FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

新しい人が来た。2

初日で右も左も分からないのに、パーティーの日とか
マネージャーもバカなのか

たぶんバカだ。

重労働から先にさせて、いつくわけないじゃないか

それでも、いつものルーティンワークをまずは教えてあげなきゃと
一つ一つの行動に説明を加え乍らやってたわけ

今まで鉄人が自分の流儀でやって来たことを、口伝えでしか教えてなかったものを
私が殴り書きのあと清書した、マニュアルらしきものを作ったのは私が初めてだろうから
それをするように、明日からノートを持ってきてもらうように言ったりしていた。

お昼の人が食事に行って帰って来たら、コーヒーを淹れてくださるので飲むんですよ、と
教えていたら、古だぬきが、苦笑しながら、
本当は午後の人が淹れるのよ、いつから変わったのやら、ほほ

あ、そうだったですかー?えーーーえへへ じゃ申し訳ないですね、と言いながら
ぷつんと来そうだった。

パーティー準備にテーブルを移動させてくれていたので、新しい人に
ああやって、お昼の人が用意してくださるので、あとはクロスをかけて、
と説明していると
古だぬきが
本来なら、午後の人がこういうのは用意するものなんだけどぉー 
首をかしげて肩をすくめて苦笑
ま、暇だからやってあげるけど

ま、そーなんですか
今までやっていただけるものと思ってしまって
(なんだよ、いちいち)


お昼の人たちが食事から帰って来て、コーヒーを飲んでるときに
こちらで説明をしていたら、
新人さんが、どれくらいで一人でできるようになるんですかと
問うたので

うーん、私は9日くらいでやっと自立できたかな?
と言ってる横から古だぬきが
苦笑いしながら、ああいうのを自立とは言わないわよー 

いちいちカチンとくることばかり

あとで古だぬきが上がった後に、ああいうこと言われるからね
と言ってやったら、気づいてなかった新人さん

気づかなかったのか‥‥というと
そういうのはスルースルーですよ
と新人さんに慰められるとか笑

そうして午後、右も左も分からない人に教えながら
作業もあったわけで、気疲れした。
確かに二人でやると、一人頭の量は減るけれど、色々質問されながらだから
はかどらない。

しかし、だまされたというばかり

騙された?

ウエイトレスだと聞いたのに
こんな重労働をするんですね
そして、今日は二人ですけど、これを一人でやるんですよね

そう

パーティーが終わり
これ凄い量ですねと言われたのだが
遠い場所でもなく、洗い物も少なく、人数が少なかったので楽な方なのに
もう気後れしてきてて
果ては、最後にゴミ捨てとか、事務所を閉めて来るとか、金庫をあそこに置いてくるとか
最後のお金のチェックも何が何だか分からず、
そりゃそうだろう、私だってやっと出来るようになったところだから
初日の人だと、目まいがするくらいだろう。

帰りは言葉少なになってしまい、あの厨房を電気を消してくるのですか
怖いです、と、そう私も言ってた言葉そのもの

あのね、私が鉄人と呼んでる人はね、誰かと違って嫌みも言わないし、いいひとよ
この場所を一人でずっとやってきた人なのよ

へーそうなんですか

週末に会えるから、その時の仕事ぶりを見たら
ちょっと驚くかも知れないよ
私なんてまだ一年のひよっこだから

などと言いながら
今日は二人いるからと、料理を出して早々に、もういいかな?と帰ってしまったマネに
腹が立ってきた。

鉄人の仕事ぶりに長年助けられてきたんじゃないの
おんぶにだっこでさ
ここは彼女以外は誰も続かない。
あの重労働を鉄人一人が平気でこなすから、一人でいいと思われているのだ。
もちろん大人数の時はさすがに二人だが、今日だって本来なら二人必要な仕事
その鉄人でさえ、今まで二度ほど音を上げたことがあるくらい、重労働を課しているんだ。


