どんぶり勘定の50代主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

税務署は明日も行ってやる

田舎の土地の売却益があるから
今回だけ税金を払いなさいと言われていたから
激混みの税務署に出かけて行った。
毎年の、少しの地代(田舎)の確定申告に加えて、
二つ用事を済ませようと行った。

昨日は役場 今日は税務署

振り込まれた額だけしか知らなかった自分
それだけでなんとかなるかと思ってた無知ぶり
初めてのことだからね

やっぱり

それではだめです。
譲渡所得の内訳書に、売買契約書と 全体の売却益 かかった経費
この三つを書かねば

えーーー知りません。
振り込んでもらっただけです。
振り込んでくれた人は今具合が少し悪くて(きょうだい)は
聞けません。 その前に、すぐ聞ける間柄じゃないです
とか、全~く関係のないことをつらつら話してはみたけれど
書類の不備は確か

おまけに3月15日までに手続きしないと
延滞料金もかかるし、加算税ってものがかかってきます。


えーーーーーーー

どうしよう


結局、例年の手続きだけを終えて、がっくりしながら帰宅してた。

すると、夫からメールで、貸金庫に入れてある書類の中に
売買契約書も全体の売却益があったという

あったかーー

じゃ、経費だけだな わからないのは

もういいや、経費がなかったことにすればいい

(↑無茶を言ってますね、探したらありました)


明日出直しだ。


ここ数日落ち着かなさすぎる
出かけては、不備の書類

金曜日は遠くの歯医者だっていうのに
数時間とられるだけで、ごはんづくりに影響してしまう

時間の使い方が下手だ。

そして、書類関係がとんと分からなくなったし
どこに何があるか把握していないと
本当に子供に迷惑をかけることになってしまう


しかしお昼を作って行って良かった。
留守番がいるってのは安心する

夫と息子は食べていた。

どっちも立派に成人してますけどね
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する