FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

17時半からのパートに17時半に到着した

息子が帰宅して、こちらはお化粧したり、片付けをしたり、のんびりして、はいなかった
パートであることは把握していた。

息子が、今日のパートは何時から?
と聞くので
五時半からよ、と時計を見ると
はっとした。

血の気が引いた。
入る時間から逆算すると、ロッカーにいる時間だ。

うぎゃーー

荷物は用意していたから、走って走って自転車も爆走して
ロッカーについてもドタバタで、全身が汗まみれなのも分かったけど
仕方ない。
職場に着いたのが、ジャスト17時半だった。


○○さん、遅いなーって思ってたのよ
忘れてるんじゃないかと他の人も言ってた
と鉄人

本当にうかつだった。


ここで体力を使い果たしたけれど
鉄人がいるから勇気百倍

離れているところのパーティーが18時から始まるというので
準備にとりかかった。
お料理と備品を運べば、あとは後片付けまで時間があったので
栄養士さん(お子さんが受験生 一人のお兄さんが息子と同じ大学だった人)と
今日はビールを開けましょうと、いつもの職場で乾杯をした。

そこで、鉄人がこの二十年で二回辞表を書いたことがあるというので
その理由などを聞いて、ほおーそれはそれはと
ひとにもいろんなことがあるものだと頷いたりしてたら
栄養士さんのお兄さんの話から、今度はうちの息子の話になり
鉄人に、どこどこ高校の某部活のキャプテンもしてた人間が
こうなってしまってね、と言った瞬間
どこどこ高校?まあなんて出来がいいの、あなた
と言われて、学区じゃない栄養士さんがああそうなのかという顔をして
でも人生色々ありますよね、と〆た。
のだけど、彼女が続けた。
ここの職場にもいますよ、食堂の調理の男性が・・・・・
とここである言葉を言うのを躊躇したのが分かったので
障碍者枠で?
と言ってあげると、そうです、それ

まあ自分でもなんて親切なと思ったけど
我が息子を障碍者と言わねばならないことが悲しかったけどね

その後、栄養士さんのキャンパスライフの話になり、
昔、田舎の同級生も数人行ってたので、土地勘があるというか
寮の話で盛り上がり、このまま飲みたいですよね
と、仕事着のまま座り込んでいる・・・・・・場合じゃなかったので
そこはお開きになり
鉄人と私が残って後片付けをした。

21時すぎまでかかったので、帰宅が遅くなった。
私が足を引っ張ったからだろうな
酔ったのかコップを割ったからだ。


明日も鉄人とパーティーだ。
明日は絶対に早めに行こう


関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する