、かつて嫌がってた、いや捨て去ったはずの昭和のごちゃごちゃ感
が急に恋しくなってしまったり・・・・・

実家が解体されてしまったからだろうか


断捨離、断捨離と言いながら、片付けがストップしてしまってるのは
夫が家にいて、邪魔(?)だから、だけじゃないだろう。

CMで、マンガのレンタル?のもの?で
お姉ちゃんが弟に、この先を教えようか、とふふふと
意味深に笑うのがありますよね。

昭和の家のダイニングセットに、玉暖簾をじゃらっと鳴らしながら
居間に来れば、ゴブラン織り?のカバーのかかったピアノがでんっとあって
ああ、あの玉暖簾の音!
あったかい!
と思ってしまったのは、アラカンだからかな

かっこよくなくてもセンスなくてもいい。
花柄のポットがあって、あの頃は幸せだった。
未来は明るそうだったもの

同じCMでそう感じた人も
日本の片隅に、数名はいるでしょう

PageTop

友人宅からは、朝帰ってきた息子

あれからさすがにやばいと思ったのか
朝早く帰ってきた息子

そのまま寝てしまったようだが
お昼に言うことには

酔ってて自分でも歩いて帰れると思ったのだそうだ。

どうやって友人宅に再び行ったか
あまり覚えていないとか


で、赤ちゃんは見れたの?
どっちに似てた?

見てない。
5時までだった、見れるのは



あそ


(面会ってそんなに早く終わるのかな・・・)


生まれたての赤ん坊が
友人の子供だと実感することがあれば
焦燥感とか、感激とか、何らかの感情が湧いてくるだろうと
息子への、いい意味だか悪い意味だか分からないが
刺激になるだろうと期待していたのに

見なかったのか


テーブルの上に1500円ほどがあるから
何だろうと夫に言ったら
お釣りを返してきたという。

ほう、殊勝なことを


また、手術が近いきょうだいに
俺が気にしてるよ、と言っといてくれ
と頼まれたが

自分で言いなさいよ
私が言ったって、喜びゃしないよ。
きょうだいより、甥っ子姪っ子からの連絡が嬉しいものだよ。

ならいい

そうか、あくまで伝言で済まそうってのか


もう密な血縁関係として付き合える時間は、あと30年もないだろうに



今日はトゲトゲしさもなく、穏やかな一日で
久々にバイトにも夜に入ってて、出かけて行った。

穏やかなのだけが良かった日
進展は当然ない。

また一日、年をとっただけ




PageTop