FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

田舎の噂

法事日帰りしたとき、面白い噂を聞いた。
法事の場所は菩提寺 その後、割烹に移動したから、実家近くに全く寄らずに帰ったので
見てないのだが、いつも通り道にあったお家の老人が亡くなって、今は更地になってるらしい。

へーー、塀に囲まれて中が見えなかったけど、いつも煙が上ってたボロ家ね。
いまどき薪を使ってるなんてね、と思ってた。

そこには80代の爺さんがいたらしい。数日煙も立たないから、近所の人が連れ立って踏み込んだらしい。
すると、亡くなっていたのだけど、なんと、現ナマが一億円あったそうな
見つけたのも近所の人らしい。

預けずに、現ナマ??
瞬く間に噂が広がってしまったのは、異様な話だからだろう。

いつも実家行きの時に通っていたので、あの家に一億?と驚く娘に、
当時はほら、高金利だから昔の人は増やせたのよ~と娘に言いながら、
いや、この方は預けてない、と気づいた。
どういう人生だったのかは知らないが、これくらいあるのが普通なのかな?
使わないで亡くなるなんて、可哀想 せめて5千万でも使ったらよかったのに、と下世話乍ら考えた。

その家には嫁いだお嬢さんが二人いたそうで、
私より年上か年下か、全く接点のない学年だったのだろうけど、
いいな~ 一人5千万か~
つい指をくわえてしまった田舎の噂話でした。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する