FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

娘の心配ばかりじゃなく息子の心配もせねば

娘が嫁いでないのがつらい苦しいというけれど
息子も29歳にもうなるのだから、もうお嫁さんがいても全く問題がない

でも、昨日言うに
俺、週に三回くらいしか働けない人間だから
それも数時間ね
それ以上は絶対に無理

あのね、それくらいじゃ家賃も払えないわ
この前から一人で暮らすようなことを言ってるけど
コンビニで買えるどころか自炊もできないよ
家賃がせいぜい
人間はね、特殊な技能を持たない限り、一日に8時間は働かないと
食べていけないように出来てるようだよ


じゃ、俺、野垂れ死にだな


そうだよ、とも返事するのもつらかった。

どうやったその認識が変わるのか


扇風機をつけっぱなしで出かけようとしているから
消してから出かけようというと

俺、発達障害だからな、無理
 知ってる?


知ってる
だから、なんでも言ってるじゃない
できるようになるまでっていうより
毎回言ってあげるようにしてる

ここで出来すぎ君の話が出たのは
あいつ、稼いでるだろうなと言ったから

あいつって、出来すぎ君?
そうだよ、父より年収が高いはず
アメ車現金一括買いと言ってたな、今年初め

で、いつ結婚式があるの?と思い出して聞いたからだ

もう3月に結婚してるらしい
奥さんもアメリカに行ったそう

あれ、結婚式に呼ぶよって言ってなかった

身内だけでしたとか
でも親しいけど俺は親友じゃない
俺には親友はいない

皆が皆いるわけじゃないでしょう


しかし出来すぎ君ともご縁が薄くなってしまったのか
悪友も少し離れたところに行ったしね

出来すぎ君のような出会いをしても良いのにね、○○○(娘)

まあな、ツイッターだからな
彼女があいつに連絡したら、会おうってなって、
会ったらほぼ地元ってわかって
彼女の大学は俺の(通ってた)大学と同じで
現代版の出会い

いいよねーツイッターで知り合ったのが超エリートだったとか
それも、土地縁あり
それでももう結婚したんだもん

と言いながら、息子に春は来そうにない
奥さんと子供を養える力が無いなら結婚は無理だ。

自分一人も養えないで、結婚など無理に決まってる


頭が痛くなってきた。




スポンサーサイト



PageTop

支援団体午前中のみ

朝早く起きて、二度寝してるあたりで起こして
230円持たせて、缶コーヒーとお茶をペットボトルで持たせる
そんなルーティンをこなしたあと

やっぱり今日行くのがしんどいや

と言うので、
今日はとにかく無理してでも行け

とキューピーコーワゴールドを飲ませて、追い出した。


毎回祈るような気持ちだ。
そのまま駅まで行って、乗らずにどこか商店街をぶらついていたことも
一度や二度じゃないからね

今日は行った。
のがわかったのは、
興奮気味に帰宅して、世の中は狭いもんだよな

と洗面所で手を洗ってる

何が?誰と、どこで?

と一瞬、高校時代の同級生とか、近所の人と、その団体で会ったとか、と思っていた

なんと、大学二年の時、自分で選んでインターンに行ってた
会社の人とエレベーターで会った。

へーそりゃすごい

それが、その人が行ってる会社は、そのインターンに行ってた会社から
分岐したところで、その人はいったんやめてそこに移動したのは知ってた。
で、なんとその会社が、今俺が行ってる団体と同じフロアだった!
二十何階

なんとまあ

今の状況を短い時間で説明はしてきた。
最初は俺が先にエレベーター前で気づいて声をかけたら
一瞬誰だか分からなかったんだ、俺がものすごく太ったから

しばらく見つめて、○○○〇?って(姓と名とを縮めた言い方)
本当にあの頃は勢いがあったよね
と言われた

勢いって
思い出したのは、入学して一年ほどで大学に何で行かなきゃならないんだと言い始め
そこを見つけてなぜか行き始めたけど、大学には行ってるものと思っていたのに
一年でゼロ単位だった。授業料だけを知らずに100万円台を払っていたバカな親だったのだが

