FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

鉄人おばさんが足が痛いという

金曜日もパーティーがあって、夕方からの勤務だった。

その日は遠い歯医者の予約日

やっぱりゆるみが進んでると言われた。

いつ外れてもおかしくないとかで

接客業なのに、途中でそうなったら目も当てられないし

間抜けな顔を晒すことになるから
それだけは避けたいものだけど

しばらく様子見のまま

こんな宙ぶらりん状態では、仕事を続けることの
意欲がそがれてしまうな

そのXデーが勤務日になりませんようにと祈るばかり

我ながら本当に働ける体制に程遠かったんだなと
思う。今もだけど


夕方行くと、すでに鉄人たちによって、セッティングは終了していた。
この日は、若人ばかり数十名
なにやらゲームを企画もしていて、楽しそうな様子だ。
食欲も旺盛で、大皿を出したそばから手が伸びる感じだ。

裏方として、追加で持って行くものもあったりと
最中は気が抜けない。
パーティー終了後は、ゴミを預かったリ(預かったのじゃない
捨てて欲しいと言われてんだ)、サービス業ってお客様は神様って
本当だわねと思いながら、片付けに入った。


当然若い自分が下げてきて
鉄人が洗い場で食洗機に入れる作業をして、
といつも通りの分担でやっていたのだけど
あまりにも外回りをやってくれないので、おかしいと思っていたら
片足を痛めているそうで、いたわっていた。

えーーこの前、毎朝8000歩は歩いていると言ってらしたでしょ
そのあと仕事に行くって凄いと思っていたのに

鉄人もこれまでか


70を超えている鉄人
このゴールデンコンビが解散する日も近いのかも

ヤダヤダ、そうなると、新人の自分が、今度はもっと新人を引っ張って行かねばならないわけで
教育が終わるまでやめられないってことになるわね

そんなつらいことしたくないわ


と、先のことを
鬼が笑うわ



スポンサーサイト



PageTop

親が白けている

夫は忙しくなったし、私もパーティーがあったりと
息子以外は動きがある。


散髪に行ったり、耳鼻科に行くと言って金をくれと久しぶりに
同じところに行ってきたが、
調子悪いからなんだろうか、私と同じ薬を貰ってきてた。
ということは、長引くってことかな
継続して行かねばならないだろうに、単発で行ったつもりか

なんかした?

何を

病院で皆がよそよそしかった。

何もしちゃいないわよ
おとなしい患者だわよ

と、そういえば、おかしな母親だと言われてトラウマになってるのだろうけど
その頃は、医院のシステムにも慣れないし、おたおたしてたからだ。
だけど、今やベテランだからね
まあ、言えなかったけど、28歳にもなろうとする男が、国保の診察券を持って
(夫のはまだ出ない)、平日の真昼間に病院に、ラフな格好で現れるから
あっちが気を使ってるんじゃないのだろうか 
アンタッチャブルな人として
それが正解だと思うのだけど
自分のせいとは息子は思っていないのだね
きっと


この前の、お金を再びふらふらと使っちゃったよ事件以来
ふてくされているようだけど、自分が悪いと分かっちゃいないし
親がこうも態度を硬化させたのは、信用してもしても、やっぱり再び騙された
もう本当に心底信用できない、終わりだ、という気持ちからなのに
許容範囲が狭いかの如く思っているのだろう


前のアルバイト先でかけてもらった雇用保険のおかげで、失業手当を貰っているが
期限もあとわずか
本物の無収入になるのに、どうやったら、お金を適切に使うことができるか
それを植え付けるのが親としては今後の課題だったけれど
この人間相手には、入らない、
壊れているから、だめ
そう思って来た。

どうやったらお金をうまく使えるようになるかね

と夫に言うと

そういう問題は後だ
まずは稼がなきゃ
働くことが大事だ


分かってる、と私
働くことは大事
だけど、いくらたくさん稼ぐことが出来たとしても
金銭感覚がないままだと、一円も残らない
障碍者枠で万が一働けたとしても
20万としても、たった数時間のお出かけでゲームに6000円とか使ってごらんよ
せっかく働いたお金の十数分の一をあっという間に使うことが
どれだけ恐ろしいことか
一人暮らしたとして


最近は、料理を覚えようとしてたけど、
また元の木阿弥になっちゃったし
お菓子も食べるようになったし
今度機嫌が良くなる時はいつだろうね

しかし夫は嫌いだという。

何が

機嫌のよい時が嫌いだ。
チョーシがいいだけで

のチョーシのアクセントが強かった。
語気が強いってば


気持ちはわかる。
嫌いという気持ちも

自分の子供を半年見守って来ても、結局コントロールできなくて
今後また忙しくなって、本人に自覚がない限り
また最初のころの生活に戻ってしまうことに
無力感も嫌悪感も感じるのだろう

ほんと、どーしよーもねーや

PageTop