FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

数時間出かけてきた

水曜日は一時間残業だ、と夜9時までバイトをして帰宅

その後、自堕落に過ごして、金曜など、あージムに行こうかな、どうしようか 
言いながら、結局行かず
服もこちらに畳んだものが増え、自室の入ったところにもうず高くなってしまい
夫に、私が言っても聞かないから、ここはちょっと何か言ってくれと

しかし夫も嫌なのだ。どうして俺が?何回言っても無駄だってわかってるだろ?だ

でも、言うのよ。何百回だって言うのよ。の私の言葉に反論してたけど

結局、部屋に行って、ガチャリとドアの音がする時は、夫が何かを諭して居る時だ。

片付けさせてきた。とぽつり

ああ、やっぱり父親の方が怖いんだな
この調子で頼むよ、旦那

土曜に午後、娘も買い物 夫も少しだけ用事で出てる時にやってきて

××と〇〇駅で会ってくる

その××というのは、顔も知らないが、中退組の3バカのひとり  
夜中の遊びに息子を散々連れ回した人で、夏に 三バカその一の結婚式で会っている
〇〇駅に行くには30分以上かかる

月曜に、遠くから休みで帰ってくる、ただ一人優秀な、某研究室にお勤めの、
以前私が涙ながらにメルアドをゲットした、同じく夏の式で会った同級生と
会うと聞いていたので、なんとまあ、急に忙しい

ユニ○○のジャケットを着て現れた。
頭に寝癖がついてるよ、あんた
と直してやってたが、もう立派な成人男性の体つきだ。
顔は別として、シルエットがなかなかいいじゃん
親の欲目で見なくても、シルエットだけはいい

ニートで引きこもりで無ければよかったのに

夕ご飯に間に合うように機嫌よく帰宅したが
本当に××と会っていたのかは知らない。


関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する