FC2ブログ

どんぶり勘定の50代主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

次の面接の予約はしたようだ

が、
俺がもしこれで決まったら、この仕事でずっとか?
と言ってるけど
それもめぐり合わせじゃないだろうか
と言っておいた。

だって私だって、最初は仕事をするつもりもほとんどなかったけれど
少しこれではやばい、と思い始めたタイミングでチラシが目に入って
ご縁が繋がったわけだから

今日は泌尿器科に行った。
予約だったけど、絶対にまだ治ってないよ、と口にはしてた。
が、治ってたようだ。

よかったのだけど
何となくすっきりしない感があって、これは何なんだろう
慣れるのかな

先生に不安を告げる。今いただいてるフロモックス
数日分だけいただけないでしょうか
少し調子が悪い時に飲みたいのですが

と、却下されると分かってて言ってみた、が
予想どおり

先生いわく
この前、最初の三日間に出したクラビット(抗生剤)への
耐性があると出てますよ、これ
と検査結果を見せられる

いやーこれは

わかりました
病気にきちんとなってから、病原菌は叩けですね

と諦めたが、本当は欲しかった。
歯科ではフロモックスはもらえてたから

仕方ない
疲れを溜めぬよう、水分をとるよう、トイレにちゃんと行くよう
基本に忠実に、だ。でも仕事先で出来るかな・・・


帰宅したら、息子はジムに行くという
最近、きちんと行く。
そして、甘いものを我慢しているのが分かる。

でも昨日寝る前にどんぶり飯を食べたけどね

でもまあ改善している


しかし国民年金支払いの免除をしたはずが
夫も私も少しだけしかできなかったようなのだ。 

60歳まであとほんのわずかの夫すら、申請してもほんの少しだけ減っただけで
支払い請求が来たようだ。
詳しい金額は夫が管理してるから分からないが
とにかく申請したからと言って、それ以降誕生日までずっとゼロになるわけじゃなかった。
二人とも一年も免除を頼んだわけじゃなく、ほんの数か月のことなのに

わずかに、効果はあった、のは確かだけど

厳しいものだね


ああ、となると
夫が再就職がもし決まって、厚生年金に入ったとしたら
また手続きか

うんざりする

(決まってもないのに)
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する