FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

外食をしてないと枯れてくる

気持ちが、ね。

西川美和さんって作家さん?なのでしょうか
その方の文がすっと入ってきたことがあって

学生時代に、母親が上京してきた時に、居酒屋チェーン店に連れて行って、
 ザ・居酒屋メニューのようなものを食べさせたら、
しきりに美味しい、美味しいと言う母親を不思議に思ったそうで


『ただ黙ってすわっていれば、他人が次々と食事を作って運んでくれることの
<旨み>を噛みしめるように味わっていたのだ』


と、その時の母の様子を表現し

その後、あることから、自分がそれを体験することになり
自分が何を食べるか一度も考えずに済む日は少ないことを実感し、

『そろそろご飯ですよ、と言われて席につくと、誰かが作った食事が
湯気を立てて並んでいることの安堵感に意表をつかれる』
と書いている

ああ、これこれ、これだ、自分が欲しいもの、欲しい一瞬はこれだったんだ
と思ったのね

親亡き後から、つまり30代半ばから自分の作ったものを食べるばかりで、
欲してたのだな、きっと
そういう甘やかな瞬間ってのか

その代替品にはならぬが、外食ってのは、それを疑似体験できるんだろうか?
もちろん非日常を味わえる高級品とかもあるだろうけど、
ちょっとその辺の外食でも、幸せになれる瞬間があるんだろうな

また今年も外食は殆どしないんだろうな


関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する