FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

友人と会うと言って出て行ったが、帰りは乗り損ね



夫は人材派遣会社に何度目かの面接
と言っても何かが決まるわけでもなく、
お決まりのワーク

その間私は
髪のカットに出かけて行った。
安いところだ。 2000円しないところ
でも、さっぱりとした。人に寄るので毎回冷や冷やしているが
今回は当たりだ。

息子は昨夜、私より早く寝ていたから
早起きするものと思っていたら
午後になっても起きて来ない。

夫が声をかけたら、
なんだか調子悪い と言ったそうだ。


つまり、メンタル面でまた下降線か

急ぎすぎたかな
外に連れ出したりしたけれど、無理だったかも
何をしても上がらない。
病気だ、やっぱり


とどんなに頑張っても
力が及ばないのでは、と夫もあきらめ気味

そうよ、掃除も洗濯も炊事も誰かがやってくれて
自分は食べるだけなのに
つらい、しんどい・・・・
どこが?

息子を呼んで食べさせた。
辛そうに食事して部屋に行った。


どうしたものか
親はため息

4日ほど空いてるのに、彼女のところに行けないからじゃないの?
でもそういうのが許されるわけない



お昼を食べたらまた息子は寝たようだ。
12時間以上寝て、また寝るのか

こちらは夕飯の下ごしらえを少しずつしていた。

すると、出かけると言って来た。

○○(悪友)んとこベビーがに生まれたから
行ってくる


パパになったのか
でも、初日に行っていいものか

いいんだ、職場の人も来たそうだ。

手を洗うんだよ?

わかった。
面会時間が終わってから、○○と飲むから

金をくれ
、となった。

この前 彼女のところに行くときに
一万円を渡したのに、残ってないんだ・・・・・・
それも、夜遅く帰ってきて、むさぼり食ってたから
いったいどこで何をしているのか
彼女とどう過ごしているのか、本当に彼女なのか
何を食べているのか
たった一泊でどう使っているのか気にはなっていたのだけど
くれとな?

夫も思うところあったけど、5千円渡してやってくれと

息子も、気が落ちていたところに、人の慶事を見て、
どういう気持ちだろう
友人がパパになった姿をみると、
決して到達できない自分の境遇を思い知るだろうか

自分なりにいい服を選んで着て行こうとしてたけど
学生時代のような服だ。
着て行く場所もないし、お金もないからだけど
これが精いっぱいか

普段お酒を飲みたそうにしてても、飲ませていないから
こういう機会はつぶしたくはなく、飲むがいいわと思ってた。

夫は
今日帰って来いよ

わかった

そう言って送り出したら
日付が替わるころ、夫に電話あったようで

タクシーに乗れよ、おやじ狩りに遭うぞ

と夫の声が聞こえる

何なの?

電車に乗り遅れたから、家まで歩くと言ってる

歩く?
帰宅難民じゃないんだから、無理だって

家までタクシーに乗って、こっちでお金を払うようにしろと
何度か言っても
歩くと言い張ってる
と夫も電話口で、乗れと説得している。

酔ってるのか??

結局、友人宅に逆戻りして、泊めてもらえるならそうする
と言ってきたそうで
飲み屋がどこか知らないが、そこで別れた友人が
まーた逆戻りか 迷惑なこと  
それも、奥さんのいない留守宅にいればいいけど、
飲み屋からそのまま実家に行ったりってことないよね

息子の電話待ちで、夫も零時を過ぎても起きていた。

やっと友人が捕まったらしい。
泊めてもらう、と

はぁーーー

何だかね

どっと疲れたのは何でかね

情けない、ただそれだけ


娘は残業で、食事は最後になったのたけど
どこまで残せばいいの?
と問うので
全部食べていいよ
といった瞬間に、カレンダーをぎろっとにらむように見たあと
機嫌が悪そうに食べていた。


彼女のところだと勘違いされては困るので
食事が終わったころ、
○○んとこに赤ちゃんが生まれたらしくて、
予定日は〇日だったらしいだけど、遅れたみたいね、

の言葉に全く反応もせず、最後まで聞かないまま、
部屋のほうにずんずん歩いていった。


いっぱしに修羅の家ではないか

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。

先日、貴ブログのファンですと告白(笑)した者です。お忙しいのに、返信をありがとうございました。

「どんぶり勘定」「50代主婦」のタイトルに、私と同じだーっと食い付いたのですが、主様(どんぶり様)は、聡明な方でいらっしゃるので、私と同じではありませんでした(笑)

どんぶり様の毒気は、私の好きなタイプの毒気です。毒気は、吐き出す人によっては、ただの悪口や罵詈雑言になりますが、どんぶり様の毒気には品があります。

私も、自分の息子のこと、同居の両親のことで、ここ十数年心穏やかな日が無いような毎日です。自分が「更年期なお年頃」なせいもあるかもですがww

家族のことで疲れがたまると(身体よりも心の疲れ)、私は料理をさぼります。ほか弁とか宅配ピザで済ませてしまいます。

ところがどんぶり様は、息子さんのことで心が波立つことがあっても、毎日きちんとお料理をなさっている。しかも何品も!

もうね、尊敬です。ただただ尊敬です。

私がどんぶり様を聡明な方だと思ったのは、感情に流されず、日々を丁寧に過ごしていらっしゃるのだなぁと感じたからです。

あ、なんか長くなってしまいました。
すみませんm(_ _)m











ゆず季 | URL | 2018-03-17(Sat)00:50 [編集]


品のある毒気

だなんて、ありがたいお言葉

これは もっと言え、ということでしょうか(笑)


しかしうちはなんといっても核家族
親ごさんがいて、気を遣う家庭と違います。
今のところは・・・・うちの事だけを考えれば良いというのも、お気楽なものですね

ほか弁でもたまにはいいと思います。
私も子供が小さい時は疲れ果てて、休みのお昼は良く買ってました。
たまには自分をいたわりましょう。

私は恥ずかしながら、仕事もしてないのに疲れてて、
その上、今はお弁当を作ってもないし、朝は簡単すぎるくらいなので、夜だけは頑張ろうかなと思っているのです。
お皿を並べるだけだけど

ただ、この前のきょうだいの話には、私の食べ物への記憶と
食へのこだわりが、一人だけほかのきょうだいより強かったらしく
これも生まれつきの性分なのかもしれません。


さて、ゆず季さんは Mikage マダムさんのお料理をご覧になったことがありますか?

一般家庭なのですが、衝撃を受けましたよ。
一度見るだけでも唾液が出て来るお料理に、
刺激をいただいて(いただくだけだけど)
休み休みでもいいから、頑張って行こうではありませんか


どんぶり | URL | 2018-03-17(Sat)03:37 [編集]