あ、思い出した。
古だぬきがもう何度目か知らないが私に言うことが
あなたは絶対にお昼は務まらない、どれだけ忙しいか ここ


先週も言って、今週も言われた。

キャーそうでしょうね、無理です、ぎゃー
と言って笑ったけど、はらわたが煮えくり返る、までは行かないが
腹の虫が収まらない。


そんなこと言ってる場合じゃない

新人さんは、だまされた、楽な仕事ですよ、ウエイトレスですよ、
年を取った方もやれてるんだから、
と言われたので楽かと思ったという

その年を取った方が、まれに見る スーパー婆さん ってことを
言わなきゃね、マネも

鉄人だと言わねば、

広告に偽りありだ

さて、私がやめるためには、新人さんに居てもらわねばならないが

はて

スポンサーサイト

PageTop

新しい人が来た1

今週はパーティーが二回あるし、きちんと教えなきゃならないからと
体調を整えるため、午前に漢方をもらいに泌尿器科に行った。

漢方も当然無くなりそうだったのは確かだが
自分でも今具合が悪いのかが判断できず、万全の体制で行きたいと思い
敢えて行ったのだった。

検尿を提出して、表で待っていたら
皮膚科の常連で行ってるうちに、総合診の受付の人と仲良くなってて
その方が、何かを告げに来た。

今度泌尿器科にいらしたら、内科に行くようにと先生からの伝言がありますけどって

ひえー
いやそれは困ります、漢方がどうしても欲しい
仕事はこんなことで一年でやめること 引継ぎが終わって時間が出来たら
必ずゆっくりと内科に行きますから、今日はどうにか診ていただきたいと

そんなこんなで診てもらえたのだが

膀胱炎ですね


ひえええ

きつい抗生剤を処方され、漢方も一か月分
また月末に診させてもらうけど、予約してもらっても混むけどいいですかと先生


月末には辞めることができているだろうから?
その日で予約を取った。

もう、デブでお腹が出っ張ってるのじゃなく、何かお腹に詰まってるからかと
思ったり
ただの肥満と思っていたら、腹水が溜まってた人を知っている

やだーこの頻繁過ぎる膀胱炎は、何かが尿道を圧迫しているとか?
だろうか
と素人考えで色々頭を巡らせてみたりした。

でもとりあえず、今日は新しい人が来るから行かねば
そしてパーティーだもの

しかしロッカー室に入った瞬間、腰に痛みが走り、あいたたたと動けなくなってるときに
後ろからドアが開いて、古だぬきと新しい方が入って来た。

初めましてのあいさつが、痛みに顔をゆがめて、ハイハイして自分のロッカーに近づこうとしている
姿のまま

小柄の素直そうな可愛い方
セキュリティーを通るのも今日が初めてで、古だぬきも世話を焼いていた。

古だぬきには最近悪い感情を持ってなかったのに
その後の言い草に何度もカチンと来てしまった。

やはり古だぬきは最初から最後まで古だぬきだった。
ってまだ自分は辞めることが出来ないでいるのだが






PageTop

遅れてでも行ったのだろうか


息子がまさか朝から出かける予定とは知らず、
だって深夜まで起きてたから
のんびりぶっかけうどんとかを作って(お昼)トイレに行ったら
廊下を歩く音がするので、起きて来たのかと認識して
それでもなにやら慌ただしいから、出ると、昨日自分でアイロンがけをした(させた)
シャツを着て、さっきのお昼用のものを完食してた。

ちょっとーあれお昼ご飯だよーと見ると
もう玄関だった。

あれ、今日は午後からじゃないの

午前から

なんと、いつもならあっちに到着している時間にやっと家を出たということに
自分で起きて来たけど、寝坊したってことだろう

はっと冷蔵庫を見ると、ペットのお茶は減ってない
コーヒー缶だけは持って行ったようだが
なんと、私は200円しか所定の位置に置いてなかった。
本来ならお昼込みで800円置くところだ。
あとはお茶とコーヒー持参だのに
そのお茶すら忘れてたった200円

仕方ない 行っちゃったものは
意志の疎通が図れてなかった

その後、ちゃんと行ったのか、お昼は200円でどうしたのかは
聞けることなく(仕事で遅くなったので)
夜22時を過ぎて、お金が足りなかったでしょ、というと
喉がカラカラだった、という返事

とにかく行けたのか?
飲み物なしで、夕方までいたということかい?

お昼前に、夫に息子に200円しか持たせなかったーーーとショートメールしたら

どうせすぐ帰る
との返事だったが

さあ、どっちだったのだろう


PageTop