FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

息子はまたお出かけするようだ

本当は今日行くつもりだったそうだ。

だけど職安に行く日
夫も行く日

その上、夫は就職の面接の日だ。

なんだかな

どう頑張ったところで、数十年前、新卒で入った企業の待遇の上を行くところに
おっさんが行けるわけないんだよね
ぬるま湯に浸かってたことに、やっと気づいたと思うよ

息子も来週から、支援施設のお試しに行くようだし、
全くやる気も無いんだけど、とりあえず行ってみるようだ。

夫の仕事が万が一決まったとして、今までのように定時に帰れるようなものと思えず
待遇も悪いだろうから、気持ちも萎えるだろうなと心配してるし
夫がフルで出かけられると、留守の息子が戸締りをきちんと出来るだろうかと心配したり

幼児か

そう、幼児だ。

昨日も帰宅したら、そのまま台所に行って食事を作った。
今日も、帰るなり台所へ
息子は居間で野球を観てる
夫は和室で別の番組を見てる

お母ちゃんがパートから帰って、そのままご飯作りをして
出来上がるのを待ってる人たち

幼児だ、まるで

下ごしらえをしていった。おつゆも作ったし、から揚げも生姜もニンニクもまぶしてるし
大根もすりおろしてた
あとは揚げるだけ、なのに、夜8時になった。

それでも待ってる


食事しながら息子に言った。

仕事をして帰った人が食事も作ってくれるなら
家にいる人が、掃除や洗濯ができるようにならないとね
じっと待ってるなら幼児だよ。
自分のことをするのは当然、プラス、人のためになることをするんだよ
少しでも楽になるための作業ね

のようなことを言った。
目の前の夫にはどう響いたから知らない。

息子が気を害するかと思ったが

俺、何にも出来ないからな
という。

何も出来ないのは困るでしょ

ジムで、綺麗好きのおじさんがいて
シャワーを浴びたら、丁寧に髪のセットもして
持ち物も丁寧に拭きあげるんだ。
マネしなきゃなと思った。
俺、絶対にできないから

ときた。

(よし、気づいたのか、自分が無能だと)
おじさんもさ、自分がやってることが普通で、特別なことと思ってないよ
それが人にとっては凄いことでも


関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する