FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

また間違えてメールを送ってた

近場の皮膚科の待ち時間、ガラケーのメールの削除でもしようと
買い物依頼とかのくだらないものもあるはず、とあけたら
金曜に、

布団を干してやった
取り込むとき昔ほど元気がないというと
還暦近いもんな
俺、60まで生きたくない
今でも生きてるのがつらいのに

と言うの
聞く方に身になってくれよ、だ
明日心療内科だけど
こんなことを追加できない?

みたいなものを

夫に送ったはずが
息子に送ってた。


さーーーっと血の気が引いた

もう一つの次のメールは夫にちゃんと送ってた。

そこには、相手をぼこぼこにしてやりたくなるといった、続きの息子の言葉が書かれてあり
最後には私が一緒に死んでやった方があの子も楽になるかも

などと、怒りのメールではないものだった。

土曜の午前中に心療内科に行った後、午後3時からのバイトを休んだのは
体調だけでなく、自分のせいもあるのかなと思ったり

とにかくメールが怖くなってきた
一旦は放った言葉は返ってこないから
猛反省中

遅いけど
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-02-06(Mon)17:28 [編集]


セツコさん

ははは
意味不明でしたが、お気持ちはなんだか伝わってきたので
エイエイオー!感覚でご返事しましたが
飲んだくれてましたか


忠告って右から左ですよね、ほんと
親の言葉とナスの花の、千に一つも無駄はない、でしたっけ
一回こんなのがあるんだと教えてやりましたが、スルー
まあ、一生わからないと思います。息子は

しかし我が家が嫌い、この家が嫌い、と言われても・・・・と思ってたけど
よく考えたら私も嫌い(笑)
自分で作った家庭なのに、
理想と現実は違いすぎました。


息子さん、深夜までバイトですか、偉いですね。
TVも見てる息子さんなんですね。TVには宝が詰まってる場合もありますしね。

TVなど一切見ず、スマホとPCのゲームに明け暮れてる我が家の息子は
親の言葉が耳に入らなければ、いったい誰の言葉で成長するのでしょう

現実を生きてないんですね、うちのは

開き直りのぎゃはは笑いでもしとかないと
身がもたないですね、ほんと
またのお越しを~

どんぶり | URL | 2017-02-07(Tue)00:02 [編集]