FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

自粛などはしない

してって言っても聞かないところは、やはりそうだったよね。

だって、日〇政府の言うことなんで聞くわけないのよ

この国に住んでる だけ なんだから


しかし行くほうも行くほう

でもね、昔、いや、私たちの年代の人間は、学生時代とか行ってた人が多いのよ

手動だったけどね

当時ネットも無いし、ゲームも無い あったとしても、ジュースを飲んでるテーブルで
ぴっこぴっこと音のする、小さな球状のものを、こっちのレバーを押して対戦とか
その後、インベーダーゲームが出てきて、流行ったけど、廃れるのも早かったし

でも、すぐ手動で無くなって、じっと持ってるだけで良くなってからも、人が暇つぶしに
いや、射幸心を煽られて熱くなって、大金を失うってパターンだったのよね
旦那の人生を思い出すと

今は全くしていないし、アニメ?とかになってから全く行ってないけど、
当時、まあ恐ろしいことになりまして
あのお金があったなら今頃我が家は、と思ったりもするし
あれがミサ○ルに化けたのかと思うと忌々しいしね

しかし今も喜々として行ってる人いるね~
こちらは大きな代償を払ったことと、ヒマつぶしの代替品を見つけて足を洗えたけどね

いったいどれだけの日〇人の富が流れて行ったのか
それは現在形でもあるけど
この娯楽は日本人の負の部分であると思うわ


どこかで聞いたことがあるけど
銀行にお金を借りても返さない人たちがいたんだって
それもほとんどの人が
そうすると、銀行がつぶれるわけよ
当事者じゃないのに、それに莫大な血税を投入して救済させられたことがあるでしょ
いつだったっけ

もうね、尻拭いとかね、どーしてしなくちゃならないのよ

誰かがそれを指示したのでしょ?

なんかね、屈してるというか、自分の足で歩けなくされてるというか
取り戻せてないよね

もうこれが100年近くなると
人数も入れかわりそうな気がする

こういう時、とても絶望感にさいなまれるわ

スポンサーサイト



PageTop

大き目のカラーボックスを捨てた


居間の窓際に置いてたものを、中身を取り出して、捨てることにした。

最初は息子の部屋にあったものだが、下が机になっているパイプベッドを処分したあたりで
その本棚タイプの木目ラーボックスが居間に移動したのが数年前

入れるものはあったし、あると便利なんだけど
窓際なので、サッシを開けて、布団を干しに向かうときなどに、狭いな、じゃまだなと
毎回小さなストレスが溜まっていたのね

それを撤去する作業を今日はした。

中に入れてたものを出すと、結構な量
そう、中身を広げると、びっくりするよね


でも、まあ中に入っていたものを分散させたり、捨てたりして
終了


こたつ布団(フリーズ)も洗ったし
娘もいたので(仕事は皆で交代で三日行っては休み、というパターンを繰り返すようなのだ)
食事を一緒に作ったしていたが、断捨離関係もついでにってところだ。

勢いがついた。


次回は電子ピアノを捨てることにした。

娘が3歳の時に買ったもの
ピアノを習う前に買ったもの 以来30年?
ひえええ
娘はたまに弾きたいと言っていたが、自分の部屋は狭すぎて置けない。

仕方なく居間に置いているものの、上は私のものでいっぱいだ。

主に雑誌や本ね

そこしか置くところが無いのが我が家の住宅事情なのだけど
違和感あるよね、とずーーーーっと思ってた。

けど、捨てられなかったのは、これを捨てると娘はたまに弾くこともできない
ここ数年は親のものが、下のペダルのところまで進出して来てるから
あきらめていたものだけど、思い出がありすぎてね。

幼い姿で弾いていた姿まで目に浮かんで

当時でいくらだったか、30万くらいしたっけ?

そんなこんなで捨てられなかったものだけど
娘がもう手放していいよ、と言い始めていたので
近いうちに決行しようと思う。
宙に浮いた私の私物は、それを納めるものを買って移動させよう
そうしよう

世の中が今後必ず変わる
何かが変わる

悪いことの方が多いけど
よくなることもあるはずだ。

恐怖で身体が固くなっていたけれど
身軽になることも、精神衛生上いいねと
思っている。

まずは新しい棚を物色してからだね


さあ、いつになるか

PageTop

息子はズームによる飲み会を覚えて


あれから色んな人とやったようだ。

誰それは 画面上に元かのと今奥さんが同じ画面にいたよ
と笑って居たり

金曜日などは、今日しか仕事の関係で出来ないやつがいるから
黙っておいて、今日は
と、明け方までなにやらぼぞぼそと話していたようだ。


誰とも会わない、話さない、家族とだけ話す日々を続けてきたのに、

急に堰を切ったように、人との交流が始まって、大丈夫かいとも思うのだが

昔に戻ったような日々を送れていることは、よかったとする方がいいのだろうか


違うのは、学生時代以来、久々に交流した人たちは今や、公務員だったり
税務署勤めだったり 大手建築会社だったり、
そして子供がもう二人いる人、生まれたばかりの人、結婚したばかりの人
それぞれ30前の男性として、それなりの生活をしているという。

あーた
連休だから相手にしてくれるんだよ?
今後は皆そんなに暇じゃないわ
と言っては見たが、
一番分かってるのは本人のようだ。


PageTop

コロナ太り


運動し始めたところも閉鎖してるし、再開のめども立ってないし
家には籠ってるし、で、体重は最高記録を達成した。

前は66.6kgでオーメンかよ、とか言えてたけど
67,2kgだってよ?

じわりじわりと太っていく

仕事をしていた時は、お腹は出っ張ったままだったが
確かに最後の方は、61㎏台で、50㎏台に戻れるかもと期待したほど
ハードな仕事の上の、ご褒美だったのに
10kmも歩いていた生活でもそうなのだから、歩かなくなったらこうなるのは
火を見るより明らか


おまけに夜食

この体を維持するのにはどうしても必要になってくるという
悪循環


で、ここ数日、活動量計を首に下げてるので
6000歩(実際に街を歩いたわけじゃなく、その場足踏み)を
この四日間続けている。

ラジオ体操も二日続けている


こうやって何度今まで一時しのぎの運動を記入してきただろう

何度頑張ると行って来ては、しばらくサボるを繰り返してきた。

でももうこれ以上は無理

お腹の出っ張りが、妊婦の大きさだからね~

見苦しく、着れる服が少なくなってきた上

肥満している人は、今回の病には重症になりやすいとどこかで見たので
慌てて痩せようとしている

もう今年あるはずだった会も無いだろうから、役もしなくていいだろうし
飲み会も無いのだけど
去年のいつだったか、もう一年になるかな
お腹の出っ張りを見られ、ひどいなー夢を壊すなよ~と言われたことを
思い出して、頑張る気にその後なっていたのに、人間は楽な方に流れるものだから
今のありさまだ。

肥満分が減っても。最後までお腹の出っ張りが治らなかったら
その時は病院行き?かな

PageTop