FC2ブログ

どんぶり勘定の50代主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

のどかだけど気疲れしてきた

㈭の朝、息子は急に例のおでかけをしたので、お昼は自由にできることに

夫から外食の提案があったので、それに乗った。
別に行きたくはなかったが、とにかく外食の無い生活が長すぎたからね

その前に、月に一回行ってる皮膚科の薬を貰ってくる、じゃ現地で、と
先に出た私
国保に変わったことを最初に言わ無かったため、診療代やら処方箋やらを
作り直してもらう羽目になって、時間を取られた。

なんせ保険証が変わるのも37年ぶりだから、慣れないことばかりだ。

夫はそのままジムに行くといい、海鮮をひつまぶしのようにして食べる定食を
昼間っからビールとともに食したが
よくよく考えると、気を遣わず喋るけれど、全く笑えることがない食事風景だった。
本当に人って色々なタイプがいるものだわ。

夕方からは、お米砥ぎに、食事の準備に参加した夫だが
工程のほんの少しを担ってるだけ
自分の作ったものを保存したいから、画像をPCに送ってくれという。

いつまで続くかな・・・


そして今日は
今度は耳鼻科に久々に行った。
保険証が出来て来るまで、行けなかったのもあるけれど
医者に言われるまま、律義に週一回行ってたら、
耳鼻科だけで月に8,000円ほどになるから
テキトーにしようと思ってる。

皮膚科に歯科もあるし、夫も内科に眼科にと定期的に行っているから
医療費も結構なことになっている

突発的なことが起きたら、だから、アウトだ。



夫は、同じく退職した元同僚より昼間から飲み会の誘いがあり
出かけて行った。
その前に、布団も干しを手伝ってくれた、洗濯も、お昼ごはんも最後の工程を
夫がした。

なぜなら、体力が急に落ちてきたのを感じるから
アラカン同士助け合わないとね

しかし仕事が無いってことは、完全な自由人で
失業手当は、会社都合だから目いっぱい出るパターンで
それによって、10か月延命できる、いや、年金まで少しでも生き延びれるから
有難い。
だけど少ないから、貯蓄から持ち出ししなければ暮らしていけないのが
お給料と違うところ

二時間くらい飲んで来ると言ったのに、帰宅したのは夜8時すぎ
ご機嫌で、元同僚は、私たちが住んでるエリアに小学校までいたそうで
一緒に今度、思い出をたどる?歩きをしましょうとなったという。

まあ、楽しそうな予定

本当に自由人になったんだ。

暇だからこの際、カリスマ デイトレーダーになってやろうか
と言い出したから

やめてーーーー
実家の隣のおじいさんは株で大損して、田畑売り払ったって
親からコンコンと聞かされたのよーー

冗談だよ


なんだ。よかった。
せめて株主優待欲しさに持つくらいなら許せるかも
だから、少し勉強して欲しい

と夫に丸投げした。(自分がしろよ、だね)

しかし、もうリスクは負えないだろう


結構飲んで来たのだろう、声が大きい夫

だけど普段ほとんど気持ちを表さないから
何を考えているのかお酒を飲んでわかることもある。

地元のきょうだいの手術、俺が心配してると知らないだろ
と言い出した。

言わなくても知ってるよ

いや、言ってもらわないと、伝わらない。
薄情な奴と思われる

言っとくよ

いや、俺からメールする メルアド教えてくれ

だから私から言っておくから

何で先に気をまわして、嘘でもいいから俺が心配していると
伝えないんだ。
と大声になってきた。

はーメンドクサイ人間
そんな気持ちを表明しなくとも気持ちは伝わるわ、

要はメンツの問題か

はー面倒だ。
お酒をたくさん飲んで本音が出たってことだ。

疲れてきた。
夫がいると、更新も出来づらくなってきたし
なかなかだ

だから、言っておくから!
の言葉にやっとおとなしくなった。

とそこへ
お出かけの帰りにジムに寄って来て
お風呂も入って来たからと、しれっと息子帰宅

またお腹を空かせてるのか
どこで何をしている


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

失業手当が目いっぱい10か月出るって最高ですね!!
いいなあ~、それで自由に今後を考えられるって
次への準備期間としても十分ですね!
うちは7月から夫は完全フリーになります、細々と生活を
してかなくては・・・自信ないですが(´・ω・`)

チョコレーゼ | URL | 2018-03-24(Sat)14:25 [編集]


今月が最後のお給料日です

もう銀行に行っても
お給料が入ってないという
恐ろしい日々が始まりますが
いったいどうなるのか不安でたまりません。

7月というと、あと少しですね。

お互いに頑張るしかないですね

ファイト~


どんぶり | URL | 2018-03-24(Sat)21:52 [編集]