FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

懸賞もそこそこ

私は懸賞マニアではありません。 が、たまにハガキを出したり、ネットで応募します。

ああいうものは、忘れた頃に届くのが嬉しいですね。
家にある、そばちょこセットも懸賞で、  パスタ鍋は大活躍だし、たぶん一生使うつもり
スカーフは娘が使ってる。

今までで一番の大物は、韓国ペア旅行
勿論行きましたとも。昔
でもね、この旅行はしょぼかった。泊まるホテルも食事もランクが落ちるし、スケジュールもきついし、
免税店だけでなく、商売っ気のありすぎるところに連れて行かれるし、まだ明けきらないうちから朝食に連れて行かれて
そのままバスで移動、とか
朝ごはんを食べたら、すみません、催す人なので、ずっと我慢するのが辛かった。で、時間を空けるともう出なくなる。
失礼
ほかにもいらしたようで、寄る先でお手洗いに行く時間も殆ど無いのに、飛び込む老婦人とかね。なぜ分かったかと言うと、ドアの向こうにいる私を娘だと勘違いされて、話しかけられたのです。出ないわーーと
返事してあげるわけにもいかず・・・・
私も出ないわーとでも言っとけば良かったか

そして美味しかったご飯が、解散後のインチョン空港での食事だったという・・・・・
上手い話には裏がある、の典型かと
こき下ろしてますね。でも、嬉しかったのは確かです。一生に一度あるかどうかの幸運でした。

しかし二日目だったか、夕食時の同じテーブルの方は懸賞マニアで、話によると、そういうサークルの長は、海外旅行はすべて懸賞で行ってるとか
月に150枚だか200枚だかハガキを書いていると
そのお金を貯金して、自腹で行った方がいいんじゃないですかと酔った口で言うと
懸賞で当てて行くことに価値があるのだそうだ。
ほーーー凄い世界を見せていただきました。

あと、印象的な当選品は、世界の朝食セット
ボーンチャイナのシンプルなお皿5枚と、缶詰のスープとかがついてて、新婚ほやほやの私は大きな箱に喜んだものです。新聞の告知を見てハガキ一枚書いただけなのに。  どこの会社のものかも覚えていない。
年月が過ぎ、お皿は全部割れてしまったのだけど、未だに未練が残るのが、一緒に入ってたイギリスのマーマレードのメーカーを覚えていないこと
とても苦いもので、でも非常に美味で、もう甘ったるいのは食べられないーーと思ったのでした。
それ以来、輸入品を扱ってる店で数個買ってみたものの、なんか違う・・・・。ということで二度と出会っていないのです。
メモくらいしとけよ、ですね。

これからも、気が向けば出しますよ。
おっと、私は旅行はもうご勘弁
って、そう当たるものじゃないですわ

とても良い旅行に当たった人はラッキーですよね。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する