FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

義実家にもう何年行ってないだろう

夫も誘わない。

自分だけが行ってくる。

息子を一人、10年ぶりに連れて行ったり

その前は娘が一人で遊びに行ったりしたくらいだ。

私はもう行く気力がないし、行ってもはるかに気の強い人といると
おそらくそこで倒れてしまうに違いない。
それほどもうだめだ。

昔は行ってたよ
ボーナスの何分の一がふっとんだけど、子供を見せにね
荷物が何て多いの?と言われながら、車で10分のところにいる小姑の
気楽さしか知らないのかよ、もっと想像力を働かせなよ、と
心の中でつぶやいていたものだけど
一旦家を出たら、義実家と実家の二軒分を渡り歩くのだから多いに決まってるだろうと

遠距離介護で疲れまくってるからと、7年くらい行かないで済んだ時はほっとしたけど
それが無くなった後も、相変わらず不義理をしているのだ。

とにかく倒れる、と思う
それくらい苦手

昔、義実家に行ったら泊るし、お風呂にも入ってすっぴんを見せると
人にいうと、

きゃああ、耐えられない お風呂だなんて、泊ったこともまずない
車で行って、あいさつして、お茶を飲んで来るくらいと、今まで二人くらいに
同情されたものだけど
近くにいる人は、新幹線などの乗らず、ちょっと行ってくるくらいでいいのかと
羨ましかったものだ。


今じゃ、私一人行かなければ、交通費で、いい炊飯器にも買い替えられるし
そこそこのオーブンレンジも買える
もうそろそろ買い替えねばならないくらい、長く使っている
トースターなど、SANYOのものだ、見ると
ちょっとした温泉旅行にも行けるしね、一人分で

もうそんな気分だ。

夫の女きょうだいなど、今まで親の力を散々借りることが出来て
未だに介護すらしたこともないし、まだそういうことも辛うじて発生していない。

羨ましい限りだ。

行かないことを悪いとは思っている
悪い嫁だと
もういつ死んでもおかしくない年になってるのに

でも、この世で一番苦手なのは、そこなのだ。
身体が動かない。
愛想笑いすらも浮かべる気力もないくらい、ずうずうしい
おばさんになっちゃった。

スポンサーサイト



PageTop

止まったまま

もう何年止まったままだろう

新年を迎えても、心が晴れないし、何か新しく始めようとか
前向きな気持ちになれない。

スポーツを始めるとか、小さな変化を求めて行動したけれど
大きな意味での変化がないかぎり
いつまでも足踏みしたままでいるしかないのだ。


最後の親の務めが果たせていない。

果たそうとしたけれど、その手前で子供がバグった。


今年も闘いの年になるだろう

しかしまた年を取ったのだから、いつまでこんな生活が続くのだろうかと
思うと不安で仕方がない。


息子を社会に送り出す

また今年もそれを目標に毎日を過ごすしかない。


娘?

祈るしかない。

本人が求めて無さそうなので
天から偶然に、いや、否応なしに、か、降って来るのを待つしかなさそうだ。

PageTop

やる気のないお正月


大晦日
すき焼き
CIMG3144.jpg


紅白の終わりがけに天ぷらそば 画像とりそこね
(子どもたちと私は紅白視聴 別々の部屋でね)



正月のお昼は朝昼兼用
注文したおせちと家で作ったもの少々
お雑煮
CIMG3145.jpg


来年はこの形式のおせちじゃないものを買おうかな

飽き気味

PageTop