FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

この状態で通勤するなど

家族が可哀想だ。


金曜日は娘が有休をとっていた。
お昼は出かけて食べる?との誘いに
つい乗ってしまった。

怖い気持ちより、娘とおいしいものを食べたいという気持ちのほうが
勝ったのだったが、あとで後悔した。

マスクをして、アルコール除菌ウェットティッシュを握りしめ
いざ、今度は違うデパートの回らないお寿司

なんとまあ、今までたくさんいてもあまり気にしなかった観光客が
目に付いて目に付いて
コロコロ転がしてたり、ちょっと派手なジャンパーを着てたり、
青いマスクをしてたり、たまに黒いマスクの集団が
いつもより多い。

街中でも、エスカレーターでも、どこでもうじゃうじゃいて
恐怖
娘とちょっとすごくない?と言いながら、エレベーターに乗ったら
なんと半分は某国からの観光客に囲まれた。

うあああああ
心の中で叫んだ。

まさか回らないお寿司には来ないだろうと思ったら
隣にやって来た女性二人は日本語じゃなかった。

うあああ近寄らないで

しかし富裕層もいるだろうから、年に一回も来なかったくせに、ここ最近
娘のおごりでやっと来てる貧乏な我が家より、ずーっと来る権利があるんだけどね


ここは日本なのでしょうかって感じ
上品だった場所が、団体のバスが乗り付け、
立ち食いロードを闊歩する場所に変わってしまって、今まで来てた
日本人が来なくなったりとかね

北の国だって、あの国で北の国を舞台にした映画がヒットしたら、ロケに使った温泉に
人が殺到したりね

習慣が違うからね
注意書きはしてるけどね、流して下さいって

とにかく、出かけて、しまった!と思ったくらい
二週間の潜伏期間中かも知れない人たちの
数が多すぎて怖かった。
恐怖を感じたのは初めて

娘は明日からの通勤を怖がっている
夫も通勤
息子も人混みに出かけなければならない


どうなっちゃうんだろうね

スポンサーサイト



PageTop