FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

捨てたら新しいものが入ってくる

今年は掃除より、捨て、だと思ってるので
少しずつ捨てている。
娘も部屋からどんどん出してくる。あれほど出したのに、まだ出るのかと驚く。

娘は捨て、だけど、私は工夫もしている。
玄関の薄型シューズボックスの上に、ニトリで買った二段の木のラックを
重ねて、男性陣の靴を載せていたが、どうも上部に空間があるのがもったいないと思ってた。

ベルメゾンでとうとう収納ラックを買って、やっと上下に二足乗せられるようになった。
ついでに玄関マットも買った。 なんと、昨日買った本の、風水師のおすすめマット月としずくだった。
スリッパも買った。
ユニク〇のルームシューズは、冬のは苦手で、かかとの方が下がってるので歩きづらかったのよ。

パープルのふわふわトイレマットも買った。
窓のないトイレには、パープルだ。

藁にも縋るとはこのことか

しかしだ、いろいろ捨てても
新しいものが、なぜか入ってくる。

ものをいつまでも買わねばならないのか人間は?
と思いつつ
気分がかなり違ってくる。
明るいほうに、どんと変わる
何かを変えないと、何も変わらないんだね。

ずっと同じものを節約のために使い続けることは
人間にとって、変化に乏しすぎて、ある意味腐っていく部分もあるかもね。
よどみを感じるというかね

今、特に変化を望んでいるのは自分だ。
こういう境遇が、より一層拍車をかけてるかも
やみくもに捨てたり、変えたり、替えたりとね。

こういう人生に変化が少しでも訪れてくれないかな

たまに見るyou tubeの番組が、安東英子先生の片づけね
ただ片づけるだけじゃなくて、ズバズバ温かい助言があるのね

家って怖いんですよ、という言葉が染みるわ

TV番組→   ここ

あ、これはのちに見たら削除されてたので
別のお宅に行ったものをあげておきますね      ここ


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する