FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

その人にとっては一大事

だろうけど
私からしたら幸せに見える人がいるんだけど
人はわからないね。
かくいう私自身も、重いものをかかえてるけれど、お気楽そうに見えてるだろうか


あることから電話相談を受け、それ以来、3日に一回?長くても一週間空くくらいでメールありの
高校同級生がいる。(大人になってからこちらの会で知り合った)

元高校教師だ。

田舎のちょっと勉強できる女たちは、こぞって教師になろうとする。
だってそれしか仕事がない、ってこともないけど 医師になったり薬剤師、看護師になった
子もいるけど
一期二期(年がばれちゃう)の国立大の教育学部を出て先生になるのが目標
都会の私学に行っても、免許をとるだけでなく、採用を決めてくる。

こちらの支部の同窓会に行っても、よく考えると女性は元(現役)教師ばかり
7人中 中学二人 小学校二人 養護一人 高校一人 あれれ自分だけ一般企業勤務経験あり??冷や汗もの

お正月のクラス会に行った時、よく考えたら、その時も何だか違和感があると思ったら
女子7名中、二人が保健室の先生 二人が中学教師 一人が幼稚園
後の二人に自分が含まれてた。

なんだか怖いくらいだ。 いや、事実怖い!
何で先生ばっかりなんだよ
教師になる夢を見なかった、というか自分は出来が悪かったわけだけど、そうでない人も中にはいるでしょ
教師なんて職業が苦手な人もいるでしょーに

他の生き方が出来ない田舎って本当に息苦しいわい
というのが本音
出来が悪かったことは置いといて

話が逸れた。

で、彼女は学者と晩婚で結婚して、一人っ子がちょっと問題がある。
それに毎日振り回されているわけ

気持ちは分かる。
だって、問題を抱えた子供を持つ身だからよーーーく分かる
こちらも余裕はないけど、必死に考えてメールを返す。

だけど、だ
子供は一人
夫側の介護はゼロ
自分の親の介護もゼロ 
どちらも可能性は今後もゼロ
家の処理もない。

(あ、もしかして旦那がいるか)

とてもお気楽に生きて来れたし、今後も華々しい日々が待っていたはず、だったが
少し様子が違ってきたわけ
長く独身で働いたので厚生年金じゃない、えーっと教師はなんだったっけ
とにかく子供にかかりきりで居られるわけよ。
とてもとても羨ましい境遇です。
そう、羨ましい

それを言うための前置きが長すぎました。
だから、その羨ましい人に、考えられる限りのアドバイスをしながら
こちらのほうが泣きたいくらいだ、と感じる時があるってわけです。

でも、人と比べちゃいけませんね。それぞれの事情は違うものね
そして人間関係は持ちつ持たれつ
まだまだ大人になり切れません
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する