FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

変化の八月が近づいてる

ジムにたまに行きながら、体重を気にしてる息子
82kgにまでなった。
一時、86kgにまでなったから、痩せたのは確かだが
まだまだだ。

心療内科も昨日行って、何も変わりなかったのか、いつも通りの薬をもらってきた。
この薬を飲んでいる限り、障碍者枠として研修を受けられ、障碍者枠の
仕事を得られるかも知れないのだ。

ということは、飲み続けるのか

かつて、下をうつむいたまま、しゃべるのかしゃべらないのか
やる気があるのかないのか
ぼんやりしていた息子は
料理を教えてくれてと、まるでしきりに言ってくるようになった。

なのに、鍋で炊飯をする場面ではあっちに行ってしまったのだけど

昨日は言っていた。
俺、簡単なものは作れるようになって、
人を家に呼んで、さっとご馳走したりできるようになりたい。
掃除は、トイレ3分間掃除はできるようになったし
洗濯物も昨日は干したし
お風呂も洗ったし、
あとは料理

料理って奥が深いわよ
私だってまだ発展途上
大根を見て、十種くらい料理が思い浮かぶくらいに
なるとOK
と、まるでデジャブ

息子がこちらに帰ってきた当時、そんなこともあったような
いや、確かに言ったよ。

ということは元気に見える第二波がやってきたところか

そこまでになりたいんじゃない
俺が一人で暮らして、自分で簡単なものは作れたらいいだろ


そりゃね

つまり、独立した暮らしをいつかしたいという意欲があるってことか

いいことだけど
心が病気になったら、その意欲すらなくなって
行かねばならないところに行けなくて
また部屋の真ん中で、カップラーメンとペットボトルの残骸の中で
服の塚に埋もれて、督促状の山にも気づかず
電気を止められて、ローソクの世話になったり、PCが繋がらなくなったりするんだ。

心だ、要は


でも、無気力であっても、無意識のうちに手が動いて、食べるものが出来るくらいには
なってるのもいいかもね
たった数品でもね

8月から始まる研修
毎日はないだろうね
コンビニご飯を買ってたみたいだけど(前回)
繁華街だから、安くて味しい食べ物屋さんはたくさんあるわけだから
籠ってないで、外に飛び出して、まぶしい若者が世には溢れてることを
実感したらいい。


若者・・・・でもないわね
もう中堅どころだ。
息子と同い年なら、もう貫禄さえ出てきてるだろう。
結婚だってしてるかも

書いてて嫌になってきた。
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する