FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

まだ元気の余波は続いている

数年前、こちらに帰ったばかりの時は
娘は息子と口を利いていたし、気にかけていたのが分かるのが
息子の寝姿を見て、怖いと言ったことだった。
生気がなさすぎて怖いと言ったのだった。
確かにそうだった。人間は寝ている姿まで元気が表れるのかって知った過去

それはさておき
ここ数日の息子
短い時間ながら電車に乗って支援団体に行く。
暑い中歩いたり走ったりのダイエット
部屋の中で体幹トレーニングをしているそうだ
零時近くになると、猫の餌とアクエリ(自分用)を持って、野良に会いに行く
たまに布団干しの時は持ってこさせる
今日はアスパラに豚肉を巻く作業をさせた。 味噌汁も作るのを手伝わせた。
本人が久々にやりたいと言ったから

体重計には頻繁に乗るし、頑張って運動をしているようだが
寝る前のどんぶり飯をやめないから、次の2000円(76.8kgで達成)を貰えない

しかしこの前、メルカリに送料込みで5千円で売れたものが
息子の口座に振り込まれる、最終の金額は3500円となったので
スマホでの撮影、出品、手配、コンビニに持っていくことを
やってくれたので、四分の一はくれてやる、と息子に小遣いとして渡した。

いいよ、俺
と辞退して見せたのはポーズだった。

貰って行くから、と翌日お金を財布に入れてたぞ

家族を持っている稼ぎ頭でもなく、仕事を持っているわけでもなく
最低の事しかできないのだけど、三日に一回、
たった数時間の支援団体に行くだけでもマシ
走って来るだけでもマシ
料理の手伝いをする意欲を持っただけでもマシ
痩せようと思うだけでもマシ
着て行ったワイシャツを、洗濯機に放り込む前に、エリ袖汚れのスティック洗剤を
エリにこすりつけて入れるだけでもマシ 
数回に一回は、忘れずに玄関のカギをかけるようになっただけでもマシ
メンズの洗顔せっけんを買ってきて、顔を洗うだけでもマシ

大きな大きな進歩

家庭など無くても、自分の身を自分で食べさせてなくても
国民年金のお金も自分で払えてないけど

マシ

以前よりマシ

薬が一種類増えたけど
効いているのだろうな

スポンサーサイト



PageTop