FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

ゴキブリはお友達?

実家に介護に行ってた時、深夜トイレに行くと、
手前に手洗いと男子朝顔、奥のドアの向こうが便座

だったのね。

で、ある時電気をつけて、入ってすぐ
さささっとゴキちゃんが足元にやってきたから
ぎゃああとゴキジェットをシューーーっとして退治した。
ころりとそこに果てたゴキを放置してた。

明日処理しようと

朝、起きると、大きなカレンダーの裏に、マジックで

ゴキブリ コロスナ

と、サクラ サクラ、の尋常小学校時代の教科書のようなカタカナで
書かれたものが、流し台に置かれてて

歩くのもやっとな父がぷりぷりしてた。
わしの友達を殺したな?


はあ、友達?
ゴキブリが?

長い一人暮らしでおかしくなったのか
我と遊べや そこのごきぶりかいと

ごめんごめんと謝って
それ以降は、コンバッ○のおかげもあって
そういうことはなくなったのだけど

のちにそれに似た話を聞いて、ぞっとしたのは
本当に怖い話ってのをyou tube でたまたま見た時に
東MAXが、恐ろしそうに話してた話があって、
あまりに類似した話に膝を打ちました。

親の代から欽ちゃんと親しくて、数年前(この番組の放映の)
、東MAXは大将のお家に行ったらしい。

夜10時ごろ、居間でくつろいでいたら、目の前にゴキブリがやって来たので
その辺にある紙を丸めて、パンと叩いて仕留めたらしい。
そうしたら、欽ちゃんが激怒して、

なんてことをしてくれるんだ、
俺の友達だったんだよ?
夜10時になったら現れて、クッキーをやったら、頭をこうやってぴょこんと下げて
ありがとって挨拶して帰って行くんだよ?
なのに、お前はなんてことをしてくれたんだ

と二時間たっぷりお説教されてというか怒りをぶつけられて
まあ、怖い話でしょ?と
ローソクの炎の前で話を披露して、皆がぞーっと
震えあがるお話

をのちに聞いて
ああ、父は欽ちゃんと同じ 
トイレに行って電気をつけたら、必ず足元に現れてくれるゴキちゃんを
憎からず思っていたんだ、と
その時やっと気づいたのね

私は当時ひどいことをしてしまったんだ。

コンバッ○の話から膨らみましたね
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

優しいお父さんですね。
久々に思い出しました夏の風物詩「G」
「G」には罪はないのですがね。
そうです、電気つけると、ギョ!っとなるあの感覚
私はもう10年ぐらいその感覚忘れていました。
絶対に逃がさない派の我が家に出たGは お気の毒。
汗をかきかき💦真夏の夜に大バトルやってた頃を懐かしく思い出しました。
だって、潜んでいると思ったら安眠できませんよねー。

はっこ | URL | 2017-07-16(Sun)06:07 [編集]


こんばんは

(ΦωΦ)フフフ…優しいというか

我王(火の鳥)か はたまた仙人かってな感じだったのか
本当におかしかったのか
ビミョーでしたかね。

しかし夏のあの大運動会
ゲーム性を帯びたあの大捕り物劇
なつかしいですよね

出ないなら出ないでほっとするけれど
どことなく寂しい気持ちもしますね(笑)

あ、やっぱり嫌ですよね

どんぶり | URL | 2017-07-16(Sun)23:01 [編集]