FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

作詞家、作曲家って天才としか

色んな歌があるけれど
ヒットした歌ってのは、歌詞や曲もどちらもいいのよね。

阿久悠は凄かったしねー

また天城越えを書いた方、天才だなー、

松本隆もね、

村下孝蔵の初恋も傑作だ

ほかにもたくさんの天才たち

曲もね、平尾さんは天才、越冬つばめを作った円さんも

昭和を懐かしむようになったら、年を取った証拠だわ


最近の曲はね、歌詞は同じパターンを何個か入れたら出来上がるらしいよ。

確かに、行間の余韻があんまりないような気がする。

日本語の能力が衰えてる?


息子が、昔ははやり歌ばっかりあっていいよな、と
数回言ってたけれど
落ち着かない時代だったことは確かだよ
と言いつつ、曲がかかれば、ああ、あのころだ、と思い出せる幸せ。

息子にはそれが無い。娘もだ。
町中をずっと流れる曲が無い。

そんな息子が、you tube見たら?
と言って来た。
癖になってやめられない、という。

話を聞くと、再ブレイクした荻野目慶子の歌だそう

バブリーダンスで検索して


んじゃ
行ってみた。

すごーー

どうやってあの衣装を揃えたんだろう
お母さんの箪笥の奥にあったのかな?


パンチが効いてます。
若者にこういうものが流行るのも、
懐古趣味?
文芸復興か?
なんだか親の世代としては嬉しい気持ち

そうだ、youは何しに の番組だって、80年代の音楽に惚れて来日した人の
CD捜索に同行したものが放映されたら、問い合わせが殺到したそうじゃないの

大貫妙子のsun shower だったっけ
あと、吉田美奈子の恋は流星とか
この辺は私は知らないのだけどね、浜省なら詳しいけど(笑)

また再ブレイクってあるかもね
若者があの頃の曲の音楽性を知ることになって
それが素晴らしいと感じたら、またそれはそれで良いだろうし
音楽などは不変だから


さて

バブリーダンス  に誘導しときますね      ここ


平野ノラも短時間で仕上げてました。 凄いね    ここ


関係ないけど最近これをみて笑ってる 

ものまねが好き エハラマサヒロとかミラクルひかる



ここ

ここ


ここ

漫才は中川家が好き  

ここ
ここ

あとは博多大吉花丸の漫才

⤴ こんな名前だったっけ
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する