FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

不眠症になりかけだろうか

息子より遅く寝て、
息子より7時間も早く起きる

って、まあ息子が寝すぎなんだけど
昨日は、午後にあまりに疲れててうとうとしようと横になったら
メル友の同級生女性からメールの受信音が鳴り響く。

あああ
その返事を入れてたら、もうご飯の準備が気になって寝れない。
そしてそのまま起きてる

そういうのを繰り返してる。

不眠症になりかけかもねー

昔、疲れから(睡眠不足とか)肺炎になったことがあって
身体が弱いから要注意なのです。


息子、今日はバイトがあるから夕方には起こさねば
とみると
よく長時間寝られるね、この暑さのなか、状態
それもこどもたちの部屋は西側にあるから、むっとするほどの熱気

タワー型の扇風機が回ってたけれど
温風を掻きまわしてるだけじゃん、と寝てる息子をまたいで
窓用エアコンにスイッチを入れて、28度設定 それも風が体に直接当たらないように、
吹き出し口を上に向けたりと気を使ったのね。

娘の部屋もひどく暑い。掃除機で回ると、寝ている息子の部屋を避けると
最後の部屋がここ(玄関を挟んで二部屋あるから)

汗びっしょりになったので、窓用エアコンを見ると、コードすらぐるぐる仕舞ってる。

暑い

エアコンをつけてから掃除機をかけようとコンセントに差し込もうとしたら、
箪笥と壁の隙間がほとんどなくて(模様替えをしたのは冬?だった)
これじゃあ、娘はコンセントを差せないじゃないの
と、そのロッカー箪笥とワゴン式のミラーを汗だくで入れ替えた。
これでコンセントを差せる。
よし

メールではかくかくしかじかで入れ替えさせてもらいました。と連絡した。


息子起きてきて

勝手に空調を触るなよ
ちゃんと風の向きとか考えてるし
だから、エアコンをつけられて、体調が悪くなった。
ああ、だるい、なんだかだるい
頼むからもう触らないでくれ


のようなことを言われた。

だって、あのうだるような中で寝てたから
気をつけます、もうしません

謝っちゃったよ
で、体調が悪いなら、ごめん 悪化させないでね
と葛根湯を飲ませた。

ぷりぷり迄は行かないが、ご機嫌斜めで漢方を慌てて飲んで、
バイトに向かった息子の残した臭い靴を洗いながら

老いては子に従え?
早いじゃないの

と こちらも落ち込んでいたら
娘帰宅

勝手に触らないで  (ぷりぷり)
エアコンをつけるタイミングは自分で決めるし

ごめん、じゃ箪笥をもとに戻す

いいから、もう今日は(ぷりぷり)



謝ってばかりの本日だった。


息子、バイト帰宅したあと
夜皆が寝静まったあと

明日遊びに行くかも

と言った。

ふーん・。・


そうしか言いようがない。

無職のまま、根本は改善されないまま
何年間、会いに行くのだ。

時期が早いとか、前回いつだったかとか思い出せない。
ここを見ればわかるのだろうけど

髪の毛は梳かない、片付けない、洗わない、の息子だが
ここ数日、背中を洗うことに熱心だ。

というのも数日前、上半身裸で冷蔵庫にやってきたときに、背中にぶつぶつが見えたからだ。

ちょっと待ってよ
背中を見せて

噴火しそうなものが多数
顔にはニキビなどないのに、なんだ、これ

お風呂はものの5分で出て来るから、まともに洗っちゃいないのは分かっていたが
この背中の惨状は、数年物だ。
年季が入ってる。

なんて汚い背中だ。
洗え、洗うんだ、分かったか

と合わせ鏡で
背中を見せて、ぶつぶつ具合を見せてやったから
本人もケアし始めたってわけだ。

それにしても、数日で綺麗になるわけもなく
まだほやほやのぶつぶつが全体にある
イミュのはとむぎのジェルを塗ってやったが効くかな?

歯磨きに背中磨きに
清潔の習慣をつけるのは今頃っておかしいよね。

ちゃんと教えて育てたけどね。

明け方までゲームして、夕方からバイトに行くってのが、昔からそうだったかのように
定着してるのは、一人暮らし後半の頃は
学校に行かずにそういう自堕落な生活をしていたのだろう。
いや、退学してからも八か月は一人で暮らしてた、バイト先が繁忙期だからと
彼女と別れたくなかったから

今は栄養のあるものを食べてるが、カップめんに、納豆ごはんで生きてたのだろう。

帰ってきた当初は、とにかく元気になって欲しくて、とにかく気を使ってご飯を作って
一口でも多く食べて、という気持ちだった。今まで不足してたものを補ってちょうだいという親心

なんだかな
今は、気力が失せちゃってるよ。

自堕落な息子すぎて、
自分がそんなのに手をかけて、ばかみたいだと思えて来ることがあるよ。


関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する