FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

動きのない

全く家に風が流れない、動きのない日々だ。

息子にバイトがある日もない日も、お昼を作って食べさせる。98%家にいる。
外食もしない。昼も夜も
車もないからアウトドアもなし、気ままなドライブもない。
目的があって電車移動するだけ 
然の産物や、出会いや景色が皆無
ペットも禁止で、無機質
鉄筋コンクリートの箱の中で一日

自然を眺めようにも、外は高速道路に、マンション群に、詰んだ家々

人の動きもない。
子供と付き合ってる人の出入りもないし、いや付き合ってないって その前に。
華やいだ行事も皆無
本来あるべきものがない。
一家四人が再び集結して、ちんまりと暮らしてるだけ
ごめんよ、子供ら
風遠しの悪い家で育てたかもね

最近は、娘の一人暮らし時代の荷物の残骸がトランクルームにあって、それを毎週持ち帰ってる。
どんどん細々したものも増えてきて、これ使う?あれあげる、と言うので引き取ってやっている。
なのに、ママ、家が散らかってると言うのはあまりにヒドイ仕打ち

しかし遠距離介護時代、とてもとても辛かったし、汚くて気分が悪かったし、体力気力の限界を感じたものだけど
ほっとした時もあるのね

まず鉄の扉でなく、人の出入りがあったこと 家の中を風が流れてた。
ペットがいたこと
庭の草花を眺めたり、空を眺めたり、
だから、つらいつらいと言いながらリフレッシュしていた6年間だったかも、と今思う
自分の生まれ育った実家だものね。

ところで、跡継ぎのいない実家を誰が片付けるのか、今は実行出来てないし放置してるが
墓じまいには100万くらいかかるとか、先日の法事で住職が言っていた。
家の解体、不用品の撤去などにも大金がかかるだろう。 まだ住めるのに
何かをしまうのに数百万かかるのに、
一方では、こちらは自分が入る墓を一から買わねばならない理不尽

え?今皆が病気もせずに暮らせているし、ご飯がとぎれず食べられているだけで十分じゃないかって?
そういう声がしました。
その通りです。
しかしです、つまんないです。

しゃれた店でお茶を飲むより、屋根をたたく雨音を一日聴き、野の花を眺め、てんとう虫を、アマガエルを指でつつき、
蟻の行列にエサを投下する方が幸せな女です。どれも欲してても出来ない

こんなに何も動きも無くて、風も吹き抜けないようなブログにようこそ、です。

でも、風が吹き渡るよう努力をしなければならない、と思います。
頑張りますわ
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する