どんぶり勘定の50代主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

リフォームなど出来ないだろうね。きっと

電気温水器とお風呂は、7,8年前に入れ替えた。
その結果、天井裏についている換気扇のモーターの位置がが変わり
繋がっているトイレの換気が悪くなったという、
良かったのか悪かったのか
な工事があった。

温水器が壊れたので呼んだ業者が、ついでにお風呂もいかがですか
古いですね、との提案で、ついセットでいくらと言われたので
乗ったってわけ


ぼろマンションだから、その後、トイレも便器を替える羽目になったり(割と最近)
あちこち難が出て来てて
廊下側に面している娘の部屋の、サッシの鍵のレバーが取れたままが気になって
不〇サッシに写真入りでお客様センターに送ったら
品番も分かってブツを送って来てくれたのだけど、そのレバーだけで5000円とか
これまた娘の部屋の窓サッシにひびが入ってて、危険だからとガラス屋さんに頼むと
半面で3万円かかったり
ああ、元々ぼろいところにやってきたのに、あれから27年、もっとあちこちやられてて
これからどうなるのと心配

去年、台所の水道の蛇口から水がぽたぽた落ちるから、業者をネットで調べて
来てもらったら、蛇口ごと替えることになって、結局21万円を払うことになった。

これは妥当な値段だったのか、吹っ掛けられたのか、未だにわからないが
流しを外してはんだ付けもしていたから、それくらいかかったのだろうか。
21万もあれば、台所のリフォームの半分までは行かないけど
三分の一は出来る値段だったんじゃないかと思ったりしてね

その時、業者さんは、全部替えると二日はかかるし、流しの付いてる台だけを今後 替えるなら
あと15万でしてあげますよ、全部が統一されるものじゃくていいいなら
で話が終わってた。

だから、いずれ、一部だけ色や素材感が変わってもいいから、替える時がくるかもと
思ってた。

そこへ、お風呂と温水器を工事してくれた業者が、点検に先日やってきた。
マンション内の希望者に無料点検を致しますってんで
頼んだのね。 
点検って言うけれど、要は偵察だ。
老朽化しているところには、新しいものを勧めることが出来るしね

我が家にやってきて、温水器はうまく稼働してます大丈夫、だったのに
目をつけられたのは台所だった。

水道栓を替えたことも、換気扇を替えたことも一目で指摘され
勝手にメジャーで測り始める。

追っ払うわけにも行かず、
一応老後のために、ガスはやめてIHに変えたほうが安心ですよね
と、一応世間話をしてみせた

いえ、ここは、それは出来ないです。
コンセントが無いとかじゃなく、電力が少なくてここは無理です

って言われちゃった。
どこまで旧式なんだ。アンペア数の問題なのかな

しっかり計ったあと、
今度見積もりを持ってきます
というおじいさん

そうですかー じゃ いただいておきますけど
たぶん仕舞っておくだけですよ、いいですか?(笑)
年金暮らしじゃとてもとても

またお届けに来ます、見積もり にこっ


はあ


これは心を強く持たないと
押し切られるパターンかもしれない


業者は帰って行ったが、
三ツ口コンロ、引き出しタイプの収納
すべてフラットな調理台、人造大理石の場合とステンレスの台の違いと
説明し、今の低すぎる流しは昔の規格 今はもっと高いです、と
説明はしっかりして行った。


いやなのは
丸二日くらい台所が使えないこと

いや違う、
お金はそうそう使えないことだ。

ぼろを買うと(ぼろだけど、昨今の新築より高かったという時代)、
こういうことに先々なるとは想像はしていたけれど
ここまで頻繁になるとは思わなかった。

人間と同じだな
だましだましやっていくしかないのかな

見積もりを持ってこられたら
ニコッと笑ってさようならできるだろうか

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する