それを急に思い出し、

あの頃大学に行ってなかったなんて知らなかったよ
お金も払っちゃったし、とにかく単位を取ってないなんて知らなかったしね
のようなことを言うと

だから言いたくなかった
とんでもないくらい奇遇な話をすると
一緒にそれを言われると思ったけど案の定だったな
人の嫌がることばかり言うんだな

嫌がることばかりって
事実じゃないの

いつもそうだ
いつもそうやって気分よく話してるのに
不快にさせる

そのつもりはないんだけど

で、その人とまた会えるの

ラインは交換した

いくつくらいの人

俺より年上だよ
で、女の人だから

ああ、女性なのか


また会えるよ、同じフロアなら
と言いながら、心の中ではガッツポーズだった。

知り合いが同じフロアに居るとわかったら、行く元気が出るんじゃないだろうか



と、トイレに入るとなんだかたばこ臭い

ね、いつも呼気にニコチンが含まれてるまま
トイレに入ってるから、臭いがするんじゃない?
吸ってるんじゃないの?

と常々何度も聞いてたのに

吸ってないよ、おれ、と弱弱しく顔を振るだけだったのに
今日は機嫌がいいのか

俺たまに吸ってるから、しんどい時、疲れた時とか。
ほんの少し

やめてないのか


しかし、今日休んでいたら、知人にばったり会ってなかったのだから
私はよいことをしたんだな

いや、わからない、
こういうことは、のちになってみないと分からない。

もう何だか毒されてる

素直に喜ぼうよ

PageTop

32歳と言えば大年増

何も手を下せずに、放置していたら、もう32歳になる

あっという間だった。

学生時代にでも恋愛して、その後数年社会人をやるか
企業に入って同じ部署の人とかと恋愛して、適当な年で嫁に行くだろうと
思っていた。


息子の話によれば、姉は凄い面食いだとおもう
少しだけいい人がいたかもしれないがその人は
元カノに戻った?
スカイプをしてたぞ?
と数年前に聞いたけど本当だろうか

企業に入る時、女ばかりのところだから嫌な予感がした。
どーするんだ、出会いがないじゃないか

やはりなかった。

飲み屋で隣の男性の集団に声をかけられたこちらの女軍団
誰一人抜け駆けもせず、ねーねーどこにお勤め?
僕ら、○○○〇と会社名まではっきり言ってくれたのに
会社、です。会社。
と誰からか言ったきりで、楽しい出会いにもならなかったようで

お稽古も色々した。一人暮らしも25歳から28歳までした・
介護帰省にも27歳の土日を潰してついてきてくれた。

私の同級生に窮状を訴えると、会社の若いのを集めて
合コンでもセッティングしようかと言ってくれた、ことを
勇気を振り絞って娘に言うと、

ごはん一緒に食べる人いないからっ
と逃げるように部屋に入ってしまった。

あぜん

そうやって日々は過ぎ
32歳


近所の早婚の同級生が、自分の背丈より大きな娘を連れていたりしたのを
息子は見たという。子供の成長は早いよな
って

それに引き換え、ただただ年をとるだけ


この数日まんじりともしなかったのは
娘の行き先を想像して泣きぬれるからだ

いい友人がいるからいい?
いつまで続くか永遠のものも無いと思うし
50歳を超えたりすると、今のように女ばかりでつるんで
和菓子つくり体験、何々つくり体験といつまでも遊ぶ元気があるとも思えないし

働いている間はいい
でも元気で勤め上げたその時に、老女として
命の尽きるまで、夫なし、小なし、孫なしで生きて行く覚悟があるのかい?
と問いたい

息子に泣きぬれたわ
といい、楽天オーネッ〇とか入ってくれてもいいのに
あるいは、娘は実家のある県に住みたいって言ってたから、そこの仲人協会のような
ところに登録するとか、してくれたらいいのに
私には人脈もない、田舎だったらだれそれさんちの誰誰と身元の確かな人だと
思われるし、またそういう人を紹介してくれる仲人さんが出入りしていた
亡き母はラッキーだった。地元のきょうだいは縁談には事欠かなかった。
自分で行かずともあちらから縁談が舞い降りてきたもの

