FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

宿坊体験

娘と行ってきました。
一泊二日

ずっと前から行きたかった場所で、やっと実現したのです。
瞑想、護摩焚きなど、フルに楽しみました。

夕食(一人分、お膳が三つ)

CIMG1619.jpg

朝食
行事を二つもこなした後だから、お腹が空いてたよ~
CIMG1620.jpg



写経も納めました(自分だけ) なぞるだけなのに、わからない漢字があって
ええい、もういいや、とテキトーに書いて、納めるのに千円
超へたくそだけど、納めることに意義あり、だ。

CIMG1621.jpg


あと、肉親の供養を一年間お願いするのに3人分で9千円
線香やローソクに一束50円とか、拝観料もそうだし、宿坊でのコーヒーすら
いっぱい100円とか、すべてにお金がかかるのね~
帰宅するときだって、デパートで夕ご飯を買ってきたから、家を空けるだけでも
出費

全部お金、なんだね~ しみじみ

娘に内緒で、良縁祈願の護摩を一本千円で頼んだし
息子には病気平癒だ。 
そう、ビョーキだからね


しかし、外国人の方が多かったです。宿坊体験は日本人の方が少ない。
トイレ、バスはたまたまついてる部屋だったのだけど、超ハイテク!
なのに、部屋は青畳の匂いがまだ新しく、とても「和」、だから快適でしたね。

宿坊にはお坊さんの修行をしている人なのか下働きなのか、男性ばかりで
部屋にお膳を届けてくれる人がフレンドリーで、しばし話をしたのだけど
写真を撮って差し上げますよ、と彼が言ったとたん、娘がぎゃぁと身をひるがえしたのに
驚いて、説明するのに苦労した。
この子は写真を撮られると、魂まで取られるかのように嫌がるんですよ、と

親と一緒には写真におさまらないのだ。

絶対に旅行中でも写させてもらえない。だから一人旅の様相なのだ、自分は
母親の気を抜いた後ろ姿とかは撮るくせにね

異様に嫌がる姿は、ほぼビョーキか
友人と旅行をしたときは最低限撮る様だけど
娘まで病んでるのか?
心配なところである。そして、とても悲しい。


しかし俗世界を離れ、天空に近いところで、心洗われる経験をしたが
娘はまた一人でも行きたいと言った。
いや、絶対に行くと言ったかな?

宿坊の男子たちが気に入ったのかしら?
よく見よ、スキー場で会った山男が、下界で見ると大したことなかったり
海で出会ったサーファーが、街中で冴えないようなものかもよ?
と言いたかった。


そして足が痛い。
二日間で10kmは歩いてる。普段ほとんど歩いてないから、痛くてたまらないし
精進料理を食べたし、運動したし、絶対に痩せてるよ、
と期待して、帰宅後体重計に乗ったら、
なんと、逆に増えてるよ、
62,3㎏だった。

最高じゃん

なぜ?

どーして?


そういや、宿坊を後にして、一番に娘が食べたものは牛丼
私は天ぷらそば

身につくよね


お土産はゴマ豆腐や、もろみや、せんべいや、色々と
白檀入り線香や、塗香(ずこう)など

また行きたいな~
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する