どんぶり勘定の50代主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

夫は元同僚と急きょ飲んだ

仕事、不特定多数の人を相手に、あの繁華街で、
何だかな、怖くない?と私が言ってから
夫が急に意欲を失ってたところに
元同僚で、同時期にやめ、すぐ同じ系統の仕事が見つかった人から
お誘いで、急に飲むことになった。


息子は今日は職安に行く日で
仕事を探したふりをしなければならないから
色々と夫から説明を受けていた。

こっちはパートだから、お昼までにご飯を作っていたが
耳鼻科も行ったから忙しかったんだよね
パートに行く前に疲れちゃうんだよ。

どうして食事だけは自分が作り続けるんだろうと思った。
元から出来てたわけじゃなく、訓練して出来るようになっただけだけど

林間学校の飯盒炊さんを一緒にやったはずの男子はなぜこうなる?

一緒に小中高と、掃除タイムがあって、ほうき片手に頑張ったじゃないか
なぜゴミ屋敷が出来るんだい?
日本人は綺麗好きと言われているのに
なぜ個人差があるんだい?
よその国と比べて、公に訓練してるんじゃないのかね?
大人になったら忘れちゃうのか?


疑問だらけだ。

男は黙ってなんとかビールとか
役割分担を意識しすぎなんだよね

黙って奥さんにご飯を作らせ、自分は座っている姿を何代にも渡って
子供たちに見せ続けた結果、こうなってるんだよ


あ、夫のことでした。

で、その同僚の仕事先に、一人足りないとかいう話もあるらしく
聞いてみてくれるということで別れたそうなのだ。

そう、コネ

夫としては、もともとやってた仕事であるし、年収としても
多くはないけれど、前の会社にいたとして、60~65歳の間の予想年収より
良いので、食指が動いたそうなのだか
酔っているときのお話だから、話半分にしときなよ、と言っておいた。
というのはその同僚が少しちゃらんぽらんだとぼやいていたのを聞いてたからね


だけど、だ。
そのちゃらんぽらんクンの情けにすがってみる気になったのも
この前面接に行った仕事がどうも気に入らないから

彼が覚えていることを望むわ

そして、覚えていたとして、その会社が夫に興味を持ってくれるなら
いいんだけど



関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する