FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

土地の事で契約関連のお出かけをしたら疲れた。

田舎の土地のことで、小さな賃貸契約を結んでいる。

その業者とは再契約とする時期になってきて、お肉のきょうだいとともに
二人の中間地点、ではなく、お肉のきょうだいの町の近くの駅まで、
業者には田舎から出てきてもらった。


なぜか土地は共同名義で、お肉のきょうだいが5/3 私が2/5
だから、わずかながら貰うお金にも差がついている。
なぜ私が2/5になったかというと
地元のきょうだいの持ち物がかかってる方を、私が割り当てられたからだ。


子供がいるのは私だけだから
順番通りならば、子供たちが相続するのかな
でも、共同名義 しかも不公平な割り当てのままだと困るよね

分筆しなおすと大変なことになるし
生前に渡すと、贈与税がかかるし
私たちに何かあった後だと、相続税がかかるし
いずれにせよ、大層難儀なことになる。
税金を用意しておかないおとダメだだなんて
苦痛だろうに


子供二人が将来的に同席して判をつくか
いや、息子はどこにいるのか、行方不明になってないだろうか
娘は独身のままだろうか
二人とも結婚もしなくて子孫が居なかったら、誰が継ぐのだろう

夫の家系にいとこがいるから、その子供に転がり込むのかな

などと果てしなく、悲観的な想像が続き
ますます落ち込むことになる。

今日は仮の書類を見せられて、正式にまた送りますってことで
あちらは新幹線日帰りで立たれたが
こちらは残ってお茶したり、デパ地下で少し買い物をしたりした。

人出が凄くて、外国からの観光客も多いよねと言いながら歩いてたら
お肉のきょうだいは承り顔(よく道を聞かれたりする人)なのか
外国人の中年の女性に、デパートの位置を聞かれ
えーーっと、ゴーストレイト、のあとが続かない。
私など、素晴らしい発音で、ディパートメント・ストー?
と単語を一個発しただけ

結局、この辺に明るいお肉のきょうだいが、一緒に行ってあげるってことになり
相当歩き疲れていたのに、逆行したりして、
本当にへとへとになった。

しかし、あれれ
左の歯が浮いたようだったのに、殆ど感じなかったぞ?


やっと帰宅出来たのが18時半

その前に、マンションの下で待ってたら、モニターに息子が乗り込こんで
来たのが見えたので、今からジムかしら、と
下でドアの真ん中に顔をピタッとくっつけて
降りてドアが開いた時びっくりさせてやろうと待機してたら
開いたとたん、
一瞬ひるんでたけど、あきれ顔で、
どこの変なおばさんかと思った。
ってさ

一応こちらの作戦成功とにやりとしてたら、

俺、今から○○(彼女の住む町)に行くから

ぼーぜん

あそ

家に帰ると、息子に突然言われたようで
お金も渡したという。

よくそんな気持ちの余裕があるねぇ
将棋と野球のTV観戦とゲームで明け暮れてる無職なのに

いつまでこういうことを続けて行くのだろう

どっと疲れが出た。
ご飯だけは炊いてあったけど
おかずはまだで、結局19時半に出来上がった。

急にまた歯が浮いたような痛みがやってきた。
いつ爆発するかわからないけど
治ったかと思ったのに

この家には魔物が住んでいるのかも





関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する