FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

娘が頼り

息子は土日の遠征で、発するとげとげしさが少しだけ和らいでいた。
相変わらず家族とも喋らないし、同じ食卓には着かない。
お昼に高菜と卵のチャーハンと、冷凍しておいた最後の辛子明太子で、青紫蘇やバターを使ってのスパゲッティを
作りすぎたと思えるくらいの量をテーブルに置いていたら、早めにやってきて、なにやら食べている様子
本人が去った後、座ってみると、高菜卵チャーハンがすっかり跡形もなく消えていた。

まあいいか

月曜に有給をとってる娘は、自室で春のコートの物色に忙しい。画像を指してはアドバイスを求める。
オンワードのJ.PRESS?いいわね、色はどれにする? 持ってるコートは暗い色が多いから、今度は明るい色にしたらどうよ? モデルさん美人ねーなどなど
こういうファッションに関してのあれこれの談義は楽しいもので、女同士の会話は笑いも漏れる。
美人で(勇気の要る書き込みです)性格も穏やかで、きっちりしていて、人の気持ちも分かるし、少々毒を持ったちくりとした会話も大笑いできる。
彼女のいない日は、男二人と私だけで、ピリピリしていて気が休まらないので、こんな日は本当にほっとするのだ。

なごむ、その一言
その上、猛獣使いとして(弟の扱い方が)優秀

娘が家を出たのは、会社近くで一人でやってみたいということもあったのだが、本人曰く、息子が高校時代から
トラブルが絶えず、家の居心地が悪かったこともあるという。

あのーー私も出たかったですけど

外食もしてない私に、スシローの持ち帰り(普通は現地で食べるよねぇ)を明日のお昼にしてくれるようだ。

娘のおごりで

ありがたや
海老とオニオンスライスとアボカドが乗っかってるのがあるでしょ?それ、好物だから忘れないで買ってね。

地元の田舎住まいなら、縁談が舞い込むものを、都会のコネなし核家族、女ばかりの職場というハンデで
嫁に行く(行ける)気配もないが、こんな良い子を人様にあげたくない、というのが本音だ。

いや、・・・・・・・・・・やっぱり頼っちゃいけない。娘には娘の人生がある。

どうか面食いの娘に王子様が空から降ってきますように

家と会社と実家の往復路に降ってきてください。 
狭すぎる?

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する