それなのに私は娘に嫌われるのが嫌で放置してしまった。
嫌がることを言えなかったと
30過ぎてから、それも30になったばかりならまだしも
もう二年過ぎた。 遅すぎるのかも知れないね。
判断を誤ったとしか言いようがない。

そうだな~人には性格ってものがあるし
姉はそういう人間じゃないかも
それに婚活っていうことをするのが
軽い人間と思われるのが嫌なんじゃないか

そんなこと言ってる場合じゃないでしょ!

つい声が大きくなってしまった。

あのね、男性は50歳でも結婚できるの
女性も出来るけど、子供を産もうと思ったら、もう時間が残されていなんだよ
私が経験したように、出来立ての赤ん坊を抱かせてやりたい
一度も生まずに結婚もせず、生涯を、婚活にがつがつするのはかっこ悪いなんて
清く美しく生きてる間に、逃すのよ、チャンスを
婚活番組で必死で意中の人のおうちに行ってアピールしたり
する人の方が、かわいいわ


でね、言葉じゃ無理だから、手紙でも書こうかと思うんだけど

いいんじゃね?


と言われたのに書けないでいる。
重い問題だからだ
息子はあちらに行ったけど、自分一人座ったまま動けない。

試着してるのを見ても
親の欲目を超えて、ああ、綺麗なほうだよね
店員さんが、親子だと気づかなかったのに
会話から途中で気づいて、ぎょっとしてたものね

夫昨日帰宅した時
最近娘の事で眠れない旨を伝えると

誰だって32歳と25歳を比べると
25歳を選ぶだろ

と言って席を外したけど

またこちらは座り続けるしかなかったじゃないか




PageTop

息子が少し元気?

夫は日曜は休みでも、祝日は出勤せねばならないので出かけた。
あとは私と子供たちだけ

電車で行ける観光地に行こうと娘と前から約束していたのに
この前のショッピングセンターで疲れ果てたうえ
娘が自分の部屋の絨毯(もとからあるもの)が劣化したので
上に敷く絨毯を買い足して、上からかぶせる作業を一人でしたので
あちらも疲れ切って行く気を失くしたってこと
で、だらだらと家にいた。


相変わらず痩せこけていて、体重計に乗って確かめているばかり

で、居間で息子は夫のコレクションの中からおくりびとを選んで観ていたのだけど
午前中も映画館に行ったよね
障碍者手帳を忘れずにと声をかけたら、ああ、とバッグに放り込んでいた。
安くなるんでしょ?

本人はたぶん初めて使ったのじゃないだろうか

何を見たかと聞いたらアラジン

アラジン…
なぜかがっくりしてしまったのはなんでだろう

娘が寝ている間に少し話をした。

何で俺にそれだけ意味もないのに喋りかけるんだよ
と言うから

昨日知ってる?
何にも喋らず、ご飯だけ食べに来たでしょ
どれだけしんどいか分かる?
それだけじゃなく、本来なら、息子と酒を酌み交わしてもよさそうなものでしょ

もう話してたらむかつくのわかるもん
俺は気持ちが分かるな

むかつく?

何かむかつくんだよ
自分でもわかってないだろ

うん、わかんない
誰でも自分のことは分からないものでしょ


で、何か話すにしても、文句ばかりいわれたらどうするんだよ

その辺が散らかってる、何してんだよ
もっと綺麗に掃除したらどうだとか

きゃあ、なんだかうれしい

じゃ、なんだその腹は
もっと痩せないとダメだろう、醜い、とか

う、なんだか嬉しいのには変わりないわ

なんだ、この味は
まずっ とか言われたら

きゃあ、嬉しいかも


と言うと(だって本当にそう言われたら黙っているだけよりも嬉しいだろうと
思ったから)

肩をすくめて、首を振りながら部屋に戻って行った。


なぜ???


PageTop